PR
20代30代の資産運用クレカ×資産運用術クレジットカード三井住友カード

【2024年6月】三井住友カード プラチナプリファード新規入会特典まとめ

三井住友カード プラチナプリファードの新規入会特典がわかりづらい!

この記事では、三井住友カード プラチナプリファードの新規入会特典についてわかりやすくまとめています。

三井住友カード プラチナプリファードの新規入会を検討している方は、ぜひこの記事をご確認いただいた上でカード発行を行ってください。

この記事はこんな方におすすめ
  • 三井住友カード プラチナプリファードの「新規入会キャンペーン」について知りたい
  • 三井住友カード プラチナプリファードを「お得に入会したい」
  • 三井住友カード プラチナプリファードの「年会費の元を取れるか」知りたい

FP1級保有の現役銀行員の筆者も三井住友カード プラチナプリファードを保有しています。

当ブログでは、三井住友カード プラチナプリファードに関する記事を多数用意しておりますので、あわせてご覧ください。

おむこ

この記事を書いている人
  • 31歳 大手金融機関総合職10年目
  • 個人顧客への資産運用、税金対策等のコンサルティング業務を担当
  • FP1級、宅建保有
  • 投資歴10年、保有資産は米国インデックス中心

期間:2024/4/22〜2024/6/30
新規入会&利用で最大50,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

さらにSBI証券の新規口座開設 & 取引開始
最大12,600円相当プレゼント
(2024/4/22〜)

三井住友カード プラチナプリファードの新規入会キャンペーンとは

現在、三井住友カード プラチナプリファードは新規入会キャンペーンを実施中です。

新規入会特典を利用することで最大50,000円相当のポイントを獲得することができます。さらにSBI証券の新規利用で最大12,600円相当が加わります。

カードの年会費が33,000円ですが、十分年会費の元をとれるキャンペーン内容になっています。

新規入会キャンペーンは2024/6/30までの期間限定となっているため、カードの入会を検討されている方はこの機会を逃さないようにしましょう。

新規入会特典は、いくつかの条件を達成する必要がありますので、条件についてひとつずつ紹介したいと思います。



三井住友
カード
プラチナプリファード
カード利用
のみの場合
入会&利用特典
40,000ポイント

カード利用条件達成で
10,000ポイント
特典は50,000円
SBI証券で
新規取引を
行なった場合
入会&利用特典
40,000ポイント

カード利用条件達成で
22,600ポイント
特典は62,600円
申し込む
※初年度年会費無料は2024/6/30まで

三井住友カード プラチナプリファードの新規入会で最大62,600円相当を獲得するには?

三井住友カード プラチナプリファードの新規入会特典で最大62,600円相当のポイントを獲得する条件は以下の通りです。

三井住友カード プラチナプリファード キャンペーン内容

条件付与額
①【常時開催】カード新規入会 & 利用
入会後3ヶ月で40万円以上の利用
40,000円相当
②スマホタッチ決済3回利用10,000円相当
③SBI証券口座の新規開設 & 対象取引
・SBI証券の新規口座開設
・クレカ積立の利用
・投資信託・株式等の対象取引
最大12,600円相当

公式サイト

>>三井住友カード プラチナプリファード公式サイトはこちら

カードのみ利用の場合は、最大50,000円相当SBI証券での取引を行い特典①〜③を達成した場合は最大62,600円相当を獲得できる計算になります。

ひとつずつ特典内容について紹介したいと思います。

【特典①】40万円以上のカード利用で40,000ポイント付与

ご入会月(切替え月)の3ヵ月後末までに40万円(税込)以上のご利用でプラス40,000ポイントをプレゼント

プラチナプリファード 公式サイト

三井住友カード プラチナプリファードは、カード入会月の3ヶ月後末までに40万円以上のカード利用を行えば、40,000円相当のポイント付与を受けることができます。

40万円のカード利用額というと少々ハードルは上がりますが、まとまった出費があるタイミングでカードを発行すれば、無理のない金額でしょう。

ちなみに、クレカ積立の引き落とし金額は、こちらの40万円のカードの利用額には含まれませんのでご注意ください。

交通系IC経由での定期券購入なども、カードの利用額に含まれないのでご注意ください。

  • 下記ご利用はご利用金額の集計対象となりません。
    年会費(クレジットカード、ETCカード、PiTaPaカード)、キャッシングリボ、海外キャッシュサービス、その他ローンの返済金、リボ払い・分割払い手数料、交通系およびその他電子マネーへのチャージ(Edy、WAON、nanaco、モバイルSuica(※)、モバイルPASMOなど)、当社発行プリペイドカードへのチャージ、スマートフォンアプリ「Vポイント」へのチャージ、三井住友カードつみたて投資(SBI証券)国民年金保険料提携会社からの収納事務を委託された一部の保険料
  • モバイルSuica、Apple PayのSuicaによる、定期券購入・特急券購入・Suicaグリーン券購入を含む
プラチナプリファード 公式サイト

