PR
20代30代の資産運用Oliveクレカ×資産運用術クレジットカード三井住友カード暮らしとお金

【まとめ】Oliveフレキシブルペイの新規入会&利用キャンペーン(2024年3月)

30代・男性
30代・男性

Oliveフレキシブルペイのキャンペーン情報について知りたい

20代・女性
20代・女性

3種類のOliveフレキシブルペイや、三井住友カード(NL)シリーズのカードって、結局どれがお得なの?

現在、Oliveでは最大40,100円相当のポイントプレゼントキャンペーンが実施されています。

さらに、上位カードにおいては、初年度年会費無料(最大33,000円相当)も開催されており、かなりお得にOliveフレキシブルペイを始めることが可能です。

この記事では、現在開催されているOliveフレキシブルペイのキャンペーンについて、詳しく解説していきます。

3枚のOliveフレキシブルペイ
  • Oliveフレキシブルペイ 一般
  • Oliveフレキシブルペイ ゴールド
  • Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファード

Olive フレキシブルペイは3枚のカードが準備されています。それぞれのカードは、作成するOliveアカウントのクラスによって発行されます。回は、3枚すべてのOliveフレキシブルペイのキャンペーンについて詳しく解説していきますね。

この記事はこんな方におすすめ
  • Oliveフレキシブルペイに興味がある
  • Oliveフレキシブルペイのキャンペーンや特典をお得にゲットしたい方
  • Oliveフレキシブルペイと三井住友カード(NL)シリーズのキャンペーンを比較したい方

* Oliveフレキシブルペイのキャンペーン

現在、Oliveでは最大40,100円相当を獲得できる新規入会&利用キャンペーンが実施されています。Oliveアカウント作成後、入金やクレジットモードの利用などだけでも最大25,000円相当を獲得でき、かなりお得なのでこの機会を逃さないようにしましょう。

\アプリ開設+各種取引で最大39,100円相当もらえる/

※特典付与には条件があり、口座開設とクレジットカード・デビットカードのお取引、証券のお取引も含みます
※最大39,100円相当は最上位クレジットカードでのお取引が対象になります
※2024/4/21まで

おむこ

この記事を書いている人
  • ファイナンシャルプランナー(1級)
  • 32歳 銀行員(メガバンク総合職)
  • 個人資産の運用コンサルを担当
  • 三井住友カード プラチナプリファード 使用中
    (SBI証券で月5万クレカ積立実施中)
  • Oliveフレキシブルペイ 一般 使用中

※ 本記事は、三井住友銀行ホームページの入会キャンペーン・利用特典の内容を要約した内容になります

Oliveフレキシブルペイのキャンペーンを3枚でまとめて比較

最初に、一覧表として、3枚のOliveフレキシブルペイの新規入会&利用キャンペーンの内容を比較します。

* 3枚のOliveフレキシブルペイのキャンペーン比較



Olive
フレキシブルペイ
プラチナプリファード
Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
Olive
フレキシブルペイ
一般
年会費33,000円(税込)
初年度無料
5,500円(税込)
初年度無料
永年無料
1. Olive
アカウント入金
1,000円相当
Vポイント
1,000円相当
Vポイント
1,000円相当
Vポイント
2. デビット
モード利用
1,000円相当
Vポイントギフトコード
1,000円相当
Vポイントギフトコード
1,000円相当
Vポイントギフトコード
3. クレジット
モード新規入会
1,000円相当
Vポイント
1,000円相当
Vポイント
1,000円相当
Vポイント
4. クレジット
モードの利用
最大17,000円分最大8,000円分最大5,000円分
5. SBI証券の
口座開設&利用
最大15,100円分最大13,100円分最大12,600円分
1〜5の合計最大35,100円相当最大24,100円相当最大20,600円相当
6. 初年度
年会費無料
33,000円相当5,500円相当永年無料
7. 年間100万円利用で
翌年以降年会費永年無料
年間100万円利用で
翌年以降年会費永年無料
8. 年間100万円利用
毎に利用継続特典
最大40,000円相当最大10,000円相当
公式サイト公式サイト公式サイト
※ 年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は三井住友カードのホームページを必ずご確認ください

