PR
Olive

Olive Vポイントアッププログラムのお得な利用方法を解説!

この記事では、Oliveで注目の「対象のコンビニ・飲食店で最大20%ポイント還元」の仕組みである「Vポイントアッププログラム」を徹底的に解説します。

Oliveフレキシブルペイの最大の魅力は、対象のコンビニ・飲食店でのポイント還元率が最大20%となる点ですね。最大である20%の還元率を獲得するには、Vポイントアッププログラムの各項目の条件を満たす必要があります。

今回は、そのVポイントアッププログラムや、最大20%ポイント還元となる仕組み、実際に20%のポイント還元を獲得することはできるのか?などについてを詳しく解説していきます。

* Oliveフレキシブルペイのキャンペーン

現在、Oliveでは最大29,600円相当を獲得できる新規入会&利用キャンペーンが実施されています。Oliveアカウント作成後、入金やクレジットモードの利用などだけでも一部特典を獲得でき、かなりお得な内容となっています。Oliveに興味がある方は、この機会を逃さないようにしましょう。

この記事を書いている人

    • 著者:おむこ|30代 関西在住 1児の母

    • 現役大手銀行員 総合職10年以上

    • 個人の資産運用・税金対策などのコンサルティング業務を担当

    • FP1級、宅建など多くの金融系資格を保有してます

    • Oliveフレキシブルペイ三井住友カード プラチナプリファードSBI証券を利用中

    • 「Vポイント」を上手に使い生活しています

Olive Vポイントアッププログラムとは?

Olive Vポイントアッププログラムは、三井住友カードが提供するVポイントの還元率を最大+8%アップできるプログラムです。その他の項目と合わせると、Oliveフレキシブルペイの場合対象のコンビニ・飲食店で最大20%ポイント還元となり、かなりお得なため注目されています。

Oliveで最大20%になる仕組みとは?

最大20%のポイント還元となる仕組みは以下の通りです。

大きくは4項目に分かれており、これらすべてを合計すると、Oliveフレキシブルペイの場合、対象のコンビニ・飲食店でのポイント還元率が最大20%となります。

最大20%還元となる仕組み
  • 通常のポイント還元率:0.5%
  • スマホタッチ決済:+6.5%
  • 家族ポイント:最大+5.0%
  • Vポイントアッププログラム:最大+8.0%

通常の還元率+スマホタッチ決済|+6.5%

Oliveフレキシブルペイ 一般/ゴールドの場合、通常のポイント還元率は0.5%になります。なので、対象のコンビニ・飲食店以外で利用した場合、基本的にはポイント還元率は0.5%となります。

一方で、対象のコンビニ・飲食店の場合は、そこに「スマホタッチ決済」で+6.5%のポイント還元となるため、これだけで合計7.0%のポイント還元となります。

  • Olive 一般:7.0%(通常0.5%+スマホタッチ決済で6.5%)※1
  • Olive ゴールド:7.0%(通常0.5%+スマホタッチ決済で6.5%)※1
  • Olive プリファード:7.0%(通常1.0%+スマホタッチ決済で6.0%)※2

※1 最大7%内訳(通常ポイント0.5%+スマホのタッチ決済利用6.5%)。商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

※2 物理カードのタッチ決済の場合、通常ポイント1%+特約店追加ポイント+4%。スマホのタッチ決済の場合、通常ポイント1%+特約店追加ポイント+6%。タッチ決済以外では通常ポイント1%のみ(特約店追加ポイント付与はなし)となります。
対象のコンビニ・飲食店でのスマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済でポイント最大7%還元。最大7%内訳(通常ポイント0.5%+スマホのタッチ決済利用6.5%)。商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。

家族ポイント|最大+5.0%

さらにOliveフレキシブルペイや三井住友カードの本会員である家族の方を家族登録した人数に対し「+1.0%×人数(最大5.0%まで)」が加えられます。最大5名まで家族登録できるため、最大+5.0%までポイント還元率をアップすることが可能です。

家族登録が可能なのは「2等身以内の家族」となります参照元:三井住友カードHP

Vポイントアッププログラム|最大+8.0%

最後に最もポイント還元率がアップするのが「Vポイントアッププログラム」です。最大+8.0%もポイント還元率がアップします。

Vポイントアッププログラムの中にも項目が分かれており、満たした分だけポイント還元率がアップしていく仕組みになっています。すべてを満たすと8%以上となりますが、実際は最大+8.0%までとなっている点は注意しましょう。

