PR
20代30代の資産運用クレカ×資産運用術クレジットカード三井住友カード

【比較】三井住友カード プラチナプリファードとゴールド(NL)はどっちを持つべき?

30代・男性
30代・男性

三井住友カード ゴールド(NL)と三井住友カード プラチナプリファードでは、どっちを持つべきなのか?

2枚のカードの仕様や特徴、特典などを比較したい。

この記事では、三井住友カード ゴールド(NL)と三井住友カード プラチナプリファードを徹底比較します。

内容としては、 カードの仕様・特典・どっちを持つ方が実質的にお得なのかを比較し、どちらを持つべきなのか、紹介します。

この記事はこんな方におすすめ
  • 三井住友カード ゴールド(NL)と三井住友カード プラチナプリファード徹底比較したい
  • 三井住友カード ゴールド(NL)と三井住友カード プラチナプリファードのどっちがお得なのか?
  • どっちを持つべきなのか悩んでいる方

わたし自身も三井住友カード プラチナプリファードを利用しています。

なぜ三井住友カード ゴールド(NL)ではなく、三井住友カード プラチナプリファードを選択したのかもせっかくなので紹介していきます。

期間:2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大58,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

おむこ

この記事を書いている人
  • メガバンク勤務 12年目
  • 子供1人 30代共働き夫婦
  • 個人顧客への資産運用、税金対策等のコンサルティング業務を担当
  • FP1級、宅建保有
  • 三井住友カード プラチナプリファード利用中

【概要】三井住友カード ゴールド(NL)と三井住友カード プラチナプリファードとは?

まずは、簡単に「三井住友カード ゴールド(NL)」と「三井住友カード プラチナプリファード」の仕様を比較しましょう。

* ゴールド(NL)とプラチナプリファードの比較表

項目三井住友カード
ゴールド(NL)
三井住友カード
プラチナプリファード
年会費5,500円
(税込)※2
33,000円
(税込)
通常利用
還元率
0.5%1.0%
クレカ積立
付与率
(※1)
1.0%5.0%
保険
補償
・国内旅行傷害保険
・海外旅行傷害保険
・お買物安心保険
・選べる保険制度
・国内旅行傷害保険
・海外旅行傷害保険
・お買物安心保険
・選べる保険制度
カード
ブランド
Visa
Mastercard
Visa
カード
上限金額
原則 ~300万円原則 ~500万円
最大 1,000万円
家族カード
ETCカード
利用可能利用可能
対象店舗
還元率
最大7%
※3
最大7%
※3、※4
プリファー
ドストア
還元率
特約店利用時
1%〜10%
※5
100万円以上
利用で翌年以降
年会費永年無料
海外で外貨決済
100円ごとに
+2%
申し込む申し込む
※1 毎月の積立額の上限は5万円。三井住友カードつみたて投資のご利用金額はプラチナプリファードの新規入会&利用特典、継続特典の付与条件であるご利用金額の集計対象とはなりません。
※2 年間100万円のご利用で翌年以降の年会費永年無料。年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は三井住友カードのホームページを必ずご確認ください
※3 対象のコンビニ・飲食店で最大7%ポイント還元※対象のコンビニ・飲食店でのスマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済でポイント最大7%還元。最大7%内訳(通常ポイント0.5%+スマホのタッチ決済利用6.5%)。商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
※4 物理カードのタッチ決済の場合、通常ポイント1%+特約店追加ポイント+4%。スマホのタッチ決済の場合、通常ポイント1%+特約店追加ポイント+6%。タッチ決済以外では通常ポイント1%のみ(特約店追加ポイント付与はなし)となります。
※5 プリファードストア(特約店)利用で通常還元率+1~9%

三井住友カード プラチナプリファードは、年会費が33,000円(税込)と高めですが、ポイント還元率がかなり高いカードです。

また、三井住友カード プラチナプリファードは、カードブランドが「Visa」しか選択できません。

一方で、三井住友カード ゴールド(NL)は、年会費は5,500円(税込)と比較的低めであり、VisaとMastercardが選択できるカードです。

【先に結論】ゴールド(NL)とプラチナプリファードどっち持つべきか?