最大35,100円相当のキャンペーン+初年度年会費が無料

Oliveフレキシブルペイは、最大35,100円相当の新規入会&利用キャンペーンが開催されています。

最大35,100円相当を獲得できるのはOliveフレキシブルペイ プラチナプリファードとなっており、ゴールドや一般の場合、キャンペーン内容は少し劣ります。

それでも、ゴールドの場合は初年度年会費が無料となることもあり、年間100万円以上の利用があればずっと年会費を無料で利用することも可能です。

Oliveフレキシブルペイ一般は、元々年会費が永年無料のため余計なコストを払わずに、対象のコンビニ・飲食店での最大20%還元の恩恵を受けることが可能となっており、無駄なお金を支払うことなく、まずは高い還元率を試してみたい方にオススメのカードです。

3枚それぞれのキャンペーンの詳細

すでに、発行したいOliveフレキシブルペイが決まっている方は、以下の記事内リンクからそのカードの詳細までスキップしてご確認ください。

各キャンペーンについて詳細を確認したい方はこのまま読み進めてください。キャンペーンの詳細を解説した後、各カード毎に内容をまとめています。

Oliveフレキシブルペイのキャンペーンの詳細

では、Oliveのキャンペーン内容について、各項目を詳しく見ていきます。

現在、Oliveの新規入会&利用キャンペーンは細かく見ると、全部で6つの内容が実施されています。

Oliveフレキシブルペイの入会特典
  1. Oliveアカウント入金プラン:1,000円相当
  2. Oliveデビットモード新規入会&利用:1,000円相当
  3. Oliveクレジットモード新規入会:1,000円相当
  4. Oliveクレジットモード利用:最大17,000円相当
  5. SBI証券利用:最大15,100円相当
  6. 初年度年会費が無料

 → 合計:35,100円分の入会特典+初年度年会費(最大33,000円相当)無料

1. Oliveアカウント入金|1,000円相当

* Oliveアカウント入金|1,000円相当



Olive
フレキシブルペイ
プラチナプリファード
Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
Olive
フレキシブルペイ
一般
年会費33,000円(税込)
初年度無料
5,500円(税込)
初年度無料
永年無料
1. Olive
アカウント入金
1,000円相当
Vポイント
1,000円相当
Vポイント
1,000円相当
Vポイント

1つ目が「Oliveアカウントへの入金」になります。Oliveアカウントに10,000円以上入金「1000円分のVポイント」がもらえます。

Oliveフレキシブルペイを検討している方は、Oliveアカウントの登録や三井住友銀行の口座が必須となります。新たに口座開設を行い、口座に10,000円以上の入金をすると、1,000円分返ってくることになります。利用する口座に10,000円入金するだけで1,000円もらえるのは大きいですね。

このキャンペーンは、三井住友カード ゴールド(NL)では実施されておらずOliveフレキシブルペイだけの入会キャンペーンとなります。

2. Oliveデビットモード新規入会&利用|1,000円相当

* Oliveデビットモード新規入会&利用|1,000円相当



Olive
フレキシブルペイ
プラチナプリファード
Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
Olive
フレキシブルペイ
一般
2. デビット
モード利用
1,000円相当
Vポイントギフトコード
1,000円相当
Vポイントギフトコード
1,000円相当
Vポイントギフトコード

2つ目は「Olive新規入会&デビットモード決済利用キャンペーン」です。

期間中にOliveアカウントに新規申込し、Oliveフレキシブルペイ(デビットモード)入会日の翌々月末までにデビットモード1,000円以上利用すると、1000円分のVポイントギフトコードを獲得することができます。

1000円分の買い物をOliveフレキシブルペイ ゴールドのデビットモードで行うだけで、1000円分のVポイントギフトコードがもらえるのは嬉しいですね。

対象者は、Oliveフレキシブルペイ入会時点で、過去にSMBCデビットまたはOliveフレキシブルペイをお持ちではない方です。期間は2024年1月1日(月)~2024年3月31日(日)となります。

3. クレジットモード新規入会|1,000円相当

* クレジットモード新規入会|1,000円相当



Olive
フレキシブルペイ
プラチナプリファード
Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
Olive
フレキシブルペイ
一般
3. クレジット
モード新規入会
1,000円相当
Vポイント
1,000円相当
Vポイント
1,000円相当
Vポイント

3つ目はクレジットモード新規入会に関するキャンペーンです。Oliveフレキシブルペイを発行し、クレジットモードに登録するだけで、1000円分のVポイントをもらうことができます。

ただし、対象者は「2021年2月1日(月)以降、新規で指定クレジットカード(※)または、対象のOliveフレキシブルペイを発行した履歴がない方、2023年12月31日(日)時点で指定クレジットカード(※)または、対象のOliveフレキシブルペイをお持ちではない方」となっている点が注意です。

  • ※三井住友カードが指定するカード一覧
    ・三井住友カードVISA(NL)
    ・三井住友カードVISA(SMBC)
    ・三井住友カード ゴールドVISA(NL)
    ・三井住友カードプライムゴールドVISA(SMBC)
    ・三井住友カードゴールドVISA(SMBC)
    ・三井住友カード プラチナプリファード
    ・三井住友カード プラチナ
    ・その他三井住友カード発行の純プロパーカード 
    ・SMBC CARD(キャッシュカード一体型クレジットカード)
    ・Oliveフレキシブルペイ(クレジットモード)

過去に、三井住友カードのカードを発行したことがある方は対象になるかよく確認が必要ですが、Oliveフレキシブルペイを発行しクレジットモードに登録するだけで1000円分のVポイントがもらえるのでかなり嬉しいキャンペーンですね。

4. クレジットモードの利用|最大17,000円相当

* クレジットモードの利用|最大17,000円相当



Olive
フレキシブルペイ
プラチナプリファード
Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
Olive
フレキシブルペイ
一般
4. クレジット
モードの利用
最大17,000円分最大8,000円分

最も額の大きいキャンペーン内容です。Oliveフレキシブルペイのクレジットモードを利用した内容です。Oliveフレキシブルペイのクレジットモードで利用した金額の10%分(最大17,000円相当)のポイントが付与されます。

いずれも利用対象となる期間があります。クレジットモードの利用対象期間は「Oliveフレキシブルペイ 発行月+2か月後末まで」になります。

例えば、3/1にOliveフレキシブルペイ ゴールド発行手続きを行い、3/8に発行完了となった場合は、3月+2か月=5月、つまり5/31までに利用した金額を対象に、最大17,000円分を受け取ることが出来ます。

新生活前後で大きな買い物をする予定のある方も多いと思います。かなりお得なキャンペーンなので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

5. SBI証券の利用|最大15,100円相当

* SBI証券の利用|最大15,100円相当



Olive
フレキシブルペイ
プラチナプリファード
Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
Olive
フレキシブルペイ
一般
5. SBI証券の
口座開設&利用
最大15,100円分最大13,100円分最大12,600円分

①:口座開設+クレカ積立

Oliveフレキシブルペイの場合、三井住友銀行経由で、SBI証券の口座開設を行い、その後クレカ積立を設定・利用すると、通常の還元率とは別に、クレカ決済額に対し(最大5,000円分)のVポイントが還元されます。

SBI証券利用でのキャンペーン①
  • 口座開設|三井住友銀行経由
  • クレカ積立設定|Oliveフレキシブルペイ(クレジットモード)
  • エントリー|Vpassアプリから

この3つのステップを踏んで、SBI証券の口座開設月の+2ヶ月後の10日時点までのクレカ積立決済額に対して、最大5,000円分の追加ポイントが付与され、通常クレカ積立のポイントと合わせて、最大5,000円分のポイントが付与されます。

②:国内/米国株式の利用でさらにクレカ積立還元

2段階目は、①の「口座開設+クレカ積立」の条件達成者が対象です。NISA口座の開設や、日本株式・米国株式を利用すると、クレカ積立決済額に対し、さらに追加でポイントが付与されます。

SBI証券利用でのキャンペーン
  • 投資信託ののスポット購入:最大1000円分
    • 合計3万円以上のスポット購入
  • 国内株式(現物)の購入:最大1000円分
    • 合計3万円以上の購入
  • 米国株式(現物)の購入:最大4000円分
    • 合計$200以上の購入
  • 債券の購入:最大4000円分
    • 円貸建:10万円以上 or
    • 外貨建:金額指定なし

最大で10,000円分のポイントが追加で付与されるので、もしこれからNISAでの運用、クレカ積立、少しだけ日本株式や米国株式をチャレンジしてみたい方にとって、かなりチャンスとなってます。

2024年1月にはNISA制度が改訂され、資産運用の重要性が増しています。その中で、Oliveフレキシブルペイとの相性が良いSBI証券の口座とあわせたキャンペーンはかなり魅力がありますね。

クレジットカード(Oliveフレキシブルペイのクレジットモード)で投資信託を購入出来れば、入金などの手間暇が省けるのに加えて、クレカ決済額に対するポイント付与もあるのでお得に・効率的に資産運用を始めることが可能です。

6. 初年度年会費無料

* 初年度年会費無料|最大33,000円相当



Olive
フレキシブルペイ
プラチナプリファード
Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
Olive
フレキシブルペイ
一般
6. 初年度
年会費無料
33,000円(税込)
初年度無料
5,500円(税込)
初年度無料
永年無料

以上の5つの項目で、最大35,100円相当のキャンペーンとなっています。実はもう一つ入会キャンペーンがあります。それは「初年度年会費が無料」です」。

Oliveフレキシブルペイの年会費は、三井住友カード(NL)シリーズと同じ金額で設定されています。しかしOliveフレキシブルペイのみ初年度年会費無料のキャンペーンが実施されています。

つまり、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードの場合は33,000円(税込)が初年度無料となります。ゴールドでも5,500円(税込)相当が無料となっており、年間100万円以上の利用があれば、ゴールドは年会費無料で永年無料資格を得ることが可能です。

三井住友カード(NL)シリーズにはないキャンペーン内容になっているので、Oliveフレキシブルペイに興味がある方はこの機会を逃さないようにしてくださいね。

新規入会&利用キャンペーンの注意点

Oliveフレキシブルペイの新規入会&利用キャンペーンにはいくつか条件があるので確認しておきましょう

Oliveフレキシブルペイの入会キャンペーンの条件
  • Oliveアカウント入金|1,000円分
    (対象者)三井住友銀行の口座を保有していない方
  • Oliveデビットモード新規入会&利用:1,000円分
    (対象者)過去に以下の対象カードを発行したことが無い人
  • Oliveクレジットモード新規入会:1,000円分
    (対象者)過去に以下の対象カードを発行したことが無い人
  • クレジットモード利用|最大17,000円分
    (対象者)過去に以下の対象カードを発行したことが無い人
  • SBI証券の利用|最大15,100円分
    (対象者)SBI証券の口座を持ってない人
  • 三井住友カード(NL)、三井住友カード ゴールド(NL)、三井住友カード プラチナプリファード、三井住友カード(旧名称:三井住友カード クラシック)、三井住友カード ゴールド、三井住友カード プラチナ、Oliveフレキシブルペイ (クレジットモード)、Oliveフレキシブルペイ ゴールド(クレジットモード)Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファード(クレジットモード)、など、他や詳細は三井住友カードホームページに記載

キャンペーン対象外の人はどうする?