対象サービス還元率達成条件
Oliveアカウントの
ご契約&アプリログイン
+1%Oliveアカウントにご契約の上、三井住友銀行アプリもしくは
Vpassアプリへ月1回以上ログイン
Oliveアカウント
の選べる特典
+1%Oliveアカウントの選べる特典で「Vポイントアッププログラム
+1%」をご選択
SBI証券最大+2%+1%当月のVポイント投資で合計10,000ポイント以上利用
+0.5%【三井住友カード・三井住友銀行仲介口座独自特典】
当月末のNISA口座における投資信託の保有資産評価額
が200万円以上
+0.5%【三井住友カード・三井住友銀行仲介口座かつ、
Olive会員さま独自特典】
当月末のNISA口座における投資信託の保有資産評価額
が100万円以上
住友生命最大+2%「Vitalityスマート for Vポイント」に加入のうえ、
Vitality健康プログラムを実施。Vitalityステータスに
応じてポイントアップ。
Oliveアカウントの
ご契約&外貨預金
最大+2%+0.5%Oliveアカウントにご契約の上
当月中、円から外貨預金へのお預け入れ回数が1回以上※5
+0.5%Oliveアカウントにご契約の上
当月中、円から外貨預金へのお預入れ金額が5万円以上
+1%Oliveアカウントにご契約の上
外貨預金の毎月最終営業日の残高が1万米ドル相当額以上
Oliveアカウントの
ご契約&住宅ローンのご契約
+1%Oliveアカウントにご契約の上、住宅ローンのご契約があること
SMBCモビット最大+1%OliveアカウントおよびSMBCモビットをご契約のうえ、Oliveアカウントご契約口座をお支払い方法にご登録し、
ご利用。

※1本条件は、SBI証券のウェブサイトで「青と黄色のVポイント」をメインポイントに設定するなど、各種設定が必要です。くわしくはこちら
内容や条件は予告なく変更または中止となる場合がございますのであらかじめご了承ください。2023年12月までのNISA/つみたてNISA口座と、2024年1月からのNISA口座の投資信託の保有資産評価額を合算して判定いたします。※国内株式・海外株式は、NISA口座の保有資産評価額の集計対象とはなりません。※三井住友カード・三井住友銀行仲介口座以外はポイント付与されません。Olive会員さま独自特典の対象となるためには、※1の遷移先ページに記載の設定条件3「三井住友カードVポイント認証(Vpass/SMBC ID登録)」のお手続の際、Vpassログイン後のログインカード選択画面でOliveフレキシブルペイの選択が必要です。※2過去にOlive以外のカードを選択した可能性がある場合や、選択したカードが不明の場合は、登録解除後に再度お手続をお願いいたします。※3本条件は、SMBC IDの登録が必要です。※4特典の提供条件・適応率については変更となる可能性がございます。(時期未定)残高判定は当該月最終営業日の24時時点を基準とします。※5残高判定(1万米ドル相当額)において、米ドル以外の通貨は「当該通貨残高×当該通貨の当行の公表相場仲値(TTM)÷米ドルの当行の公表相場仲値(TTM)」で米ドルに換算します。

参照元:三井住友銀行ホームページ

条件達成とポイント付与の時期

ではVポイントアッププログラム条件を満たすと、どのタイミングからそのポイント還元率が適用されるのでしょうか。

仮に、2024年6月にVポイントアッププログラムの条件を新たに満たした場合、その6月の対象のコンビニ・飲食店での利用分に対しポイントが付与されます。ポイントが付与されるのは翌々月末なので、6月の場合は8月末となります。

Vポイントアッププログラムは毎月条件を満たしているかの判定がされるため、対象のコンビニ・飲食店でのポイント還元率は毎月変化する可能性があります。安定的にVポイントアッププログラムの条件を満たしていれば、安定的に高いポイント還元率を維持することが可能です。

参照元:三井住友銀行ホームページ

著者実績を解説|じゃ実際は何%還元になるの?

Vポイントアッププログラムや最大20%ポイント還元の仕組みは、実際には多くの項目があり、各条件を満たした分ポイント還元率がアップするという内容です。

そうなると、「じゃ実際はどれぐらいのポイント還元率になるの?全部満たすことができるの?」というのが気になりますね。

著者のOliveフレキシブルペイの実績

著者は、三井住友カード プラチナプリファードの他に、夫婦でOlive ゴールドとOlive 一般を利用しています。そんな著者の対象のコンビニ・飲食店でのポイント還元率は現在「12%」となっています。

著者のVポイントアッププログラムの実績
  • 通常のポイント還元:0.5%
  • スマホタッチ決済:+6.5%
  • 家族ポイント:+1.0%
  • Vポイントアッププログラム:+4%分
     ・選べる特典:+1.0%
     ・アプリログイン:+1.0%
     ・SBI証券の利用:+2.0%

やはりVポイントアッププログラムにおいて、全ての項目を満たすのは少しハードルが高い印象です。実際のOliveフレキシブルペイの対象のコンビニ・飲食店のポイント還元は「9-13%程度」が現実的かと思います。

一方で著者の場合はVポイントアッププログラムでいくつかの条件を満たしていることから「12%」のポイント還元となっています。12%のポイント還元となると十分高く、かなりお得なカードになっていると思います。対象のコンビニ・飲食店が常に1割以上引きで利用できるという状態ということなので、かなりお得なカードといえますよね。