>>三井住友カード プラチナプリファード公式サイトはこちら

【特典②】スマホタッチ決済3回利用10,000円相当プレゼント

現在、三井住友カードは「スマホタッチ決済」を3回実施でキャンペーンが実施しています。

キャンペーン期間中にカードに新規入会し、キャンペーン条件を満たせば、10,000円のポイント付与を受けることができます。

スマホタッチ決済3回利用」の内容は以下の通りです。

✔︎ 新規入会+対象期間中にスマホタッチ決済を3回実施で最大10,000円相当プレゼント

✔︎対象期間:カード入会月+1ヶ月後末

【特典③】SBI新規口座開設+取引キャンペーン最大12,600円付与(2024年1月1日〜)

三井住友カード プラチナプリファードの入会後、SBI証券の口座開設+クレカ積立の申し込み+投資信託・株式等の取引で最大12,600円相当のポイントを獲得することができます。

こちらは、SBI証券の口座を保有していない方のみ利用できるキャンペーン内容となっています。

三井住友カード プラチナプリファードの新規入会&利用特典の最大50,000円相当プレゼント+SBI証券デビュー応援プラン12,600円相当プレゼントを合わせると最大62,600円相当を獲得することができます。

すでに、SBI証券で取引のある方はこちらの特典を利用することができませんので、三井住友カード プラチナプリファードの新規入会&利用特典最大50,000円相当のポイント獲得ということになります。

期間:2024/4/22〜2024/6/30
新規入会&利用で最大50,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

さらにSBI証券の新規口座開設 & 取引開始
最大12,600円相当プレゼント
(2024/4/22〜)

SBI新規口座開設+取引キャンペーンに必要な条件は以下のとおりです。

【特典1】SBI証券仲介口座開設 + エントリー + Vポイント登録 100円相当

【特典2】SBI証券でクレカ積立を設定 最大2,500円相当

【特典3】SBI証券でクレカ積立を継続 + 対象商品の取引に応じて 最大10,000円相当

【特典1】SBI証券仲介口座開設 + エントリー + Vポイント登録 100円相当

特典①の条件の詳細は以下の通りとなっています。

1.三井住友カードのホームページ経由で、SBI証券の口座(=三井住友カード仲介口座)を新規開設

2.キャンペーンエントリー

3.SBI証券Vポイントサービスを登録

特典①は、SBI証券の新規口座開設 + エントリー + Vポイントの登録で達成することができます。

特典①の対象となるためには、三井住友カード経由でSBI証券の口座開設を行う必要がありますので、ご注意ください。

【特典2】SBI証券でクレカ積立を設定 最大2,500円相当

特典②の条件詳細
  • 口座開設月の2ヵ月後10日時点のクレカ積立カードご利用金額に対して、5%(上限2,500円相当)のVポイントをプレゼント

※最大5,000円相当は、本プラン特典5%(最大2,500円相当)と、つみたてポイントアッププラン最大5%(最大2,500円相当)を合算した時の上限です。記載はプラチナプリファードで5万円積立した場合。つみたて投資ポイントアッププランの詳細は以下をご確認ください。
つみたて投資ポイントアッププラン(三井住友カード公式サイト

特典②は、クレカ積立の設定金額に応じてポイントが付与される内容になっています。

こちらの特典は、保有するクレジットカードの種別により、付与されるポイント率が異なり、最大2,500円相当のポイントを獲得できるのはプラチナプリファードに限定されています。

三井住友カード プラチナプリファードで、クレカ積立を月5万円設定すれば、2,500円相当のポイントを獲得することができます。

クレカ積立とは

投資信託の積立投資をクレジットカード払いでおこなうサービス。カード経由で積立を行うことで、積立金額に応じてカードのポイントが貯まります。プラチナプリファードの場合、クレカ積立した金額に対して、5.0%のポイント(月の積立上限5万円)が付与されます。クレカ積立はNISAでの積立も対象となっています。

【特典3】SBI証券でクレカ積立を継続 + 対象商品の取引に応じて 最大10,000円相当

特典③の条件詳細
口座開設月の3ヵ月後の10日時点で以下のいずれも実施していること。
  • 口座開設月の3ヵ月後10日時点のクレカ積立カードご利用金額に対して、最大20%(上限10,000円相当)のVポイントをプレゼント
  • SBI証券でクレジットカード決済による投信積立を設定し、同月14日頃に投信積立分のカード利用があること。
  • SBI証券にて口座開設日~口座開設月の3ヵ月後の10日までに対象取引を行うこと

※最大10,000円相当の内訳は、対象商品の取引に応じた本プラン特典2%~20%(最大10,000円相当)と、つみたてポイントアッププラン最大5%(最大2,500円相当)を合算した時の上限です。記載はプラチナプリファードで5万円積立した場合。つみたて投資ポイントアッププランの詳細は以下をご確認ください。

対象商品の取引などの条件を満たした方が、クレカ積立を行うことで最大10,000円相当のVポイントの付与を受けることができます。

特典③で最大10,000円相当のポイントを獲得するためには、上記4種類の投資取引を行う必要があります。

特典の条件達成へのハードルは高いといえますが、投資信託の買付や株式取引など興味がある内容があれば、キャンペーン期間中にお試しで始めてみてはいかがでしょうか。

新規入会は今がチャンス!

\新規入会&利用で50,000円相当プレゼント/
(2024/4/22〜2024/6/30)

三井住友カード プラチナプリファード新規入会特典の利用方法

三井住友カード プラチナプリファードの新規入会特典を利用するための手続きの流れをまとめました。

新規入会特典 利用手順

【特典①】入会月+3ヶ月間でカード利用40万円
条件達成で40,000ポイント付与

【特典②】入会月+1ヶ月間でスマホタッチ決済3回(特典①と利用額併用可)
条件達成で10,000ポイント付与

【特典③】SBI新規口座開設+クレカ積立設定+対象取引
条件達成で12,600ポイント付与
1. SBI証券の口座を開設する
2. SBI証券Vポイントサービスに登録する
3. キャンペーンにエントリーする
4. 三井住友カードつみたて投資のカード登録、投信積立を設定する
5. 対象の取引を行う

特典①、②は、カードの利用額の条件を達成すれば、自動的にポイントが付与される仕組みになっています。

一方、特典③は、別途キャンペーンへのエントリーが必要になりますので、お間違いないようにご注意ください。

\新規入会&利用で50,000円相当のポイントプレゼント/
(2024/4/22〜2024/6/30)

まとめ|三井住友カード プラチナプリファード新規入会特典

三井住友カード プラチナプリファードの新規入会特典で得られるポイント額は以下の通りです。

年会費の33,000円(税込)を大きく上回る特典内容となっています。



三井住友
カード
プラチナプリファード
カード利用
のみの場合
入会&利用特典
40,000ポイント

カード利用条件達成で
10,000ポイント
特典は50,000円
SBI証券で
新規取引を
行なった場合
入会&利用特典
40,000ポイント

カード利用条件達成で
22,600ポイント
特典は62,600円
申し込む
※初年度年会費無料は2024/6/30まで

三井住友カード プラチナプリファードは、ポイント還元率が高く、クレカ積立5.0%付与(※1)、特約店利用最大15%還元など魅力的なポイント特典が数多く用意されています。

なので、上手に活用すれば、年間10万円以上のポイント獲得も夢ではありません

ぜひ新規入会特典を活用し、三井住友カード プラチナプリファードデビューを果たして、ポイントで生活を豊かにしましょう。

期間:2024/4/22〜2024/6/30
新規入会&利用で最大50,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

さらにSBI証券の新規口座開設 & 取引開始
最大12,600円相当プレゼント
(2024/4/22〜)

プラチナプリファード新規入会特典を比較!Olive VS 三井住友カード キャンペーン内容まとめ
この記事では、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードと三井住友カードの通常のプラチナプリファードどちらがSBI証券のクレカ積立に適しているかを徹底比較しています。ポイント還元率や入会キャンペーン、カードの特典などから、おすすめのプラチナプリファードを紹介しています。どちらのプラチナプリファードを申し込みするか迷っている方におすすめの記事です。
【100万以下】三井住友カード プラチナプリファードの損益分岐点を徹底解説
三井住友カード プラチナプリファードの損益分岐点を8パターン解説します。一般的に200万円前後と解説される損益分岐点は、実際著者が使用すると数十万円が損益分岐点となりました。クレカ積立、ポイント還元率、年間利用額別に損益分岐点を解説します。
年会費無料!三井住友カード プラチナプリファード家族カードの利用で得られるポイント還元額は?
プラチナプリファードの気になるポイント還元率、年会費の元を取れる損益分岐点について紹介しています。プラチナプリファードは年間いくらの利用金額なら保有する価値があるのか徹底検証しました。コンビニやスターバックス、マクドナルドなどの特約店のポイント還元率もまとめています。

※2024年9月10日(火)積立設定締切分(2024年10月1日(火)買付分)までのポイント付与。以降は対象カードごとのカードご利用金額などに応じたポイント付与率になります。
※三井住友カードつみたて投資のご利用金額は、プラチナプリファードの新規入会&利用特典、継続特典の付与条件であるご利用金額の集計対象となりません。
※クレカ積立上限は10万円

タイトルとURLをコピーしました