PR
Oliveクレカ×資産運用術クレジットカード三井住友カード

プラチナプリファード新規入会特典を比較!Olive VS 三井住友カード キャンペーン内容まとめ

20代・男性
20代・男性

プラチナプリファードは、Olive三井住友カードどちらで作るべき?

この記事では、プラチナプリファードはOliveか三井住友カードどちらの新規入会特典が有利なのか詳しく比較しています。

これまでプラチナプリファードは、三井住友カードより発行する方法しかありませんでした。

しかし、三井住友銀行の口座管理アプリのOliveが誕生し、 Oliveからもサービス内容が同等のプラチナプリファードの申し込みが可能になりました。

この記事では、三井住友カードかOliveフレキシブルペイどちらのプラチナプリファードのほうが新規入会特典が充実しているのか詳しく比較しています。

お得にプラチナプリファードに入会したい方は必見です。

この記事を読んでわかること
  • 入会キャンペーンの条件が良いプラチナプリファードはどちらか
  • 2種類のプラチナプリファードの特徴と違い
  • Olive、三井住友カードどちらのプラチナプリファードが良いのか

おむこ

この記事を書いている人
  • 31歳 大手金融機関総合職10年目
  • 個人顧客への資産運用、税金対策等のコンサルティング業務を担当
  • FP1級、宅建保有
  • 投資歴10年、保有資産は米国インデックス中心

期間:2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大58,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

さらにSBI証券の新規口座開設 & 取引開始
最大15,100円相当プレゼント
(2024/1/1〜)

【Olive VS 三井住友カード】プラチナプリファードの新規入会特典比較

Oliveフレキシブルペイと三井住友カードどちらでプラチナプリファードを作るか迷っている方は、必ず新規入会特典を比較してみましょう。

Olive、三井住友カード プラチナプリファードの入会特典は以下の通りです。



Olive
フレキシブルペイ
プラチナプリファード
Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファード小
三井住友カード
プラチナプリファード

入会
キャンペーン
入会&利用特典
40,000ポイント

条件達成で
39,100ポイント
最大79,100円
入会&利用特典
40,000ポイント

条件達成で
33,100ポイント
最大73,100円
公式サイト申し込む

\新規入会&利用で58,000円相当プレゼント/
(2024/1/1〜2024/4/21)

【Olive】条件達成で最大39,100円相当+入会&利用特典40,000ポイント

Oliveフレキシブルペイプラチナプリファードの新規入会特典は、5つの項目があり全て達成した場合は最大39,100円相当のポイント付与を受けることができます。

Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファード 入会キャンペーン内容

条件付与額
①Oliveアカウントへの入金
Oliveアカウントへ1万円以上の入金
1,000円相当
②Oliveアカウントへの入金上乗せキャンペーン5,000円相当
Oliveフレキシブルペイ(クレジットモード)新規入会1,000円相当
Oliveフレキシブルペイ(クレジットモード)の利用
利用金額の最大10%のポイント付与(上限17,000P)
最大17,000円相当
SBI証券口座の新規開設 & 対象取引
・SBI証券の新規口座開設
・クレカ積立の利用
・投資信託・株式等の対象取引
最大15,100円相当
※特典付与には条件があり、口座開設とクレジットカード・デビットカードのお取引、証券のお取引も含みます。
※最大39,100円相当は最上位クレジットカードでのお取引が対象になります。

公式サイト

新規入会特典で39,100円相当のポイントを獲得するためには、SBI証券の新規口座開設、株式購入、クレカ積立なども必要になります。39,100円相当以外にも、入会後3ヶ月後末までに40万円以上の利用で40,000円相当のポイントを獲得することができます。

つまり、一部SBI証券利用の項目もありますが、カード利用だけの場合、付与されるポイントは最大24,000円相当となります。40万円利用での利用特典も含めると、最大64,000円相当になります。

三井住友カード プラチナプリファードよりも、6,000円相当分お得になっているので、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードに興味がある方はこの機会を逃さないようにしましょう。

\アプリ開設+各種取引で最大39,100円相当もらえる/

【三井住友カード プラチナプリファード】新規入会&条件達成で最大73,100円

\新規入会&利用で58,000円相当プレゼント/
(2024/1/1〜2024/4/21)

三井住友カード プラチナプリファードの新規入会特典は、Olive プラチナプリファードを上回る内容となっております。

三井住友カード プラチナプリファードの新規入会キャンペーンの場合、新規入会後3ヶ月間で40万円以上カード利用をすれば、40,000円相当のポイントを獲得することができます。

さらに以下の条件を全て達成すると、最大73,100円相当のポイント付与を受けることができます。

三井住友カード プラチナプリファード 入会キャンペーン内容

条件付与額
①【常時開催】カード新規入会 & 利用
入会後3ヶ月で40万円以上の利用
40,000円相当
②【期間限定】キャッシュレスキャンペーン 入会&利用
・新規入会で1,000円相当のVポイントプレゼント
・利用金額の最大10%のポイント付与(上限17,000P)
最大18,000円相当
③SBI証券口座の新規開設 & 対象取引
・SBI証券の新規口座開設
・クレカ積立の利用
・投資信託・株式等の対象取引
最大15,100円相当

公式サイト

常時開催している三井住友カード プラチナプリファードの新規入会キャンペーンの条件は、3ヶ月間で40万円以上のカード利用となっており、利用条件をクリアできれば、年会費を上回る40,000円相当のポイントが付与されます。

\新規入会&利用で58,000円相当プレゼント/
(2024/1/1〜2024/4/21)

大きな支出が決まっているタイミングで加入すれば、クリアできない金額ではないでしょう。

今なら「新規入会と利用キャンペーン」で最大18,000円相当のポイントを獲得することができます。

新規入会で1,000円相当のポイント付与に加えて、入会月+2ヶ月以内に利用した金額の10%分(最大17,000円分)のVポイントを獲得することができます。

三井住友カード プラチナプリファードの新規入会&利用で最大58,000円相当のポイントを獲得することができます。(SBI証券新規口座開設&対象取引で最大73,100円相当

\新規入会&利用で58,000円相当プレゼント/
(2024/1/1〜2024/4/21)

新規入会特典 利用手順

【特典①】入会月+3ヶ月間でカード利用40万円
条件達成で40,000ポイント付与

【特典②】入会月+2ヶ月間でカード利用17万円(特典①と利用額併用可)
条件達成18,000ポイント付与

【特典③】SBI新規口座開設+クレカ積立設定+対象取引
条件達成で15,100ポイント付与
1. SBI証券の口座を開設する
2. SBI証券Vポイントサービスに登録する
3. プラン&キャンペーンにエントリーする
4. 三井住友カードつみたて投資のカード登録、投信積立を設定する
5. 対象の証券取引を行う

期間:2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大58,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

さらにSBI証券の新規口座開設 & 取引開始
最大15,100円相当プレゼント
(2024/1/1〜)

プラチナプリファード新規入会特典は「Olive」がお得

2種類のプラチナプリファードの新規入会特典について比較しました。

カード利用のみを検討している場合(すでにSBI証券の口座を保有)



Olive
フレキシブルペイ
プラチナプリファード
Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファード小
三井住友カード
プラチナプリファード

入会
キャンペーン
入会&利用特典
40,000ポイント

条件達成で
24,000ポイント
最大64,000円
入会&利用特典
40,000ポイント

条件達成で
18,000ポイント
最大58,000円
公式サイト申し込む

カードの利用のみを検討している場合は、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードのほうが6,000円相当新規入会特典の内容が上回ります

Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードの新規入会&利用条件達成で、64,000円相当のポイントを獲得することができます。

キャンペーン内容もシンプルなので、40万円以上のカード利用がクリアできる方であれば、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードがおすすめです。

Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファード 入会キャンペーン内容

(SBI証券のキャンペーン対象外の場合)

条件付与額
①Oliveアカウントへの入金
Oliveアカウントへ1万円以上の入金
1,000円相当
Oliveフレキシブルペイ(デビットモード)への入金
1,000円以上のデビットモードの利用
1,000円相当
Oliveフレキシブルペイ(クレジットモード)新規入会1,000円相当
Oliveフレキシブルペイ(クレジットモード)の利用
利用金額の最大10%のポイント付与(上限17,000P)
最大17,000円相当
※特典付与には条件があり、口座開設とクレジットカード・デビットカードのお取引、証券のお取引も含みます。
※最大39,100円相当は最上位クレジットカードでのお取引が対象になります。

公式サイト

三井住友カード プラチナプリファード 入会キャンペーン内容

(SBI証券のキャンペーン対象外の場合)