Vポイントアッププログラムをお得に利用するポイント3つ

ではVポイントアッププログラムをお得に利用するためのポイントを紹介します。条件が多く、中には条件が厳しいものもあるので、すべて獲得するのは難しいかもしれません。しかしVポイントアッププログラムの中には、簡単に獲得できる項目もあるので、それらに関しては必ず獲得するようにしましょう。著者は無理せず獲得できる分のみ獲得し「12%」のポイント還元となっています。

  • 選べる特典で「Vポイントアッププログラム+1.0%」を選択
  • アプリログインは必ず行い「+1.0%」獲得する
  • 家族登録は簡単なので必ず行い、「1.0%×人数分」を獲得

選べる特典で「Vポイントアッププログラム+1%」を選択する

1つ目は選べる特典で「Vポイントアッププログラム+1%」です。Oliveは毎月選べる特典という内容で4つの項目から好きな特典を選択することが可能です。

そのうちの一つが「Vポイントアッププログラム+1%」となっています。

対象のコンビニ・飲食店をよく利用し「Vポイントアッププログラムで少しでもポイント還元率をアップしたい方は、Olive選べる特典で「Vポイントアッププログラム+1%」を選択しましょう。

選択するだけで、Vポイントアッププログラムにおいてポイント還元率が1.0%アップします。

Oliveアカウント作成後、毎月アプリにログインし「+1%」

2つ目は毎月アプリにログインで「+1.0%」です。Oliveアカウント作成後、アプリにログインするとVポイントアッププログラムのポイント還元率が1.0%アップします。

Oliveを利用するうえで三井住友銀行アプリは必須となっており、ログインするだけでポイント還元率がアップするのであれば嬉しいですよね。取りこぼしがないように必ず獲得するようにしましょう。

家族登録で最大+5.0%(5名分)

もう一つは家族登録です。Oliveフレキシブルペイや三井住友カードの本会員を持っている2等身以内の家族の方がいて、家族登録を行えば、人数×1.0%分、対象のコンビニ・飲食店でのポイント還元率がアップします。

家族登録は、三井住友カードホームページからURLを発行し送付・承諾すれば簡単に行うことができます参照元:三井住友カードホームページ-家族ポイント

また家族登録の対象となるのは、年会費永年無料のカードでも本会員であれば対象となるため、Oliveフレキシブルペイ 一般や三井住友カード(NL)など年会費が永年無料のカードを作成しつつ、家族登録を行えば簡単にポイント還元率を上げることが可能なので、利用機会があればぜひ活用していきましょう。

対象のコンビニ・飲食店をよく利用すること

全く対象のコンビニ・飲食店の利用予定がない方はVポイントアッププログラムなどの恩恵を受けることができないので、Oliveフレキシブルペイも活かしきれない結果となります。なので、Oliveフレキシブルペイの高いポイント還元率を活用できる人は、そもそも対象のコンビニ・飲食店をよく利用する方になります。

逆によく対象のコンビニ・飲食店を利用する方は、Oliveフレキシブルペイはかなりお得な内容となっており、ポイントがかなり貯まりやすいカードとなっているので是非Oliveフレキシブルペイを活用していきましょう。

実際にどれぐらいお得?三井住友カード(NL)と比較

Oliveフレキシブルペイに興味がある方は、三井住友カード(NL)シリーズとの比較にも興味があるかと思います。

特にポイント還元率は気になるかと思います。簡単に比較します。

見出し

Oliveフレキシブルペイの方がお得なカード

この差を簡単に比較します。

仮に、毎月1.5万円を対象のコンビニ・飲食店で利用した場合、Oliveフレキシブルペイ(最大20%還元)と、三井住友カード(NL)(最大7%還元)で、13%分の差が生じますね。

つまり、1.5万円×13%=1950円/月の差が生じます。この分、Oliveフレキシブルペイの方がお得ということになります。年間にすると約24,000円相当分、Oliveフレキシブルペイで獲得できるポイントが多いということになります。

著者実績である12%で計算しても、三井住友カード(NL)との差は、年10,800円の差になるので、いかにOliveフレキシブルペイがお得なカードとなっているかがわかるかと思います。

まとめ|Olive Vポイントアッププログラムは利用しないと損!

この記事では、Oliveフレキシブルペイの最大の特徴である最大20%ポイント還元の仕組み「Vポイントアッププログラム」について解説しました。

Vポイントアッププログラム自体、中身が数項目に分かれており、なかには条件を満たすことが難しい項目もあります。しかし簡単に獲得でいる項目もあり、無理せず使用している著者でも「12%」のポイント還元を獲得することができます。もし対象のコンビニ・飲食店をよく利用する方は必ずVポイントアッププログラムやOliveフレキシブルペイを活用するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました