PR
クレカ×資産運用術クレジットカード三井住友カード

【比較】Oliveフレキシブルペイゴールドと三井住友カード ゴールド(NL)|違いを整理

20代・男性
20代・男性

三井住友カード ゴールド(NL)や、Oliveフレキシブルペイ ゴールドに興味があります!

でもどっちが自分に向いているか分かりません……

この記事では、「Oliveフレキシブルペイゴールド」と「三井住友カード ゴールド(NL)」の「2枚のゴールドカード」について仕様を比較し、違いを整理します。

最後に、Oliveに向く人NLカードに向く人、またその他のカードの方がお得に使える人などを解説していきます。

この記事はこんな方におすすめ
  • 三井住友カード ゴールド(NL)と、Oliveフレキシブルペイ ゴールドはどっちがオススメか知りたい
  • ポイント還元率・キャンペーン内容を比較したい
  • 自分に「Oliveのゴールド」と「NLのゴールド」どっちがあっているか知りたい
  • Oliveフレキシブルペイ ゴールドは作る価値あるか知りたい
  • クレカ積立を始めるために、どっちかのゴールドカードを検討している
  • 2枚持ち、併用のコツを知りたい方

\アプリ開設+各種取引で最大35,100円相当もらえる/

※特典付与には条件があり、口座開設とクレジットカード・デビットカードのお取引、証券のお取引も含みます
※最大35,100円相当は最上位クレジットカードでのお取引が対象になります
※2024/3/31まで

おむこ

この記事を書いている人
  • メガバンク勤務 12年目
  • 子供1人 30代共働き夫婦
  • 個人顧客への資産運用、税金対策等のコンサルティング業務を担当
  • FP1級、宅建保有
  • Oliveフレキシブルペイ・三井住友カード プラチナプリファード利用中

* 関連記事

どっちにするべき?|Oliveゴールド・三井住友カード ゴールド(NL)

先に結論を述べたいと思います。とはいえ、みなさんそれぞれの考え・状況も違うと思います。

なので、もしゴールドカードを1枚作ることを前提とする場合、以下のパターンで選択すると良いと思います。

Olive or NL どっちにするべき?
  • 初年度年会費無料に魅力を感じる方 →Oliveゴールド
  • Vポイントアップ(最大20%還元)を活用したい方 →Oliveゴールド
  • 三井住友銀行をメインバンクとしている方 →Oliveゴールド
  • キャンペーン特典を重視したい方 →Oliveゴールド
  • 三井住友銀行以外をメインバンクとしてる方 →ゴールド(NL)
  • Mastercardブランドで利用したい方 →ゴールド(NL)
  • 家族カードが必要な方、利用したい方 →ゴールド(NL)
  • 日常のポイント還元率を重視したい方 →Oliveゴールド (or 2枚持ち)

最大20%還元対象のサービスのご利用状況に応じて、対象のコンビニ・飲食店でのご利用時に、通常のポイント分を含んだ最大20%ポイントが還元されます

Oliveのメリットを活かせる人|Oliveゴールド

Oliveフレキシブルペイゴールドの「メリット」は以下になります。

これらOliveのメリットを活かせる方は、Oliveフレキシブルペイゴールドを利用すれば問題ありません。

Oliveフレキシブルペイ ゴールドの大きなメリット
  • 初年度年会費無料税込5,500円相当が無料
  • 対象のコンビニ・飲食店でのVポイント還元率が高い最大20%還元※2
  • 現在24,100円相当の新規入会・利用キャンペーンが実施中
  • フレキシブルペイで「キャッシュカード/クレジットカード/デビットカード/ポイント払い」を一つにまとめたい
  • 三井住友銀行利用での一部手数料が無料となる ※1

※1:Oliveアカウントご契約口座を出金口座とした、ダイレクトでの他行あて振込手数料が月3回まで無料
※2対象のサービスのご利用状況に応じて、対象のコンビニ・飲食店でのご利用時に、通常のポイント分を含んだ最大20%ポイントが還元されます。

これらのメリットを活かせる方で、ゴールドカードが欲しい方は「Oliveフレキシブルペイゴールド」がオススメです。

特に、年会費が初年度無料はOliveフレキシブルペイの大きな特徴となっており、三井住友カード ゴールド(NL)には無い特典内容となっています。

>> Oliveフレキシブルペイの公式サイトはこちら

また「対象のコンビニ・飲食店での利用が多い方」「三井住友銀行をメインバンクとしている方」も三井住友カード ゴールド(NL)よりも、Olive フレキシブルペイ ゴールドに向いています。

さらに、Olive フレキシブルペイ ゴールドは、いまなら最大24,100円相当のポイントを獲得できるキャンペーンが開催されています。そこに初年度年会費無料の特典も加わります。

この機会にOliveフレキシブルペイ ゴールドの利用を始めてみてはいかがでしょうか。

\アプリ開設+各種取引で最大35,100円相当もらえる/

三井住友銀行 Olive 公式サイト

Oliveのデメリットが気になる方|三井住友カード ゴールド(NL)

反対に、三井住友カード ゴールド(NL)を利用するべき人は、Oliveのデメリットが気になる方・辛い方です。

Oliveのデメリット
  • 引き落とし口座が三井住友銀行に固定される
  • カードブランドがVisaに固定される
  • 家族カードを利用できない
    (家族で100万円修行できない)

これらのOliveの特徴(デメリット)が気になる方は、Olive フレキシブルペイ ゴールドは向いていません。

三井住友カード ゴールド(NL)を選択しましょう。

つまり、三井住友銀行以外をメインバンクにしている方、Mastercardを利用したい方、家族カードでお得に100万円修行を行いたい方は、三井住友カード ゴールド(NL)がオススメです。

期間2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大9,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

ポイント還元率|Oliveゴールドが有利だが…

日頃利用する上でポイント還元率は気になりますね。

これはどちらか1枚だけを利用する場合Oliveフレキシブルペイ ゴールドの方がお得に利用できます。



Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
三井住友カード
ゴールド
(NL)
年会費 5,500円(税込)
(初年度無料
5,500円(税込)
通常の還元率0.5%0.5%
クレカ積立
ポイント付与率
1.0%1.0%
対象のコンビニ
・飲食店
 
最大20%最大7%
公式サイト公式サイト

※年間100万円のご利用で翌年以降の年会費永年無料。年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。
※対象のサービスのご利用状況に応じて、対象のコンビニ・飲食店でのご利用時に、通常のポイント分を含んだ最大20%ポイントが還元されます。

対象のコンビニ・飲食店でのポイント還元率が最大20%なのは、非常に魅力的ですね。

どちらか1枚だけ選択する場合、Oliveフレキシブルペイ ゴールドが有利ですが、仮に2枚持ち(併用)すれば、三井住友カード ゴールド(NL)でも最大20%のポイント還元で対象のコンビニ・飲食店を利用できます。

これに関して、詳しくは以下の記事などで解説しています。

もし2枚持ち・併用を考えている方は、ポイント還元率はそこまで気にする必要はないかと思います。

Oliveフレキシブルペイと三井住友カード ゴールド(NL)の併用もオススメ

20代・女性
20代・女性

Oliveのデメリットは気になるけど…

対象のコンビニ・飲食店のポイント還元率が最大20%なのは非常に魅力的

もし、このような方がいたら、Oliveフレキシブルペイと三井住友カード(NL)シリーズの2枚持ち・併用を検討しましょう。

Oliveフレキシブルペイは年会費が永年無料の一般クラスにしておいて、三井住友カード ゴールド(NL)を持てば、高いポイント還元率を活用しながら、三井住友銀行以外を引き落とし口座に設定でき、Mastercardの選択も可能となり、家族カードの利用も可能となりますよ。



Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
三井住友カード
ゴールド
(NL)
対象のコンビニ
・飲食店
 
最大20%最大7%
Oliveと併用で最大20%
での利用が可能に
公式サイト公式サイト
※対象のサービスのご利用状況に応じて、対象のコンビニ・飲食店でのご利用時に、通常のポイント分を含んだ最大20%ポイントが還元されます。

キャンペーン内容|Oliveゴールドが有利

キャンペーン内容も見ておきます。ここでもOliveフレキシブルペイ ゴールドが有利となります。



Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
三井住友カード
ゴールド
(NL)
Olive
入会・利用
キャンペーン
・Oliveアカウントへの入金
1,000円

・デビットモード新規入会&利用1,000円
クレジット
入会・利用
キャンペーン
・Oliveクレジットモードの利用
最大8,000円

・Oliveクレジットモード入会
1,000円
・クレジットカードの利用
最大8,000円

・クレジットカード新規入会
1,000円
キャンペーン
合計
合計 11,000円合計 9,000円
・初年度年会費無料
・家族カード無し
家族カード何枚でも
年会費永年無料
Olive
公式サイト
公式サイト

Oliveフレキシブルペイ ゴールドの方が2,000円相当分、多く獲得できるチャンスがありますね。

初年度年会費無料も含めると、Oliveフレキシブルペイ ゴールドの方が「7,500円相当分」お得なキャンペーンとなっています。

\アプリ開設+各種取引で最大35,100円相当もらえる/

三井住友銀行 Olive 公式サイト

ただし家族カードが必要な方、家族カード含めて100万円修行を検討している方は、三井住友カード ゴールド(NL)のみが家族カードの発行が可能で、年会費も何枚でも永年無料なのを忘れてはいけません。

【違いを比較】Oliveフレキシブルペイ ゴールドと三井住友カード ゴールド(NL)

では、簡単なまとめはここまでにして、ここからは各項目について詳しく解説して行きます。

まずは、Olive フレキシブル ゴールドと三井住友カード ゴールド(NL)の2枚のゴールドカードの違い・仕様を比較して行きましょう。

基本情報

まずは基本情報を確認します。

* OliveとNLの違い(ゴールドカード)



Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
三井住友カード
ゴールド
(NL)
年会費 5,500円(税込)
初年度無料
5,500円(税込)
利用特典[1]対象のコンビニ・飲食店で
最大20%ポイント還元
[2]学生ポイントで還元率UP
[3]クレカ積立 1.0%付与
[1]対象のコンビニ・飲食店で
最大7%ポイント還元
[2]学生ポイントで還元率UP
[3]クレカ積立 1.0%付与
国際ブランドVisaのみVisa・MasterCard
引き落とし口座三井住友銀行のみ多くの金融機関で設定可能
還元率
(クレジット)
0.5%0.5%
還元率
(デビット)
0.5%
還元率
(ポイント払い)
0.25%
クレカ積立
還元率
1.0%1.0%
対象のコンビニ
・飲食店での
還元率 
最大20%通常 最大7%
最大20%(※)
※ Olive利用者
選べる特典毎月1つ選べる
家族カード可否なし・利用不可あり・永年無料
旅行傷害保険最高2,000万円(利用付帯)最高2,000万円(利用付帯)
公式サイト公式サイト

※年間100万円のご利用で翌年以降の年会費永年無料。年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。
※対象のサービスのご利用状況に応じて、対象のコンビニ・飲食店でのご利用時に、通常のポイント分を含んだ最大20%ポイントが還元されます。

この中で、違いがある項目は以下の通りです。

ゴールドカードの違い|OliveとNLカード
  • 違い①|初年度年会費:Oliveは無料
  • 違い②|カードブランド:OliveはVISAのみ
  • 違い③|引き落とし銀行口座:Oliveは三井住友銀行のみ
    ※ Oliveなら三井住友銀行利用時の手数料が一部無料になる
  • 違い|家族カードの設定有無:Oliveは利用不可
  • 違い⑤|対象店舗でのVポイント最大還元率:Oliveが4%高い

違い①:初年度年会費が無料のOlive

年会費ですが、OliveとNLカードともにゴールドカードは、5,500円/年(税込)が必要になります。

しかしOlive フレキシブルペイ ゴールドのみ初年度年会費が無料のキャンペーンが実施されています。

* OliveとNLの違い(年会費)



Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
三井住友カード
ゴールド(NL)

年会費5,500円(税込)
初年度無料
5,500円(税込)
公式サイト公式サイト
※年間100万円のご利用で翌年以降の年会費永年無料。年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。

通常年会費が必要なゴールドカードを初年度無料で利用できるのは、かなりお得ですね。

\アプリ開設+各種取引で最大35,100円相当もらえる/

より上位カードのプラチナプリファードなら33,000円が無料

Olive フレキシブルペイ ゴールドのもう一つ上位のカードの「Olive フレキシブルペイ プラチナプリファード」の場合、年会費は33,000円(税込)ですが、これも現在キャンペーンが実施されており33,000円の初年度年会費も無料となっています。

気になる方は、以下の記事をご確認ください。

期間:2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大58,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

違い②③:Oliveは「Visa・三井住友銀行のみ」

Oliveは三井住友銀行の総合金融サービスということもあり、フレキシブルペイの引き落とし口座が三井住友銀行に固定されます。

またカードブランドはVisaのみが設定されています。

* OliveとNLの違い(銀行・カードブランド)



Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
三井住友カード
ゴールド(NL)

国際ブランドVisaのみVisa・Mastercard
引き落とし口座三井住友銀行のみ多くの金融機関で設定可能
公式サイト公式サイト

もしMastercardを利用したい方、メインバンクが住信SBIネット銀行や楽天銀行などの場合は、Oliveフレキシブルペイは少し使いにくいかもしれません。

違い④:家族カードの設定

最後に、家族カードですが、Oliveフレキシブルペイでは家族カードの設定がありません。

家族カードを利用したい場合は、三井住友カード ゴールド(NL)を利用しましょう。

この点、2枚のカードで違いがありますね。

* OliveとNLの違い(家族カード)



Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
三井住友カード
ゴールド(NL)

年会費5,500円(税込)
初年度無料
5,500円(税込)
家族カード可否なし・利用不可あり・永年無料
公式サイト公式サイト
※年間100万円のご利用で翌年以降の年会費永年無料
 ※年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。

またOlive フレキシブル ゴールドと三井住友カード ゴールド(NL)の2枚のゴールドカードは共に、「年間100万円以上の利用で次年度以降の年会費が永年無料」となる特徴があります。

この点では、2枚で違いはありませんが、三井住友カード ゴールド(NL)であれば家族カード設定があるので家族で100万円利用を目指すことが可能となります。

1人で100万円利用の予定があればOliveでも問題ないですが、家族で目指す場合三井住友カード ゴールド(NL)の方がメリットはあるということになります。

家族カードは、配偶者・お子様・両親であれば作成可能です。

期間2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大9,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

違い⑤:ポイント還元率(通常利用・対象店舗)

Oliveフレキシブルゴールドと三井住友カード ゴールド(NL)の2枚のゴールドカードのポイント還元率ですが、ほぼ同じ内容になっています。

* OliveとNLの違い(ポイント還元率)



Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
三井住友カード
ゴールド(NL)

還元率
(クレジット)
0.5%0.5%
還元率
(デビット)
0.5%
還元率
(ポイント払い)
0.25%
対象のコンビニ
・飲食店での
還元率
最大20%通常:最大7%
・Olive利用者:
最大20%
公式サイト公式サイト
※対象のサービスのご利用状況に応じて、対象のコンビニ・飲食店でのご利用時に、通常のポイント分を含んだ最大20%ポイントが還元されます。

ただし対象のコンビニや飲食店での還元率は少し違いがあり、通常Olive利用者の方が最大4%程度高くなります。

Vポイントアッププログラムは「Oliveが有利」

Oliveフレキシブルペイや、三井住友カード(NL)シリーズでは、対象のコンビニ・飲食店でのタッチ決済でさらにVポイントの還元率がアップします。

これは、「Vポイントアッププログラム」と呼ばれています。

Oliveフレキシブルペイゴールドや、三井住友カード ゴールド(NL)だと、Vポイントの還元率が4段階でアップします。

Vポイントがアップする4段階の仕組み
  • 通常の還元率:1.0%
  • 対象のコンビニ・飲食店でのタッチ決済:+6.0%
  • 家族の登録:+5.0%(1人につき+1.0%)
  • Vポイントアッププログラム:最大+8.0%
    (合計で最大20%)

* Vポイントアッププログラムの詳細

No.対象サービス還元率達成条件
1Oliveアカウント
の選べる特典
1Oliveアカウントの選べる特典
「Vポイントアッププログラム+1%」
を選択する
2Oliveアカウント
のご契約&
アプリログイン
+1%Oliveアカウントに契約し、
三井住友銀行アプリもしくはVpassアプリ
月1回以上ログイン
3Oliveアカウント
のご契約&
住宅ローン
のご契約
+1%Oliveアカウントに契約し、
住宅ローンの契約があること
4Oliveアカウント
のご契約
SMBCモビット
と連携・利用
1%OliveアカウントおよびSMBCモビット
をご契約のうえ、Oliveアカウントご契約
口座をお支払い方法にご登録後ご利用
5SBI証券最大
+2.0%
当月の投資信託の買付など
6住友生命最大
+2.0%
「Vitalityスマート for Vポイント」
に加入しVitality健康プログラムを実施。
Vitalityステータスに応じて
ポイントアップ
7Oliveアカウント
のご契約&外貨預金
最大
+2.0%
Oliveアカウントにご契約の上、当月中、
円から外貨預金へのお預け入れや
残高に応じてポイントアップ
合計+最大8%まで
※ 2024/2/29まで

※Vポイントアッププログラムのお取引状況等により、還元率が最大+8%を超える場合があり。ポイント還元率の合算は、複数のVポイントアッププログラムの条件を達成した場合、20%を超える事がございますが、景品表示法の定めに基づき、実際にポイントアップされる還元率の上限は20%までとなります。

Vポイントアッププログラム(8%)の中で、半分程度が「Oliveアカウントが必要な内容」です。

その分だけ、Oliveの還元率が高まるメリットがあります。この点がOliveが注目されている理由です。

\アプリ開設+各種取引で最大35,100円相当もらえる/

NLカードでOliveと同じ還元率を得る方法

対象店舗でのポイント還元率の高さがOliveの大きなメリットの一つです。

しかし、NLシリーズでもOliveと同じVポイント還元率を得る方法があります

その方法は、Oliveと2枚持ちすることです。

実は、Oliveと連携した三井住友カード(NL)を対象のコンビニ・飲食店で利用すると、還元率が高い方の還元率が両方のカードに適用されます。

つまり、三井住友カード ゴールド(NL)でもOlive フレキシブルペイ ゴールドと同じ還元率で利用することが可能です。

なので、三井住友カード ゴールド(NL)をメインで使いたい方でも、Olive フレキシブルペイ 一般やゴールドを作る価値はあります。

\アプリ開設+各種取引で最大35,100円相当もらえる/

Oliveフレキシブルペイと三井住友カード(NL)シリーズの「2枚持ち」に関しては、以下の記事でかなり詳しく解説しているので、気になる方はご確認ください。

同じ①:クレカ積立付与率

続いて、内容は同じですが、気になる項目についても確認しておきます。まずはクレカ積立の付与率です。

* OliveとNLの比較(クレカ積立)



Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
三井住友カード
ゴールド
(NL)
クレカ積立
付与率
1.0%1.0%
公式サイト公式サイト
※ 毎月の積立額の上限は5万円

Olive フレキシブルペイや、三井住友カード(NL)シリーズでは、SBI証券でのクレカ積立に対応しています。

SBI証券で、クレカ決済で投資信託などを購入すると、購入金額の0.5%〜5.0%の付与を受けることができます。※1

Olive フレキシブル ゴールドと三井住友カード ゴールド(NL)の2枚のゴールドカードの場合、いずれでも「1%」の付与率で、違いはありません。

期間2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大9,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

クレカ積立で最強の付与率は「プラチナプリファード」

クレカ積立で資産運用を検討している方は、圧倒的に「プラチナプリファード」がオススメです。

理由、付与率が「5.0%」と業界最高還元率だからです。月3万円、NISA枠で運用すると、年間18,000円相当のポイントが付与されます。

※ 毎月の積立額の上限は5万円。三井住友カードつみたて投資のご利用金額はプラチナプリファードの新規入会&利用特典、継続特典の付与条件であるご利用金額の集計対象とはなりません。

2枚のプラチナプリファード
  • 三井住友カード プラチナプリファード
    (NLシリーズ最上位カード)
  • Olive フレキシブルペイ プラチナプリファード
    (Oliveフレキシブルペイ最上位カード)

2枚のプラチナプリファードで、どちらがオススメか気になる方は、以下の記事で詳しく解説しますのでご確認ください。

期間:2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大58,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

同じ②:マイル還元率・ラウンジ・旅行保険

Oliveフレキシブルゴールドと三井住友カード ゴールド(NL)のゴールドカードに興味がある方は、マイルへの還元率や空港ラウンジの利用など、旅行面での機能も気になるのではないでしょうか。

この面でも、2枚のゴールドカードの違いはありません。

* OliveとNLの比較(旅行面での機能)



Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
三井住友カード
ゴールド
(NL)
空港ラウンジ
利用
国内・ハワイ国内・ハワイ
旅行傷害保険旅行安心プラン
(海外・国内旅行傷害保険)
最高2,000万円(利用付帯)
旅行安心プラン
(海外・国内旅行傷害保険)
最高2,000万円(利用付帯)
実質マイル
還元率
100円=0.5P=0.3マイル
(0.3%)
100円=0.5P=0.3マイル
(0.3%)
公式サイト公式サイト

ちなみにですが、旅行保険は「選べる保険」の中の選択肢の一つとなっています。初期設定がは「旅行保険」になっているので、何もしなければ海外・国内旅行傷害保険が適用されます。

またマイル還元率は、Vポイント「1ポイント」が「JALやANAの0.6マイル」に交換が可能です。

通常の買い物での還元率「0.5%」に、マイル交換レート「0.6」をかけることで、実質のマイル還元率は「0.3%」となります。

つまり、対象のコンビニ・飲食店でのポイント還元率が「10%」であった場合、実質のマイル還元率は「6%」になります。

対象のコンビニ・飲食店の利用が多い方はマイル還元率が大幅にアップ

Oliveフレキシブルペイを利用し、Vポイントアッププログラムで、対象のコンビニ・飲食店での還元率がもし「10%」となっている場合、実質マイル還元率は「6%」にも達します。

これがOlive フレキシブルペイや三井住友カード(NL)の魅力の一つです。

「マイルを貯めたい」「対象のコンビニ・飲食店もよく利用する」という方は、ぜひOliveフレキシブルペイを利用してみましょう。

>> Oliveフレキシブルペイの公式サイトはこちら

Oliveを利用するだけで、カンタンに対象店舗での還元率は「+2%」獲得可能です。

マイル還元すると「+1.2%」です。その場合、年会費無料のOliveフレキシブルペイ一般でも同じ還元率を受けることが可能です。

\アプリ開設+各種取引で最大35,100円相当もらえる/

どっちを選ぶべきか?|Oliveゴールドと三井住友カード ゴールド(NL)

では、ここまで解説してきた「Olive フレキシブルペイ ゴールド」と「三井住友カード ゴールド(NL)」の2枚のゴールドカードの違いをまとめます

2枚のゴールドカードの比較まとめ
  • 違い①|初年度年会費:Oliveは無料
  • 違い②|カードブランド:OliveはVisaのみ
  • 違い③|引き落とし銀行口座:Oliveは三井住友銀行のみ
    ※ Oliveなら三井住友銀行利用時の手数料が一部無料になる
  • 違い|家族カードの設定有無:Oliveは利用不可
  • 違い⑤|対象店舗でのVポイント最大還元率:Oliveが4%高い
  • 同じ①|クレカ積立還元率
  • 同じ②|マイル還元率・ラウンジ・旅行保険

初年度年会費無料は「Olive」の大きなメリット

Oliveフレキシブルペイゴールドは、初年度年会費(5,500円)が無料となっています。

* Oliveフレキシブルペイカードの年会費

カード年会費
三井住友カード
(NL)
永年無料
三井住友カード
ゴールド(NL)
5,500円(税込)
年間100万円以上
利用で年会費永年無料
三井住友カード
プラチナ
プリファード
33,000円(税込)
Olive
フレキシブルペイ
一般
永年無料
Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
初年度無料
5,500円(税込)
年間100万円以上
利用で年会費永年無料
Olive
フレキシブルペイ
プラチナ

プリファード
初年度無料
33,000円(税込)
※年間100万円のご利用で翌年以降の年会費永年無料
 ※年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。

お得なカードを発行したい方初年度無料の間に「ゴールドカード」を試してみたい方にとって、Oliveフレキシブルペイゴールドはおすすめのカードになります。

\アプリ開設+各種取引で最大35,100円相当もらえる/

Visaや三井住友銀行以外を利用する方は「三井住友カード ゴールド(NL)」

Oliveフレキシブルペイカードは、カードブランドが「Visaのみ」の設定になっています。

また引き落とし口座が「三井住友銀行のみ」が対応しています。

三井住友銀行を利用している人はメリットも多いのですが、利用していない人からすると管理する口座が増えてデメリットと捉えられがちです。

その点、三井住友銀行以外の銀行口座をメインとしている場合や、MastercardなどVisa以外のカードブランドが必要な方は、「三井住友カード ゴールド(NL)」を選択しましょう。

期間2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大9,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

三井住友銀行利用時の手数料を一部無料は「Olive」のメリット

三井住友銀行の手数料メリット
  • Oliveアカウントの基本特典で各種手数料の一部無料
    • 定額自動送金が振込・取扱手数料共に無料
    • SMBCダイレクトでの他行振込手数料が月3回無料(※1)
    • 三井住友銀行・三菱UFJ銀行のATMの時間外手数料が何回でも無料

※1:Oliveアカウントご契約口座を出金口座とした、ダイレクトでの他行あて振込手数料が月3回まで無料です

Oliveを利用すると、三井住友銀行での一部の手数料が無料になります。

この点、三井住友銀行利用者にとっては大きなメリットになりますので、三井住友銀行利用者はOliveフレキシブルペイゴールドの利用もアリですね。

\アプリ開設+各種取引で最大35,100円相当もらえる/

家族カードが必要な場合は「三井住友カード ゴールド(NL)」

Oliveフレキシブルペイには家族カードの設定がありません。

なので、家族カードを必要としている方は。必然的に「三井住友カード ゴールド(NL)」を選択するしかありません。

100万円修行を行う方は、家族カードがあると便利ですよね。

三井住友カード ゴールド(NL)の年会費永年無料資格がある方は、Olive フレキシブルペイ ゴールドの年会費も永年無料となるので、まずは三井住友カード ゴールド(NL)を発行することをオススメします。

期間2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大9,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

VポイントアップはOliveが有利|でもNLカードの2枚持ちがオススメ

対象店舗

セイコーマート、セブン‐イレブン 、ポプラ、ミニストップ、ローソンマクドナルド、モスバーガー、サイゼリヤガスト、バーミヤン、しゃぶ葉、ジョナサン、夢庵、その他すかいらーくグループ飲食店、ドトールコーヒーショップエクセルシオール カフェかっぱ寿司など

引用元:三井住友銀行ホームページ

※対象のコンビニ・飲食店でのスマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済でポイント最大7%還元
※最大7%内訳(通常ポイント0.5%+スマホのタッチ決済利用6.5%)。
※商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

対象のコンビニ・飲食店でのVポイントアッププログラムは、Oliveフレキシブルペイゴールドの方が「4%」分有利になります。

毎日仕事場の近所のコンビニで買い物する方や、カフェによくいく方は、少しでも還元率が高い方がお得になりますね。

その場合、Oliveフレキシブルペイカードは利用することをオススメします。

三井住友銀行の口座を持っていないなどの悩みもある方は、NLカードとの2枚持ちがオススメです。

このあと詳しく解説します。

\アプリ開設+各種取引で最大35,100円相当もらえる/

結局どっちを選ぶべきか?

どっちを選ぶべきか?
  • 初年度年会費無料に魅力を感じる方 →Oliveゴールド
  • Vポイントアップを活用したい方 →Oliveゴールド
  • 三井住友銀行をメインバンクとしている方 →Oliveゴールド
  • 三井住友銀行以外をメインバンクとしてる方 →ゴールド(NL)がベター
  • Visa以外(マスターカード)を利用したい方 →ゴールド(NL)
  • 家族カードが必要な方、利用したい方 →ゴールド(NL)

問題は、「Vポイントアッププログラムに魅力を感じているけど、三井住友銀行をメインに使ってない方」ですね。次の章で解決策を解説します。

期間2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大9,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

【おすすめ】ゴールド(NL)× Olive一般の組み合わせが良い

30代・女性
30代・女性

三井住友カード ゴールド(NL)にもOliveにも興味があるけど、

Oliveでは三井住友銀行に固定されるのがちょっと辛いかも…

20代・女性
20代・女性

対象店舗をよく利用するので、Oliveも活用してポイント還元率をアップさせたい

このような方も多いと思います。

要するに、「Oliveのメリットは活かしたいけど、デメリットの部分が気になる」という方ですね。

そのような方には、「三井住友カード ゴールド(NL)× Oliveフレキシブルペイ一般」の2枚持ちをオススメします。

実際にわたしも、Oliveは年会費永年無料のフレキシブルペイ一般にしており、三井住友カード(NL)は、ゴールドとプラチナプリファードを所有しています。

理由:OliveにNLカードを連携するとOliveの還元率アップが適用される

Oliveフレキシブルペイと、NLカードを2枚持ちする大きなメリットは、「Oliveフレキシブルペイと連携した三井住友カード(NL)もポイント還元率がアップする点」です。

つまり、Oliveのデメリットである「引き落とし口座が三井住友銀行のみ」の影響を受けずにOliveのメリットである「対象のコンビニ・飲食店でのポイント高還元」を三井住友カード(NL)で受けることが可能です。

例えば、Oliveには「毎月選べる特典」があり、その中で「Vポイント+1%アップ」という内容があります。

これを選択している人がOliveフレキシブルペイと同じVpassに連携された三井住友カード(NL)を利用すると、Olive同様に対象店舗で「+1%」されます。

Oliveフレキシブルペイ一般を作るだけメインで利用する三井住友カード(NL)もVポイントは「+1%」されるということです。

\アプリ開設+各種取引で最大35,100円相当もらえる/

三井住友カード公式サイトでのQ&A内容をカンタンに解説

* 三井住友カードの公式サイトから詳細を解説

  • 同じSMBC IDに紐づく「Oliveフレキシブルペイ」と「三井住友カード(NL)」を所有していると仮定します
  • この方のOliveフレキシブルペイでの対象店舗での還元率が「12%」の場合
  • 所有している三井住友カード(NL)の対象店舗での還元率は「12%」になります
  • 三井住友カードの公式サイトはこちら

このように、Oliveフレキシブルペイを連携させた三井住友カード(NL)を利用しても、Oliveフレキシブルペイの還元率が採用されるため、Oliveとの2枚持ちはメリット大きいです

なので、対象のコンビニ・飲食店をよく利用する方は、ぜひOliveフレキシブルペイとの2枚持ちを活用してみてください。

Oliveフレキシブルペイ一般であれば、年会費永年無料で利用可能で、ポイント還元率アップだけ利用することが可能です。

\アプリ開設+各種取引で最大35,100円相当もらえる/

Oliveのデメリットが気にならないなら、Olive1枚でOK

2枚持ちをオススメしました。

しかし、もしOliveのデメリットが「気にならない人」は、Olive1枚だけで全く問題ありません

Oliveデメリット
  • カードブランド:Visaのみ
  • 引き落とし銀行口座:三井住友銀行のみ
  • 家族カード:なし

つまり、Oliveのデメリットが気にならずにゴールドカードが欲しい場合は、Oliveフレキシブルペイゴールドを発行すれば大丈夫です。

\アプリ開設+各種取引で最大35,100円相当もらえる/

三井住友カード ゴールド(NL)をメインで使いたい場合

一方で、Oliveのデメリットが気になる人は、解決策が2つあります。

Oliveデメリットの解決策
  • 三井住友カード ゴールド(NL)のみを1枚持つ
  • 三井住友カード ゴールド(NL)に「Oliveフレキシブルペイ一般」を組み合わせた2枚持ち

2枚持つのが面倒な方は、三井住友カード ゴールド(NL)1枚だけ持つ。

2枚持つのが苦じゃない人は、「三井住友カード ゴールド(NL)とOliveフレキシブルペイ一般」の組み合わせがオススメです。

三井住友カード ゴールド(NL)をメインで利用し、Oliveのポイント還元率の恩恵を受けながらお得にポイントを貯めて行きましょう。

そうすることで、Oliveのデメリットの影響を受けずに、Vポイントをお得に貯めることが可能となります。

期間2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大9,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

これがNLカードとOliveを両方もつべき理由

なぜ2枚持ちが有効か、解説してきました。

2枚発行し管理が面倒かもしれませんが、Oliveを利用するだけで対象店舗のポイント還元率がカンタンに「+2%」されます。

マイルに換算すると「+1.2%」です。

マイル目的でクレジットカードを利用するにしても、カンタンに獲得できるので無視できない還元率かと思います。

わたし自身も、実際に「①三井住友カード ゴールド(NL)と三井住友カード プラチナプリファード」を持ちながら、「②Oliveフレキシブルペイ一般」を所有し、普段はNLカードメインで利用しています。

2枚持ちに関して、もっと詳しく知りたい方・色々なカードの組み合わせについて知りたい方は、以下の記事をご確認ください。

\アプリ開設+各種取引で最大35,100円相当もらえる/

入会キャンペーンの比較|OliveゴールドvsNLゴールド

最後に、三井住友カード ゴールド(NL)やOlive フレキシブルペイ ゴールド、そしてOlive フレキシブルペイ 一般の入会キャンペーンについて、簡単に紹介して行きます。