条件付与額
①【常時開催】カード新規入会 & 利用
入会後3ヶ月で40万円以上の利用
40,000円相当
②【期間限定】キャッシュレスキャンペーン 入会&利用
・新規入会で1,000円相当のVポイントプレゼント
・利用金額の最大10%のポイント付与(上限17,000P)
最大18,000円相当

公式サイト

一方、三井住友カード プラチナプリファードの場合、カード利用に関する2つの条件をクリアできれば、最大58,000円相当のポイントを獲得することができます。

クレカ積立の新規申し込みを検討している場合



Olive
フレキシブルペイ
プラチナプリファード
Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファード小
三井住友カード
プラチナプリファード

入会
キャンペーン
入会&利用特典
40,000ポイント

条件達成で
39,100ポイント
最大79,100円
入会&利用特典
40,000ポイント

条件達成で
33,100ポイント
最大73,100円
公式サイト申し込む

SBI証券の口座開設、クレカ積立の新規申し込みを検討している場合でも、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードのキャンペーンのほうが有利になっています。

どちらのプラチナプリファードも、新規入会後にSBI証券の口座開設、クレカ積立の設定、対象取引の条件を達成すると15,100円相当のポイントを獲得することができます。

ポイント獲得に必要な条件やポイント付与額は同じなので、カード利用でのキャンペーン内容でお得な「Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファード」の新規入会特典を利用するほうが6,000円相当有利になっています。

\アプリ開設+各種取引で最大39,100円相当もらえる/

※特典付与には条件があり、口座開設とクレジットカード・デビットカードのお取引、証券のお取引も含みます
※最大39,100円相当は最上位クレジットカードでのお取引が対象になります
※2024/4/21まで

クレカ積立やSBI証券の口座開設などのキャンペーン詳細は別記事で紹介しております。

【Olive VS 三井住友カード】プラチナプリファードの特典を比較

新規入会特典以外のサービス内容は同じなの?

新規入会特典は、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードのほうが良い内容となっています。

\新規入会&利用で58,000円相当プレゼント/
(2024/1/1〜2024/4/21)

その他のカードのサービス内容は差があるのでしょうか。

ここからは、新規入会特典以外の内容について、2枚のプラチナプリファードを比較します。

プラチナプリファード基本情報



Olive
フレキシブルペイ
プラチナプリファード
Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファード小
三井住友
カード
プラチナプリファード
年会費33,000円(税込)33,000円(税込)
特典前年100万円の利用ごとに
継続特典10,000ポイント
(最大40,000ポイント)
プレゼント

プリファードストア(特約店)
で、通常ポイントに加えて
1〜14%の追加ポイント

海外利用では還元率3%
前年100万円の利用ごとに
継続特典10,000ポイント
(最大40,000ポイント)
プレゼント

プリファードストア(特約店)
で、通常ポイントに加えて
1〜14%の追加ポイント

海外利用では還元率3%
国際ブランドVisaVisa
還元率
(クレジット)
1.0%1.0%
還元率
(デビット)
1.0%
還元率
(ポイント払い)
0.25%
対象のコンビニ
・飲食店での
還元率
最大20%最大7%
選べる特典毎月2つ選べる
家族カード年会費無料年会費無料
公式サイト申し込む

※対象のサービスのご利用状況に応じて、対象のコンビニ・飲食店でのご利用時に、通常のポイント分を含んだ最大20%ポイントが還元されます。
※商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。
※ポイント還元率の合算は、複数のVポイントアッププログラムの条件を達成した場合、20%を超える事がございますが、景品表示法の定めに基づき、実際にポイントアップされる還元率の上限は20%までとなります。
※最大7%内訳(通常ポイント1.0%+スマホのタッチ決済利用6.0%)。iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

Olive フレキシブルペイプラチナプリファードとは

Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードは、三井住友銀行の口座管理アプリOliveに連携しているカードになります。

新規発行するためには、Oliveアプリの登録と三井住友銀行の口座開設が必要になります。Oliveの会員登録や銀行口座が指定されている点など、カード発行に関する制約が多く、申し込みのハードルが高いのが難点です。

新規入会特典の内容については、三井住友カード プラチナプリファードよりもお得な内容になっているのが大きなメリットの一つですね。

➡︎ Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードの公式サイト

三井住友カード プラチナプリファードとは

\新規入会&利用で58,000円相当プレゼント/
(2024/1/1〜2024/4/21)