先に結論を述べると、以下のような結果になります。

ゴールド(NL)・プラチナプリファード結論
  • クレカ積立を全く行わない人
    • 年間200万円以上利用する:三井住友カード プラチナプリファード
    • 年間200万円も使わない:三井住友カード ゴールド(NL)
  • クレカ積立を月3万円以上行う
    • 年間100万円以上使う:三井住友カード プラチナプリファード
    • 年間100万円も使わない:三井住友カード ゴールド(NL)
  • クレカ積立や入会特典をフルにもらうつもりの方
    • 利用額に問わず:三井住友カード プラチナプリファード

しかし、これはあくまでコスパ重視の結果です。

三井住友カード プラチナプリファードは年会費は高いですが、豊富な入会特典や高い還元率があるので、うまく利用すれば実質的にかなりお得です。

どれぐらい利用すればお得になるかは、三井住友カード プラチナプリファードの公式サイトにシミュレーション機能があるので、そちらで確認するのもオススメです。

一方で、三井住友カード ゴールド(NL)の「デザインが好き」・「最初100万円だけ使って、以降年会費無料で持ちたい」など色々考えもあるかと思います。

なので、これ以降、それぞれのカードの特徴などを細かく比較していきます。

【比較1|デザイン】

では、まずカードのデザインを比較します。

* デザインの比較|ゴールド(NL)とプラチナプリファード

項目三井住友カード
ゴールド(NL)
三井住友カード
プラチナプリファード
年会費5,500円
(税込)
33,000円
(税込)
カード
ブランド
Visa
Mastercard
Visa
デザイン
デザイン
申し込む申し込む

三井住友カード ゴールド(NL)は、やはりメインはゴールド色のカードです。2つ目のデザインとしてグリーンにゴールド文字のデザインも準備されています。

三井住友カード プラチナプリファードは、ブラックがメイン色で、プラチナイメージのシルバーのカードデザインも準備されています。

ブラックやシルバー(プラチナ)の方がやはり高級感は得られそうですね。

【比較2|年会費】

三井住友カード ゴールド(NL)と三井住友カード プラチナプリファードの年会費を比較します。

* 年会費の比較|ゴールド(NL)とプラチナプリファード

項目三井住友カード
ゴールド(NL)
三井住友カード
プラチナプリファード
年会費5,500円
(税込)
33,000円
(税込)
1年間で100万円
以上の利用で

翌年以降
永年年会費無料

(※2)
申し込む申し込む
※2 年間100万円のご利用で翌年以降の年会費永年無料。年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は三井住友カードのホームページを必ずご確認ください

年会費は、三井住友カード ゴールド(NL)と三井住友カード プラチナプリファードの両カードとも必要です。

特に、三井住友カード プラチナプリファードは「33,000円/年(税込)」の年会費が必要です。

非常に高く感じるかもしれませんが、年会費以上の還元率の高さが三井住友カード プラチナプリファードの大きな魅力となっています。

後ほど、実際のところお得なのかどうかを検討していきますね。

三井住友カード ゴールド(NL)のみ年会費無料になる

三井住友カード ゴールド(NL)の年会費は「5,500円/年(税込)」です。

三井住友カード ゴールド(NL)のみ、年間100万円以上を利用すれば、翌年以降は永年年会費が無料となります。

ゴールドカードを年会費無料で持つことができる点が、三井住友カード ゴールド(NL)の大きな魅力の一つとなっています。

【比較3|特典(入会・利用特典)】

続いて、三井住友カード ゴールド(NL)と三井住友カード プラチナプリファードの「特典」を比較します。

特典は、三井住友カード プラチナプリファードの方が豊富でお得です。

* 特典の比較|ゴールド(NL)とプラチナプリファード

三井住友カード
ゴールド(NL)
三井住友カード
プラチナプリファード
入会特典①
キャッシュレス増額CP
(2024/1/1〜2024/4/21)
最大9,000円最大18,000円
入会特典②
SBI証券新規取引
最大15,100円最大15,100円
入会特典③
新規入会特典
40,000円
継続利用特典最大10,000円最大40,000円
合計34,100円113,100円
申し込む申し込む
※付与されるポイントは1P=1円で表記

三井住友カード ゴールド(NL)よりも、三井住友カード プラチナプリファードで得られる特典の額が、7.9万円近く多い計算になります。

三井住友カード プラチナプリファードの年会費が33,000円(税込)であることを考えても、特典を全て貰えば三井住友カード プラチナプリファードの方がかなりお得な計算になります。

入会特典の詳細

三井住友カード ゴールド(NL)と三井住友カード プラチナプリファードの入会利用特典の内容について詳しく紹介していきます。

入会・利用特典を活用するすることで、初年度は数十万円のポイントを獲得することも夢ではありません。

新規入会・利用特典内容
  • 入会特典①:キャッシュレス増額キャンペーン
     カード入会月+2ヶ月後末までにカード利用金額の10%のポイント付与(上限はカード券種によって異なる)
    ・三井住友カード プラチナプリファード18,000円付与
    ・三井住友カード ゴールド(NL)9,000円付与
  • 入会特典②:SBI証券新規取引
     (1)SBI証券新規口座開設 + クレカ積立月5万円利用
     (2)投信、国内株式等の対象取引

    共通 最大15,100円付与
  • 入会特典③:3ヶ月以内に40万円利用で40,000円分ポイント獲得
    三井住友カード プラチナプリファードのみ 40,000円付与
  • 利用特典:100万円利用ごとに10,000円分の継続ポイント付与
    ・三井住友カード プラチナプリファード最大40,000円
    ・三井住友カード ゴールド(NL)最大10,000円

※付与されるポイントは1P=1円で表記

詳しい条件の解説はここでは省略させていただきます。

気になる方は、三井住友カードの公式サイトで最新のキャンペーン内容をご確認ください。

【比較4|Vポイント還元率】

クレジットカードといえば、買い物金額に対しての「還元率」ですね。

* Vポイント還元率|ゴールド(NL)とプラチナプリファード

三井住友カード
ゴールド(NL)
三井住友カード
プラチナプリファード
通常利用
還元率
0.5%1.0%
対象店舗
還元率
最大7%
※3
最大7%
※3、※4
プリファード
ストア還元率
特約店利用時
1%〜10%
※5
海外で外貨決済
100円ごとに
+2%
申し込む申し込む
※3 対象のコンビニ・飲食店で最大7%ポイント還元※対象のコンビニ・飲食店でのスマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済でポイント最大7%還元。最大7%内訳(通常ポイント0.5%+スマホのタッチ決済利用6.5%)。商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
※4 物理カードのタッチ決済の場合、通常ポイント1%+特約店追加ポイント+4%。スマホのタッチ決済の場合、通常ポイント1%+特約店追加ポイント+6%。タッチ決済以外では通常ポイント1%のみ(特約店追加ポイント付与はなし)となります。
※5 プリファードストア(特約店)利用で通常還元率+1~9%

通常利用の還元率は、三井住友カード ゴールド(NL)が「0.5%」、三井住友カード プラチナプリファードは「1.0%」です。

三井住友カード プラチナプリファードは、プリファードストア(特約店)といわれる店舗でのカード利用時のポイント還元率が最大10%になります。

プリファードストアには、旅行予約サイト、ふるさと納税サイト、百貨店、スーパーやドラッグストアなどが入っており、特段意識して利用することがなくても通常還元率を上回るポイントを獲得することができます。

実際にプラチナプリファードを保有する筆者も、カード利用額に対して2〜3%程度のポイント還元を受けることができています。

三井住友カード ゴールド(NL)はゴールドカードで0.5%は少し残念ですが、コンビニや飲食店などの対象店舗での還元率はかなり高めです。

対象店舗でのポイントアップは、三井住友カード プラチナプリファードと変わらないので、コンビニや飲食店の利用が多い場合は三井住友カード ゴールド(NL)もお得に利用できます。

【比較5|クレカ積立(SBI証券)付与率】

三井住友カード(NL)シリーズの人気の理由の一つである「クレカ積立」について比較します。

三井住友カード ゴールド(NL)や三井住友カード プラチナプリファードでは、SBI証券の中でクレジットカード決済にて投資信託を購入することができます。

この際に、三井住友カード ゴールド(NL)や三井住友カード プラチナプリファードであれば、購入金額の一部がポイント付与されます。

そのポイント付与率は以下の通りです。

* クレカ積立付与率|ゴールド(NL)とプラチナプリファード

三井住友カード
ゴールド(NL)
三井住友カード
プラチナプリファード
クレカ積立
付与率
(※1)
1.0%5.0%
最大金額月5万円
(年60万)
月5万円
(年60万)
最大金額
購入時の
付与額
5,000円分/年30,000円分/年
申し込む申し込む
※1 毎月の積立額の上限は5万円。三井住友カードつみたて投資のご利用金額はプラチナプリファードの新規入会&利用特典、継続特典の付与条件であるご利用金額の集計対象とはなりません。

年間60万円分・月5万円分の投資信託の購入に対し、ポイント付与されます。

クレカ積立の付与率は、三井住友カード プラチナプリファードが圧倒的に高く、5.0%と業界最高となっています。

クレカ積立をフルに活用した場合、三井住友カード ゴールド(NL)でも三井住友カード プラチナプリファードでも年会費のほとんどを取り返せます。

期間:2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大58,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

【比較6|実質どっちがお得?】

では、ここまでの比較をまとめていき「結局のところどっちのカードがお得なのか」を整理していきます。

ここでは、結論のみ簡単に紹介します。

ゴールド(NL)・プラチナプリファード結論
  • クレカ積立を全く行わない人
    • 年間200万円以上利用する:三井住友カード プラチナプリファード
    • 年間200万円も使わない:三井住友カード ゴールド(NL)
  • クレカ積立を月3万円以上行う
    • 年間100万円以上使う:三井住友カード プラチナプリファード
    • 年間100万円も使わない:三井住友カード ゴールド(NL)
  • クレカ積立や入会特典をフルにもらうつもりの方
    • 利用額に問わず:三井住友カード プラチナプリファード