Olive フレキシブルペイ 一般の入会特典

Olive フレキシブルペイ 一般の入会特典は以下の通りです。

Oliveフレキシブルペイ一般の入会特典
  1. Oliveアカウント入金プラン:1,000円分
  2. Oliveデビットモード新規入会&利用:1,000円分
  3. Oliveクレジットモード新規入会:1,000円分
  4. Oliveクレジットモード利用:最大5,000円分
  5. SBI証券利用:最大15,100円分相当
  6. 初年度年会費無料はなし(一般ランクは元々年会費が永年無料)

 → 合計:20,600円分の入会特典

このうち、SBI証券でのクレカ積立などの利用による「15,100円分」は三井住友カード(NL)でも獲得が可能な特典です。既に獲得している方も多いと思いますので、ここでは詳細を省きます。

Olive フレキシブルペイ 一般は、年会費無料が大きなメリットですね。

さらに今なら、デビットモードやクレジットモードの新規登録・利用で8,000円分のポイントをゲットできるので逃さないようにしましょう。

\アプリ開設+各種取引で最大35,100円相当もらえる/

Olive フレキシブルペイ ゴールドの入会特典

Olive フレキシブルペイ ゴールドの入会特典は以下の通りです。

Olive フレキシブルペイ ゴールドの入会特典
  • Oliveアカウント入金プラン:1,000円分
  • Oliveデビットモード新規入会利用:1,000円分
  • Oliveクレジットモード新規入会:1,000円分
  • Oliveクレジットモード利用:最大8,000円分
  • SBI証券利用:最大15,100円分相当
  • 初年度年会費(5,500円)が無料

 → 合計:最大24,100円分の入会特典+初年度年会費5,500円分無料

Oliveフレキシブルペイ ゴールドの大きな入会特典は「初年度年会費無料」となる点です。5,500円が無料なので、かなり大きいメリットがありますね。

他にも、クレジットモード&タッチ決済の利用で計11,000円分の特典があります。

これらを足し合わせると、SBI証券の利用以外に、実質的には「16,500円分」の特典があると言えます。

さらに「三井住友銀行での手数料メリット」「ゴールドカード待遇(空港ラウンジ、保険)」が受けられるので、Oliveフレキシブルペイゴールドが気になる方は、キャンペーンが豊富な今がチャンスです!

\アプリ開設+各種取引で最大35,100円相当もらえる/

三井住友カード ゴールド(NL)の入会特典

最後に、三井住友カード ゴールド(NL)の入会特典は以下の通りです。

三井住友カード ゴールド(NL)の入会特典
  • クレジットカード新規入会:1000円分
  • クレジットカード利用代金の10%分(最大8000円分)
  • SBI証券利用:最大15,100円分
    → 合計:9,000円分の入会特典 + SBI証券口座開設・利用で最大15,100円分

Oliveではあった「初年度年会費(5,500円)が無料」が、三井住友カード ゴールド(NL)ではありません。

>> Oliveフレキシブルペイの公式サイトはこちら

三井住友カード ゴールド(NL)であれば、9,000円相当のVポイント+SBI証券での利用分のポイントをゲットできますが、キャンペーン内容だけ見ると、初年度年会費無料分、Oliveフレキシブルペイゴールドの方がお得になります。

期間2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大9,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

入会キャンペーンまとめ

入会キャンペーンのまとめ
  • Olive フレキシブルペイ 一般
    • 8,000円分の入会特典+SBI証券利用最大15,100円分
  • Olive フレキシブルペイ ゴールド
    • 11,000円分の入会特典+SBI証券利用最大15,100円分初年度年会費無料
  • 三井住友カード ゴールド(NL)
    • 9,000円分の入会特典 + SBI証券利用最大15,100円分
  • 三井住友カード ゴールド(NL)Olive フレキシブルペイ 一般
    • 8,000円分の入会特典 + 9,000円分の入会特典 + SBI証券利用最大15,100円分

\アプリ開設+各種取引で最大35,100円相当もらえる/

まとめ

この記事では、「Olive フレキシブルペイ ゴールド」と「三井住友カード ゴールド(NL)」を比較し、どちらを持つべきかを紹介しました。

どっちを選ぶべきか?
  • 初年度年会費無料に魅力を感じる方 → Oliveゴールド
  • Vポイントアップを活用したい方 → Oliveゴールド
  • 三井住友銀行がメインの方 → Oliveゴールド
  • 対象のコンビニ・飲食店をよく利用する → Oliveゴールド
  • 三井住友銀行以外がメインの方 → ゴールド(NL)
  • Visa以外(マスターカード)を利用したい方 → ゴールド(NL)
  • 家族カードが必要な方 → ゴールド(NL)

>> Oliveフレキシブルペイの公式サイトはこちら

>> 三井住友カード ゴールド(NL) お申し込みはこちら

また記事後半では、三井住友カード ゴールド(NL)をメインに利用しつつ、Olive フレキシブルペイ 一般でポイント還元率もアップさせる「2枚持ち」について紹介しました。

詳細は、以下の記事で詳しく解説してます。

その他、より上位カードの「プラチナプリファード」のOlive・NLカードの比較については、以下の記事でかなり詳しく解説・比較してます。

※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

タイトルとURLをコピーしました