三井住友カード プラチナプリファードは、三井住友カードからOliveのような制約はなく、簡単な申し込みでカードを発行することができます。

引き落とし口座の指定などもないため、三井住友銀行以外がメインバンクの方も安心してカードを利用することができます

➡︎ 三井住友カード プラチナプリファードの公式サイト

カード利用時のポイント還元率は同様

Olive、三井住友カードいずれのプラチナプリファードもカード利用時のポイント還元率は1%となっています。

2つのカードの違いが、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードは、デビット払いやポイント払いもポイントが付与される点です。

ポイント還元率は、通常のカード利用時と同等かそれ以下となっています。



Olive
フレキシブルペイ
プラチナプリファード
Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファード小
三井住友
カード
プラチナプリファード
還元率
(クレジット)
1.0%1.0%
還元率
(デビット)
1.0%
還元率
(ポイント払い)
0.25%
公式サイト申し込む

対象のコンビニ・飲食店での還元率はOliveに軍配



Olive
フレキシブルペイ
プラチナプリファード
Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファード小
三井住友
カード
プラチナプリファード
対象のコンビニ
・飲食店での
還元率
最大20%最大7%
公式サイト申し込む
※注釈

プラチナプリファードの魅力のひとつが、対象のコンビニや飲食店でのポイント還元率が良い点です。

対象のコンビニ・飲食店でのカード利用で、三井住友カードは最大7%、Oliveは最大20%のポイント還元を受けることができます。(※注釈)

➡︎ Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードの公式サイト

日頃からコンビニや外食の機会が多い方にとっては、非常に魅力的なサービス内容といえます。

とはいえ、最大のポイント還元率の適用を受けるには、以下の条件を全てクリアする必要があります。

三井住友カード プラチナプリファード

条件還元率
通常のポイント還元率1%
対象のコンビニ、飲食店での利用+6%
合計最大7%
申し込む
※注釈

Olive フレキシブルペイ プラチナプリファード

条件還元率
通常のポイント還元率1%
対象のコンビニ、飲食店での利用+6%
家族登録最大+5%
(1人につき+1%)
Oliveアカウント
選べる特典
+2%
Oliveアカウント契約
+アプリログイン
+1%
Oliveアカウント契約
+住宅ローン契約
+1%
SBI証券での取引最大+2%
OliveとSMBCモビット
の連携・利用
+1%
住友生命の利用最大+2%
合計最大20%
公式サイト
※注釈

※対象のサービスのご利用状況に応じて、対象のコンビニ・飲食店でのご利用時に、通常のポイント分を含んだ最大20%ポイントが還元されます。
※商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。
※ポイント還元率の合算は、複数のVポイントアッププログラムの条件を達成した場合、20%を超える事がございますが、景品表示法の定めに基づき、実際にポイントアップされる還元率の上限は20%までとなります。
※ 最大7%内訳(通常ポイント1.0%+スマホのタッチ決済利用6.0%)。商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

対象のコンビニ・飲食店での利用時のポイント還元率は、Oliveプラチナプリファードの条件の方が良い内容となっています。

➡︎ Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードの公式サイト

とはいえ、ポイント還元率の判定条件には、家族カード5名登録や住宅ローンの借り入れなど難しい条件も含まれているため、現実的には20%のポイント還元を受けることは難しいといえます。

達成できる条件によって、ポイント還元率は変わりますが、Oliveのポイント還元率は10%-12%程度を見積もるのが妥当ではないでしょうか。
(通常還元率 1% + 特約店上乗せ 6% + Olive選べる特典 2% + Oliveアカウントログイン 1% + α)

Oliveプラチナプリファードの場合、SBI証券での取引が盛んであれば、12%以上の還元率が期待できます。

\新規入会&利用で58,000円相当プレゼント/
(2024/1/1〜2024/4/21)

➡︎ 三井住友カード プラチナプリファードの公式サイト

三井住友カード プラチナプリファードは年会費家族カードが無料



Olive
フレキシブルペイ
プラチナプリファード
Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファード小
三井住友カード
プラチナプリファード
家族カード年会費無料年会費無料
公式サイト申し込む

Olive プラチナプリファードは家族カードの設定がありませんでしたが、家族カードの発行が可能となりました。これで三井住友カード プラチナプリファードとの機能面での差はほとんどなくなりました。

年会費無料の家族カードの場合でも高いポイント還元を受けることができるので、家族カードの利用を検討しているような場合でも、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードを選択できるようになったことは大きいですね。

ちなみにクレカ積立は、家族カードは対象外となっています。クレカ積立を利用する場合は、自身が本会員となったクレジットカードを用意する必要があります。

\アプリ開設+各種取引で最大39,100円相当もらえる/

まとめ|結局どちらのプラチナプリファードがおすすめ?

