PR
20代30代の資産運用クレジットカード三井住友カード暮らしとお金

【比較】三菱UFJカードと三井住友カード(NL)はどっちがお得?|三井住友カード(NL)がおすすめな理由

この記事では、「三菱UFJカード」と「三井住友カード(NL)」はどっちがお得なのかを徹底的に比較していきます。

三菱UFJカードは、名前の通り三菱UFJフィナンシャル・グループが発行するクレジットカードになります。

最近、対象のコンビニ・飲食店でのポイント還元率が「最大19%還元」になったりと、話題となっているため、同クラスの「三井住友カード(NL)」と仕様を比較してみようと思います。

* 三井住友カード(NL)は同時申し込みがかなりおすすめ

* 三井住友カード(NL)キャンペーン情報

この記事を読んでわかること
  • 三菱UFJカードの基本情報/仕様
  • 三菱UFJカードと三井住友カード(NL)はどっちがお得なのか?
  • 三菱UFJカードと三井住友カード(NL)はどっちが使いやすいか?
  • 三菱UFJカードや三井住友カード(NL)のキャンペーン情報

おむこ

この記事を書いている人
  • 32歳 大手金融機関総合職10年目
  • 個人資産の運用コンサル業務を担当
  • FP1級、宅建保有
  • 三井住友カード プラチナプリファード 使用中
    (SBI証券で月5万クレカ積立実施中)
  • Oliveフレキシブルペイ 一般 使用中

三菱UFJカードとは?|三菱UFJ銀行のクレジットカード

最近、CMやメディアでも話題の「三菱UFJカード」ですが、どのようなカードなのでしょうか。

三菱UFJカードの基本情報を見ていきます。

* 三菱UFJカードとは?

三菱UFJカード
カード名三菱UFJカード
カード
ブランド
Visa、Mastercard、
JCB、American Express
年会費[本会員] 1,375円(税込)
[家族会員] 440円(税込)

初年度年会費無料翌年度以降、本会員または家族会員の
前年度の年間ショッピングご利用が1回以上で年会費無料
※学生は在学中年会費無料
申込資格18歳以上でご本人または配偶者に
安定した収入のある方
または18歳以上で学生の方
利用可能枠10〜100万円
学生の方:10〜30万円
ポイント
システム
MUFGカード グローバルポイント
ためる:1,000円で1ポイント
つかう:1ポイント最大5円相当
ポイント
還元率
0.5%還元
対象のコンビニ・飲食店:最大19%還元
対象のコンビニ
・飲食店還元率
最大15%還元
(最大19%還元※3
海外旅行
傷害保険
最高2,000万円(利用付帯)
追加可能
カード
ETC、家族カード、UnionPay
公式サイト

選択可能なカードブランド

三菱UFJカードでは、4種類のカードを選択することが可能です。

 三菱UFJカード
カード
ブランド
Visa、Mastercard、
JCB、American Express
公式サイト

「Visa」「Mastercard」「JCB」「American Express」の主要4社は全て発行可能となっており、選択肢が広いですね。

どのカードブランドでもタッチ決済対応可能となっており、対象のコンビニ・飲食店ではタッチ決済にてポイント還元率が高まります。

申し込み資格

申し込み資格は、本会員の方は「18歳以上でご本人または配偶者に安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方」となります。

家族会員の方は「本会員の配偶者(同性パートナーを含む)・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方」となっています。

ちなみに、本会員が学生の場合には家族カードを申し込むことができませんので注意が必要です。

年会費

三菱UFJカード
年会費[本会員] 1,375円(税込)
[家族会員] 440円(税込)

初年度年会費無料翌年度以降、本会員または家族会員の
前年度の年間ショッピングご利用が1回以上で年会費無料
※学生は在学中年会費無料
公式サイト

三菱UFJカードの年会費ですが、本会員の場合通常は「1,375円(税込)」となります。

ただし、初年度は無料で、次年度以降も年に1度以上ショッピング利用があれば年会費は無料となります。

また家族カードは年会費440円で、本会員同様の条件で無料となり、学生の方は在学中は年会費が無料となります。

ややこしいですが、とにかく年に1度以上利用すれば無料、利用しなければ1,375円(税込)の年会費が必要となるということになります。

利用可能枠(金額)

三菱UFJカードの利用可能枠ですが、ゴールドやプラチナカードクラスではなく、スタンダードクラスのカードなので「10〜100万円」となります。

また学生の方は「10〜30万円」となり、一般的なクレジットカードと差はありません。

一時的に利用枠を増やして欲しい時などは、カード会社に相談することも可能です。

ポイント還元率/ポイントシステム

三菱UFJカード
ポイント
システム
MUFGカード グローバルポイント
ためる:1,000円で1ポイント
つかう:1ポイント最大5円相当
ポイント
還元率
0.5%還元
対象のコンビニ
・飲食店還元率
最大15%還元
(最大19%還元※3
公式サイト

三菱UFJカードのポイント還元率は、「1,000円=1ポイント」となります。この1ポイントは最大5円分相当」となります。

三菱UFJカードのポイント還元率
  • 1000円=1ポイント
  • 1ポイント=最大5円
  • ➡︎ 0.5%還元(1000円単位でポイント付与)

また対象のコンビニ・飲食店での利用に限り、最大19%までポイント還元率がアップします。

これが、三菱UFJカードの魅力の一つとなりそうですね。

このあたりのポイント還元率などは、後ほど、三井住友カード(NL)と徹底的に比較していきます。

追加カード(家族カード)

三菱UFJカード
年会費[本会員] 1,375円(税込)
[家族会員] 440円(税込)
追加可能
カード
ETC、家族カード、UnionPay
公式サイト

追加カードで「ETCカード(発行に1,100円(税込)必要、年会費無料)、UnionPay(銀聯、発行に1,100円(税込)必要、年会費無料)、家族カード」の3つが選択可能です。

三菱UFJカードと三井住友カード(NL)を徹底比較

ではここから、「三菱UFJカード」と「三井住友カード(NL)」を比較していきます。

最初に、表で整理しておきます。細かいところは、このあと各項目解説していきます。

* 三菱UFJカードと三井住友カード(NL)の比較

三菱UFJカード
三井住友カード(NL)
カード名三菱UFJカード三井住友カード(NL)
アプリMUFGカードアプリVpassアプリ
カード
ブランド
Visa、Mastercard、
JCB、American Express
Visa、Mastercard
年会費※1[本会員] 1,375円(税込)
[家族会員] 440円(税込)
永年無料
申込資格18歳以上でご本人または配偶者に
安定した収入のある方
または18歳以上で学生の方
18歳以上でご本人または配偶者に
安定した収入のある方
または18歳以上で学生の方
利用
可能枠
10〜100万円
学生の方:10〜30万円
10〜100万円
学生の方:10〜30万円
ポイント
システム
MUFGカード
グローバルポイント
ためる:1,000円で1P
つかう:1ポイント最大5円
Vポイント

100円=0.5P

1ポイント=最大1円
ポイント
還元率
0.5%還元0.5%還元
ポイント利用特典学生ポイント制度
家族ポイント制度
Vポイントアッププログラム
対象のコンビニ
・飲食店還元率
最大15%還元
(最大19%還元※3
最大7%還元
(最大20%還元※2
海外旅行
傷害保険
最高2,000万円
(利用付帯)
最高2,000万円
(利用付帯)
追加可能
カード
ETC、家族カード
UnionPay
ETC、家族カード
UnionPay
公式サイト公式サイト
※1 初年度年会費無料。翌年度以降、本会員または家族会員の前年度の年間ショッピングご利用が1回以上で年会費無料、学生は在学中年会費無料
※2 Oliveフレキシブルペイや、家族ポイント制度、SBI証券などの利用で還元率アップ
※3 2024年7月31日(水)までの期間限定特典

年会費|三井住友カード(NL)が有利

まず、年会費ですが、三菱UFJカードは年会費が無料というわけではありません。

* 三菱UFJカードと三井住友カード(NL)の年会費比較

三菱UFJカード
三井住友カード(NL)
年会費※1[本会員] 1,375円(税込)
[家族会員] 440円(税込)
永年無料
公式サイト公式サイト
※1 初年度年会費無料。翌年度以降、本会員または家族会員の前年度の年間ショッピングご利用が1回以上で年会費無料、学生は在学中年会費無料

なので、年会費に関しては、無条件での永年年会費が無料の「三井住友カード(NL)」の方が有利だといえます。

さらに、家族カードに関しても、三菱UFJカードは440円必要ですが、三井住友カード(NL)は何枚でも永年無料となっており、こちらも優れていることがわかりますね。

カードブランド|三菱UFJカードが多い

三菱UFJカード
三井住友カード(NL)
カード
ブランド
Visa、Mastercard、
JCB、American Express
Visa、Mastercard
公式サイト公式サイト

続いて、カードブランドですが、これに関しては、三菱UFJカードの方が選択肢が多くなっています。

三菱UFJカードは、主要4社全てから選択でしますが、三井住友カード(NL)は「Visa,Mastercard」の2社しか選択できません。

JCBなどを選択したい場合は、三菱UFJカードを選択するしかありません。

ポイント還元率・システム|三井住友カード(NL)が有利

三菱UFJカード
三井住友カード(NL)
ポイント
システム
MUFGカード
グローバルポイント
ためる:1,000円で1P
つかう:1ポイント最大5円
Vポイント

100円=0.5P

1ポイント=最大1円
公式サイト公式サイト

ポイントシステムですが、三菱UFJカードは「MUFGカードグローバルポイント」が貯まる仕組みになっています。このポイントは「1000円=1ポイント」となっており、その1ぽいんとは最大5円分相当となるため、実質的には0.5%還元となります。

一方で、三井住友カード(NL)は100円で0.5ポイント(Vポイント)が貯まります。還元率は0.5%で同じですが、少し三井住友カード(NL)の方が有利かと思います。

もし、月の利用額が「9800円」だった場合に得られるポイントは以下になります。

  • 三菱UFJカード:9ポイント(45円相当)
  • 三井住友カード(NL):49ポイント(49円相当)

三菱UFJカードは利用金額1000円毎にポイントが付与されるため、少しだけですが、三菱UFJカードの方がポイントが貯まりにくい仕組みになっています。

この点でも、100円毎にポイントが付与される三井住友カード(NL)の方が優れているのではないかと思います。

ポイント還元アップの条件|使い方によってどっちが有利か変化

三菱UFJカードや三井住友カード(NL)は対象のコンビニ・飲食店でのポイント還元率がアップします。

* 三菱UFJカードと三井住友カード(NL)の比較

三菱UFJカード
三井住友カード(NL)
対象のコンビニ
・飲食店還元率
最大15%還元
(最大19%還元※3
最大7%還元
(最大20%還元※2
公式サイト公式サイト
※2 Oliveフレキシブルペイや、家族ポイント制度、SBI証券などの利用で還元率アップ
※3 2024年7月31日(水)までの期間限定特典

対象のコンビニ・飲食店でのポイント還元率は、それぞれカードの使い方によって変化します。

三菱UFJカードのポイントアップの仕組み

例えば、三菱UFJカードのポイントアップの仕組みは以下のとおりです。各条件を満たせばどんどんポイントがアップする仕組みです。

* 三菱UFJカードのポイントアップの仕組み

ポイント
基本還元率0.5%
対象のコンビニ・飲食店での利用+5.0%
月々の利用金額に応じて★最大+1.5%
MUFGカードアプリログイン★+0.5%
楽Payご登録 or 分割払い1万円以上★+5.0%
スマホタッチ決済★+0.5%
携帯or電気料金支払い★+0.5%
「★」の項目のうち4つ満たすと+1.5%
最大15%還元
【期間限定】支払い口座三菱UFJ銀行設定で+4.0%
最大19%還元

期間限定で+4.0%となっていること、分割払いの利用で+5.0%となっていることから、最大15%や19%はややハードルが高い印象ですが、それでも9-10%還元は狙えるのではという印象です。

三井住友カード(NL)の還元率アップの仕組み

三井住友カード(NL)のポイントアップの仕組みも見ていきます。

* 三井住友カード(NL)のポイントアップの仕組み

ポイント
基本還元率0.5%
対象のコンビニ・飲食店で
スマホタッチ決済の利用
+6.5%
最大7%還元
家族ポイントの活用最大+5.0%
SBI証券の利用最大+2.0%
最大14%還元
Oliveフレキシブルペイ
と2枚持ちしている方
最大20%還元

三井住友カード(NL)の場合、スマホタッチ決済をするだけで「7%還元」となり、ここまではかなりハードルが低くなっています。

そこから、三井住友カード本会員の家族がいれば、家族登録することで一人につき+1%(最大+5%)までポイント還元率が加算されます。さらにSBI証券の利用もあり、条件を満たせば+2%となり、最大14%還元が三井住友カード(NL)の仕様となっています。

ただし、Oliveフレキシブルペイと2枚持ちしている三井住友カード(NL)利用者は、Vpassアカウント内でポイント還元率が高いものが全てのカードに適用されるため、三井住友カード(NL)でも条件を満たせば最大20%還元で対象のコンビニ・飲食店を利用することが可能です。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

ポイントアップの対象店舗|三井住友カード(NL)が有利

では実際にポイント還元率がアップする対象のコンビニ・飲食店は、どれぐらいあるのでしょうか。

比較してみましょう。

三菱UFJカードの対象のコンビニ・飲食店
  • セブン-イレブンローソンコカ・コーラ自販機ピザハットオンライン
  • 松屋・松のや・マイカリー食堂(店舗の券売機でのご利用分)、松弁ネット・松屋モバイルオーダー・松弁デリバリー
三井住友カード(NL)の対象のコンビニ・飲食店
  • セイコーマート、セブン-イレブン、ポプラ、ミニストップ、ローソン、マクドナルドモスバーガー、サイゼリヤ、ガスト、バーミヤン、しゃぶ葉、ジョナサン、夢庵、その他すかいらーくグループ飲食店ドトールコーヒーショップ、エクセルシオール カフェ、かっぱ寿司
    ※商業施設内にある店舗など、一部ポイント加算の対象にならない店舗がございます。

これを見る限り、三井住友カード(NL)の方が対象のコンビニ・飲食店が多いことがわかります。

三井住友カード(NL)でしか対象とならない対象のコンビニ・飲食店も多く、現時点では三井住友カード(NL)の方が有利かと思われます。

セキュリティ面|2枚とも安心できるカード

続いて、セキュリティ面ですが、2枚とも安心して使用できるカードとなっています。ただ、個人的には三井住友カード(NL)の方がより安心度の高いカードかなと思います。

理由は、三井住友カード(NL)はナンバーレスでカードに番号が印字されていません。

一方で、三菱UFJカードは裏面にカード情報が印字されています

つまり紛失した際、三井住友カード(NL)の方が不正利用しにくい仕様となっているということになります。

家族カード|2枚とも発行可能

三菱UFJカード
三井住友カード(NL)
年会費※1[本会員] 1,375円(税込)
[家族会員] 440円(税込)
永年無料
追加可能
カード
ETC、家族カード
UnionPay
ETC、家族カード
UnionPay
公式サイト公式サイト
※1 初年度年会費無料。翌年度以降、本会員または家族会員の前年度の年間ショッピングご利用が1回以上で年会費無料、学生は在学中年会費無料

家族カードに関しても、両カードとも発行可能ですが、若干三井住友カード(NL)の方がお得かなと思います。

三菱UFJカードは、家族カードも年会費が必要になってくるのに対し、三井住友カード(NL)は家族カードが何枚でも年会費永年無料で利用することができます。

この点からも、家族カードを検討している場合、三井住友カード(NL)の方がメリットが大きいかなと思われます。

キャンペーン|三井住友カード(NL)が有利

最後に、キャンペーン情報です。こちらも色々と条件もありますが、三井住友カード(NL)の方が有利かと思われます。

* 三菱UFJと三井住友カード(NL)のキャンペーン比較

三菱UFJカード
三井住友カード(NL)
キャンペーン最大15,000円
相当のポイント獲得
最大18,600円
相当のポイント獲得
公式サイト公式サイト

三菱UFJカードでは、ショッピング利用額に対して最大15,000円分相当のポイント付与の特典があります。最大ポイントを獲得するためには、10万円以上の利用が必要となります。

一方で、三井住友カード(NL)は最大5万円の利用+SBI証券でのクレカ積立で最大18,600円分を獲得することが可能です。

* 三井住友カード(NL)のキャンペーン情報

三菱UFJカードの方が有利な点

ここまで、三菱UFJカードと、三井住友カード(NL)を比較してきました。

まずは、三菱UFJカードが有利な点、このカードでしかできないことを整理しましょう。

三菱UFJカードのメリット
  • 単体カードで対象のコンビニ・飲食店での還元率最大15%
    (三井住友カード(NL)は最大7%+α)
  • いまなら最大19%の還元(2024年7月31日(水)まで)
  • コカ・コーラ自販機、ピザハットオンラインを高い還元率で利用できる
  • JCBカード、America Expressブランドを選択できる
  • 10万円以上の利用で、最大15,000円分のポイントが付与される

やはり対象のコンビニ・飲食店でのポイント還元率は高いと思います。一部ハードルが高いものもありますが、普通に利用できれば、9-10%は誰でも獲得できるようなポイントシステムになっています

なので、対象のコンビニ・飲食店を利用する場合、三菱UFJカードも一つの選択肢になるのではないでしょうか。

三井住友カード(NL)の方が有利な点

反対に、三井住友カード(NL)が有利な点を整理していきます。

三井住友カード(NL)のメリット
  • 単体カードで対象のコンビニ・飲食店での還元率最大7%
    (家族登録、SBI証券利用で最大14%還元)
  • 年会費が永年無料(家族カードも何枚でも無料)
  • 対象のコンビニ・飲食店の数が多い
  • 100円単位に対して、ポイントが還元される(0.5%還元)
  • クレカ積立でポイントが付与される
  • ナンバーレスになっているためよりセキュリティ面も安心できる
  • 新規入会&利用特典で最大18,600円分のポイントが獲得できる

個人的には、まだまだ三井住友カード(NL)の方が使いやすいカードかなという印象です。

理由は、「年会費が永年無料で何も気にせずとりあえず持てる」という点と、クレカ積立でも利用でき、対象のコンビニ・飲食店もかなり多くあるため利用機会が多く、実際にお得な場面が多いと思います。

新規入会&利用特典も三井住友カード(NL)の方が若干ですが、金額は高く設定されており、とりあえずスタンダードクラスのカードを持ちたい方は、三井住友カード(NL)の方が間違いないかなという印象です。

まとめ|三菱UFJカードより今は三井住友カード(NL)の方が有利かも

この記事では、三菱UFJカードの仕様を確認し、三井住友カード(NL)を比較しました。

JCBやAmerican Expressを選択したい方は、三菱UFJカードがおすすめですが、それ以外の項目では、三井住友カード(NL)の方が便利・お得かなという印象です。

三菱UFJカード
三井住友カード(NL)
カード
ブランド
Visa、Mastercard、
JCB、American Express
Visa、Mastercard
年会費※1[本会員] 1,375円(税込)
[家族会員] 440円(税込)
永年無料
ポイント
システム
MUFGカード
グローバルポイント
ためる:1,000円で1P
つかう:1ポイント最大5円
Vポイント

100円=0.5P

1ポイント=最大1円
ポイント利用特典学生ポイント制度
家族ポイント制度
Vポイントアッププログラム
対象のコンビニ
・飲食店還元率
最大15%還元
(最大19%還元※3
最大7%還元
(最大20%還元※2
対象のコンビニ
・飲食店の数
△:少ない◎:かなり多い
家族カード年会費必要何枚でも永年無料
キャンペーン最大15,000円分最大18,600円分
公式サイト公式サイト
※1 初年度年会費無料。翌年度以降、本会員または家族会員の前年度の年間ショッピングご利用が1回以上で年会費無料、学生は在学中年会費無料
※2 Oliveフレキシブルペイや、家族ポイント制度、SBI証券などの利用で還元率アップ
※3 2024年7月31日(水)までの期間限定特典

表で比較しても、三井住友カード(NL)の方がメリットは大きいかなという内容となっています。

いまなら最大18,600円分相当の新規入会&利用特典がじっしされているので、この機会を逃さないようにしてくださいね。

期間2024/1/1〜2024/4/21
新規入会&利用で最大6,000円相当プレゼント
年会費永年無料

\お申し込みはこちら/

タイトルとURLをコピーしました