PR
クレジットカードサラリーマン節税三井住友カード暮らしとお金

三井住友カード プラチナプリファードのふるさと納税ポイント還元率【まとめ】

ふるさと納税に有利なカードを教えて!

三井住友カード プラチナプリファードは、ふるさと納税のポイント還元率が5%です。

この記事では、三井住友カード プラチナプリファードでふるさと納税を行なった場合のポイント還元の仕組みについて詳しく紹介しています。

この記事を読んでわかること
  • 5%ポイント還元対象のふるさと納税サイト
  • 三井住友カード プラチナプリファードでふるさと納税を行なって得られるポイント額
  • 三井住友カード プラチナプリファードは年会費の元を取れるのか?
  • 三井住友カード プラチナプリファードのお得な入会方法

おむこ

この記事を書いている人
  • メガバンク勤務 12年目
  • 子供1人 30代共働き夫婦
  • 個人顧客への資産運用、税金対策等のコンサルティング業務を担当
  • FP1級、宅建保有

期間:2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大58,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

三井住友カード プラチナプリファードとは

三井住友カードが発行する「三井住友カード プラチナプリファード」は、公式サイトでは『ポイント特化型のプラチナカード』と紹介されています。

三井住友カード プラチナプリファードは、プラチナカードに付帯されることの多い「旅行」や「食事」のサービス、「コンシェルジュサービス」などを削ぎ落としたシンプルなステイタスカードになっています。

ポイント特化型カードを歌うだけあり、カード利用時のポイント還元率は、通常のプラチナクラスのカードを上回る内容となっています。

三井住友カード プラチナプリファード 基本情報

三井住友カード プラチナプリファードは、プラチナステータスの特典内容が厳選されているため、年会費は他のプラチナカードよりも割安となっています。

同じく三井住友カードが発行する三井住友カードプラチナの年会費が55,000円(税込)なのに対し、三井住友カード プラチナプリファードの年会費は33,000円(税込)となっています。

三井住友カード プラチナプリファードは。20歳以上で安定収入があれば、カードの申し込みは可能です。もちろん、カード会社の審査はありますが、入会要件だけ見る限りでは、入会のハードルが低いプラチナカードといえます。

三井住友カード
プラチナプリファード
年会費33,000円
(税込)
還元率1〜10%
詳細はこちら
※ プリファードストア(特約店)利用で通常還元率+1~9%

新規入会は今がチャンス!

\新規入会&利用で58,000円相当プレゼント/
(2024/1/1〜2024/4/21)

三井住友カード プラチナプリファード ポイント還元率

三井住友カード プラチナプリファードは、上手に使いこなすと年間数十万円のポイントを得ることも夢ではありません

通常のカード利用時のポイント還元率は1%と他のプラチナステイタスのカードと大差はありませんが、ポイントアップの特典内容が多く用意されているため、それらを使いこなすと大きなポイントを得ることができます。

プラチナプリファード ポイントサービス内容
  • カード利用時のポイント還元率1%
  • プリファードストア(特約店)での利用で最大10%のポイント還元
  • ポイントアップモール経由での買い物で最大+9.5%のポイント還元※1
  • クレカ積立のポイント付与率5.0※2
  • ふるさと納税のポイント還元率5%
  • カード継続で最大40,000円相当のポイント付与あり
  • 新規入会&利用特典で最大58,000円相当のポイント付与あり
    (2024/1/1〜2024/4/21)

1※2024年1月現在
※ポイント還元率は予告なく変更となる場合がございます。
2※毎月の積立額の上限は5万円です。
 ※三井住友カードつみたて投資のご利用金額は、プラチナプリファードの新規入会&利用特典、継続特典の付与条件であるご利用金額の集計対象となりません。

クレジットカード利用以外のポイントの貯め方

三井住友カード プラチナプリファードは、カード利用以外でもポイントを貯めることができます。

投資信託の積立を三井住友カード プラチナプリファード経由で行うことで、積立金額の5.0%がポイント付与されます(※1)。

※1 毎月の積立額の上限は5万円。三井住友カードつみたて投資のご利用金額はプラチナプリファードの新規入会&利用特典、継続特典の付与条件であるご利用金額の集計対象とはなりません。

仮に、年間60万円(月5万円)積立投資を行えば、年間30,000円相当のポイントを獲得することができます。

三井住友カード プラチナプリファードで積立投資を行なうと、さらにお得にポイントを貯めることができます。

期間:2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大58,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

三井住友カード プラチナプリファード × ふるさと納税で5%還元

三井住友カード プラチナプリファードは、プリファードストア(特約店)利用時のポイント還元率が最大10%となっています。

大手ふるさと納税サイトもプリファードストア(特約店)に含まれており、三井住友カード プラチナプリファードでふるさと納税を行うと納税金額の5%がポイント還元される仕組みになっています。

5%ポイント還元対象のふるさと納税サイト

三井住友カード プラチナプリファードでのふるさと納税5%還元対象となるのは、さとふるふるなびの2社です。

ポイント還元を受けるためには、ポイント付与には会員専用サイト「For Platinum Preferred Members」経由の利用が必要です。

5%5%

ふるさと納税ポイント還元額シミュレーション

三井住友カード プラチナプリファードでふるさと納税を行なった場合、得られるポイント額はどれくらいになるのでしょうか。

具体的な金額でシミュレーションしたいと思います。

寄付額ポイント還元率
5%
ポイント還元率
1%
5万円2,500円500円
8万円4,000円800円
10万円5,000円1,000円
20万円10,000円2,000円

ポイント還元率1%のカードと比較すると、得られるポイント差は歴然です。

節税目的で利用するふるさと納税で、これだけのポイント還元を受けることができるのは、非常にメリットが大きいと感じます。

ふるさと納税で貯まったポイントの利用方法

三井住友カード プラチナプリファードの利用で得られるVポイントは1ポイント=1円として、さまざまな方法で使用することができます。

カードの請求額に充てたり、SBI証券で投資商品を買い付けすることもでき、ポイントを1円単位で無駄なく利用することができます。

Vポイントの使い道
  • 1円から店舗やネットショッピングで利用
  • カードの請求額に充当
  • 三井住友銀行の振込手数料に充当
  • amazonギフト券、Appleギフトカードなどへ交換
  • 景品交換
  • ANAマイレージに移行
  • SBI証券の投資信託の買付に移行

新規入会は今がチャンス!

\新規入会&利用で58,000円相当プレゼント/
(2024/1/1〜2024/4/21)

三井住友カード プラチナプリファード 年会費の損益分岐点

ふるさと納税のポイント還元率が5%とはいえ、年会費33,000円(税込)かかる三井住友カード プラチナプリファードを利用するメリットがあるのか迷う方も多いと思います。

年会費の元を取れる年間利用額はいくらなのでしょうか。

三井住友カード プラチナプリファード 年間ポイント還元額

三井住友カード プラチナプリファードは、プリファードストアやクレカ積立を活用すれば年間の利用額がさほど大きくなくても十分なポイント還元を受けることができるカードといえます。

プリファードストア(特約店)などを一定額利用したと仮定して、得られるポイント額を計算しました。

プラチナプリファード 年間ポイント還元額目安

カード利用額
年50万円
(月約4.2万円)
カード利用額
年100万円
(月約8.3万円)
カード利用額
年150万円
(月約12.5万円)
カード利用額
年200万円
(月約16.6万円)
クレカ積立
なし
11,825P33,650P35,475P67,300P
クレカ積立
年12万円
(月1万円)
17,825P39,650P41,475P73,300P
クレカ積立
年40万円
(月3.3万円)
31,825P53,650P55,475P87,300P
クレカ積立
年60万円
(月5万円)
41,825P63,650P65,475P97,300P
※ 特約店などを一定額利用したと仮定して計算、カード継続時のポイント付与も加算

上記のポイント還元額に加え、新規入会特典で最大58,000円相当のポイントを獲得することができます。

新規入会特典で約2年分の年会費相当のポイントを獲得することができますので、カードの利用額が年間100万円程度であっても十分保有するメリットはあるように思います。

カードの支払額が多かったり、クレカ積立を利用すれば、年間10万円相当以上のポイントを獲得することも夢ではありません。

三井住友カード プラチナプリファードは家族カードの年会費が無料ですので、家族で利用するのもポイント獲得の近道といえます。

期間:2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大58,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

三井住友カード プラチナプリファード 新規入会キャンペーン

新規入会&利用で最大58,000円相当のポイント付与

現在、三井住友カード プラチナプリファードは新規入会キャンペーンを実施しています。

新規入会&利用で最大58,000円相当のポイントを獲得することができます。

さらに、SBI証券の新規口座開設&対象取引で最大78,100円相当のポイントを獲得することができます。

最大ポイントの獲得条件は以下の通りです。

【特典①】
40万円以上のカード利用 40,000ポイント付与

【特典②】
キャッシュレスプラン増額キャンペーン 最大18,000ポイント付与
(2024年1月1日〜2024年4月21日

【特典③】
SBI新規口座開設+取引キャンペーン 最大15,100ポイント付与
(2024年1月4日〜)

三井住友カード プラチナプリファードの新規入会キャンペーンは、2024年4月21日までの期間限定となっていますので、申し込みは今がおすすめです。

期間:2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大58,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

さらにSBI証券の新規口座開設 & 取引開始
最大15,100円相当プレゼント
(2024/1/1〜)

三井住友カード プラチナプリファード 新規入会方法

三井住友カード プラチナプリファードの入会要件は以下の通りです。

プリファードの入会要件(本会員)
  • 原則として、満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
プリファードの入会要件(家族カード)
  • 生計を共にする配偶者、満18歳以上のお子さま(高校生を除く)、ご両親

三井住友カード プラチナプリファードは、20歳以上で安定収入があれば、カードの申し込みは可能です。もちろん、カード会社の審査はありますが、入会要件だけ見る限りでは、入会のハードルが低いプラチナカードといえます。

公式HPより必要情報を入力すれば簡単にカードの入会審査を受けることができます。お手元に「運転免許証などの本人確認書類」と「金融機関のキャッシュカードか通帳」を用意して下記の公式サイトより入会手続きを行ってください。

\新規入会&利用で58,000円相当のポイントプレゼント/
(2024/1/1〜2024/4/21)

まとめ|ふるさと納税は三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファードは、ふるさと納税のポイント還元率が5%のため、寄付額が大きい方ですと大きなポイント還元を期待することができます。

毎年行うふるさと納税のポイント還元率が高い点は、三井住友カード プラチナプリファードの大きなメリットのひとつといえます。

三井住友カード プラチナプリファードは、カードの新規入会特典や特約店でのカード利用をうまく使いこなせば、初年度は数十万円相当のポイント獲得も夢ではありません。

迷われている方は、新規入会キャンペーンが実施されている今が申し込みのチャンスです。

プラチナプリファード 初年度ポイント還元額目安
新規入会キャンペーン利用時(58,000P付与と仮定)

カード利用額
年50万円
(月約4.2万円)
カード利用額
年100万円
(月約8.3万円)
カード利用額
年150万円
(月約12.5万円)
カード利用額
年200万円
(月約16.6万円)
クレカ積立
なし
71,825P93,650P95,475P127,300P
クレカ積立
年12万円
(月1万円)
77,825P99,650P101,475P133,300P
クレカ積立
年40万円
(月3.3万円)
91,825P113,650P115,475P147,300P
クレカ積立
年60万円
(月5万円)
101,825P123,650P125,475P157,300P
※特約店などを一定額利用したと仮定して計算、カード継続時のポイント付与も加算

期間:2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大58,000円相当プレゼント

\お申し込みはこちら/

さらにSBI証券の新規口座開設 & 取引開始
最大15,100円相当プレゼント
(2024/1/1〜)

※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

タイトルとURLをコピーしました