詳しく知りたい方は、以下の記事で細かく損益分岐点を検討してるので、参考にしてみてください。

クレカ積立を行う予定がない人

クレカ積立を行う予定がない場合、三井住友カード ゴールド(NL)がかなり有利になります。

三井住友カード ゴールド(NL)を使う方が、年会費など含めるとお得ということになります。

ゴールド(NL)・プラチナプリファード
  • クレカ積立を全く行わない人
    • 年間200万円以上利用する:三井住友カード プラチナプリファード
    • 年間200万円も使わない:三井住友カード ゴールド(NL)

ただし、クレカ積立を行わない人でも、年間200万円以上の利用がある場合は三井住友カード プラチナプリファードの方がお得になります。

クレカ積立を月3万円程度

クレカ積立を月3万円ぐらい行う人は、年間100万円が分かれ目となります。

クレカ積立を行う分、付与されるポイントが三井住友カード プラチナプリファードの方が多くなるので、年会費も取り返せるということです。

ゴールド(NL)・プラチナプリファード結論
  • クレカ積立を月3万円以上行う
    • 年間100万円以上使う:三井住友カード プラチナプリファード
    • 年間100万円も使わない:三井住友カード ゴールド(NL)

クレカ積立をおこなっていても、年間100万円も利用しないという方は、三井住友カード ゴールド(NL)の方がお得になります。

クレカ積立や入会特典をフルにもらうつもりの方

クレカ積立や、これまで紹介した入会特典・利用特典など全てゲットを目指す人は、圧倒的に三井住友カード プラチナプリファードがお得です。

利用金額に問わず、三井住友カード ゴールド(NL)よりも、三井住友カード プラチナプリファードがお得です。

ゴールド(NL)・プラチナプリファード結論
  • クレカ積立や入会特典をフルにもらうつもりの方
    • 利用額に問わず:三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファードは、高いポイント還元率と、豊富な特典が特徴です。

入会特典・利用特典などフルに活かせば、三井住友カード ゴールド(NL)よりも三井住友カード プラチナプリファードが圧倒的に有利になります。

期間:2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大58,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

【比較7|保険・補償】

最後に、保険や補償についても簡単に比較しておきます。

詳しくは、三井住友カードの公式サイトに記載がありますので、そちらもご確認ください。

* 保険・補償|ゴールド(NL)とプラチナプリファード

項目三井住友カード
ゴールド(NL)
三井住友カード
プラチナプリファード
保険・補償・国内旅行傷害保険
・海外旅行傷害保険
・お買物安心保険
・選べる保険制度
・国内旅行傷害保険
・海外旅行傷害保険
・お買物安心保険
・選べる保険制度
国内旅行死亡・後遺障害死亡・後遺障害
入院・通院・手術
海外旅行家族特約無し家族特約あり
申し込む申し込む

基本的に、内容は三井住友カード プラチナプリファードの方が手厚いです。

そもそも三井住友カード ゴールド(NL)だと、補償が受けれない項目もあり、受けれても三井住友カード プラチナプリファードの方が2倍以上金額が大きいという内容になっています。

【結論】三井住友カード ゴールド(NL)とプラチナプリファードはどっちが良いのか?

三井住友カード ゴールド(NL)と三井住友カード プラチナプリファードどっちがお得なのかを、比較しながら確認しました。

結論、どっちがお得かは利用内容・金額によります。

ゴールド(NL)・プラチナプリファード結論
  • クレカ積立を全く行わない人
    • 年間200万円以上利用する:三井住友カード プラチナプリファード
    • 年間200万円も使わない:三井住友カード ゴールド(NL)
  • クレカ積立を月3万円以上行う
    • 年間100万円以上使う:三井住友カード プラチナプリファード
    • 年間100万円も使わない:三井住友カード ゴールド(NL)
  • クレカ積立や入会特典をフルにもらうつもりの方
    • 利用額に問わず:三井住友カード プラチナプリファード

基本的に、三井住友カード プラチナプリファードは年会費は高いものの、利用すればするほどお得になるカードです。

そもそもそこまで利用しない(年間100万円以下程度)であれば、三井住友カード ゴールド(NL)で十分と言えます。

しかし、「年間100万円以上つかうかも」「クレカ積立もしたい」「特典も無駄なくゲットしたい」という方は、三井住友カード プラチナプリファードの方がお得になります。

もっと詳しい2つのカードの損益分岐点については、三井住友カード プラチナプリファードの公式サイトでもシミュレーション可能です。

もしくは以下の記事で詳しく解説してます。

タイトルとURLをコピーしました