新規入会特典とサービス内容を比較しましたが、結局どちらのプラチナプリファードがおすすめなのでしょうか。

結論、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードの方がキャンペーン内容は6,000円相当お得な内容になっています。家族カードの発行も可能となり機能面でも改善が進んでいます。

なので、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードは、三井住友銀行が引き落とし口座になる点が気にならないのであれば、かなりおすすめです。

三井住友カード プラチナプリファードが向く人

三井住友カード プラチナプリファードはこんな人におすすめ
  • 引き落とし口座を三井住友銀行以外に設定したい方

三井住友カード プラチナプリファードは、これまで家族カードが発行できる唯一のプラチナプリファードであり、キャンペーン内容もお得でしたが、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードがかなりキャンペーンや機能面を改善してきたので、メリットが小さくなりました。

三井住友カード プラチナプリファードを選択するべき人は、三井住友銀行以外の銀行口座を引き落とし口座に設定したい方になります。

期間:2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大58,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードが向く人

Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードはこんな人におすすめ
  • 新規入会特典が良いプラチナプリファードを選びたい方
  • 対象のコンビニ・飲食店での利用機会が多い方
  • 家族カードの発行も可能

【Oliveが良い人】新規入会特典が良いプラチナプリファードを選びたい方

Oliveでプラチナプリファードを保有する一番のメリットは、やはりキャンペーン内湯尾が充実していることでしょう。

三井住友カード プラチナプリファードよりも、さらに6,000円相当分キャンペーン内容がお得になっています。さらに家族カードも発行可能となったため、三井住友カード プラチナプリファードを選ぶメリットがかなり小さくなりました。

よりお得なキャンペーンのプラチナプリファードを利用したい方は、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードを選択すると良いかと思います。

\アプリ開設+各種取引で最大39,100円相当もらえる/

【Oliveが良い人】対象のコンビニ・飲食店での利用機会が多い方

Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードは、対象のコンビニ・飲食店でのポイント還元率が三井住友カード プラチナプリファードを上回ります

Olive プラチナプリファードの場合、対象のコンビニ・飲食店での還元率が最大20%で、還元率は達成できる条件によって異なります。※下記注釈

三井住友カード プラチナプリファードに比べると、最大還元率が13%高く設定されていますが、現実的に達成できる条件は+3~5%程度だと思います。

日頃から、コンビニや飲食店の利用頻度が多い方にとっては、この3%のポイント還元率の差が決め手になるかもしれません。

※対象のサービスのご利用状況に応じて、対象のコンビニ・飲食店でのご利用時に、通常のポイント分を含んだ最大20%ポイントが還元されます。
※商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。
※ポイント還元率の合算は、複数のVポイントアッププログラムの条件を達成した場合、20%を超える事がございますが、景品表示法の定めに基づき、実際にポイントアップされる還元率の上限は20%までとなります。
※ 最大7%内訳(通常ポイント1.0%+スマホのタッチ決済利用6.0%)。商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。



Olive
フレキシブルペイ
プラチナプリファード
Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファード小
三井住友
カード
プラチナプリファード
カード利用のみ
の場合
入会&利用特典
40,000ポイント

条件達成で
24,000ポイント
最大64,000円
入会&利用特典
40,000ポイント

カード利用条件達成で
18,000ポイント
特典は58,000円
SBI証券
で新規取引
を行なった場合
入会&利用特典
40,000ポイント

条件達成で
39,100ポイント
最大79,100円
入会&利用特典
40,000ポイント

条件達成で
33,100ポイント
特典は73,100円
公式サイト申し込む

\アプリ開設+各種取引で最大39,100円相当もらえる/

※特典付与には条件があり、口座開設とクレジットカード・デビットカードのお取引、証券のお取引も含みます
※最大39,100円相当は最上位クレジットカードでのお取引が対象になります
※2024/4/21まで
タイトルとURLをコピーしました