基本的に、Oliveフレキシブルペイのキャンペーンを全てゲットするためには、「三井住友銀行、三井住友カード、SBI証券」を利用したことが無い人が対象となってしまいます。対象外の方がキャンペーンをもらう裏技はありません。なので、仕方ないので割り切るしかありません。

キャンペーン対象外の人は以下のどちらかに進むしかないかと思います。

Oliveキャンペーン対象外の場合
  • キャンペーンは諦めるがOliveの高いポイント還元率を活用する
    → Olive一般カードで十分、三井住友カード(NL)と2枚持ちする
  • Oliveは諦めて三井住友カード(NL)シリーズを利用する

全て利用したことが無くて、これから三井住友銀行やSBI証券を利用する予定の方は、Oliveフレキシブルペイは非常に便利なカードだと思います。

三井住友カード(NL)シリーズとOliveフレキシブルペイの違いについて確認したい方は、以下の記事などを参考にしてみてください。

Oliveフレキシブルペイの利用継続特典

続いて、入会キャンペーンではなく、Oliveフレキシブルペイの「利用継続特典」について解説します。

Oliveフレキシブルペイ ゴールドや、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードには、新規入会&利用キャンペーン以外に、「2つ」の利用特典があります。

Oliveフレキシブルペイの利用継続特典
  • 年間100万円以上の利用で次年度以降年会費が永年無料
    ※ ゴールドのみ
  • 年間100万円の利用毎に10,000円相当のポイント付与
    ※ ゴールドは最大10,000円相当
    ※ プラチナプリファードは最大40,000円相当

7. 年間100万円利用で翌年以降年会費永年無料

* 年間100万円利用で翌年以降年会費永年無料



Olive
フレキシブルペイ
プラチナプリファード
Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
Olive
フレキシブルペイ
一般
年会費33,000円(税込)
初年度無料
5,500円(税込)
初年度無料
永年無料
7. 年間100万円利用で
翌年以降年会費永年無料
年間100万円利用で
翌年以降年会費永年無料
※ 年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は三井住友カードのホームページを必ずご確認ください

Oliveフレキシブルペイ ゴールドは、年会費が5,500円(税込)が必要となります。しかし、年間の利用額が100万円以上となれば、次年度以降の年会費は永年無料となります。

これは、三井住友カード ゴールド(NL)でも同じ仕様となっており、年間100万円以上で次年度以降の年会費は永年無料となります。

Oliveフレキシブルペイ ゴールドの場合は、「初年度の年会費も無料」となっているため、初年度に100万円以上の利用がある場合は、初年度から次年度以降も年会費が無料でゴールドカードが利用できる仕様となっています。

この点が、三井住友カード ゴールド(NL)との大きな違いになり、その分、Oliveフレキシブルペイ ゴールドの方がお得にゴールドカードの利用を始めることが可能です。

8. 年間100万円利用ごとに利用継続特典

* 年間100万円利用ごとに利用継続特典



Olive
フレキシブルペイ
プラチナプリファード
Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
Olive
フレキシブルペイ
一般
8. 年間100万円利用
毎に利用継続特典
最大40,000円相当最大10,000円相当
※ 年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は三井住友カードのホームページを必ずご確認ください

Oliveフレキシブルペイでは、プラチナプリファードとゴールドのみ利用継続特典で年間の利用額に対して最大40,000円相当のポイント付与があります。

年間100万円の利用ごとに、10,000円相当のポイントが付与されるシステムで、プラチナプリファードの場合最大40,000円相当まで受け取ることが可能です。

例えば、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードで年間100万円利用すると、通常のポイント還元1%分(10,000円相当)に加えて、利用継続特典でさらに10,000円相当獲得できるため、これだけで通常のポイント還元率が2%相当になります。

Oliveフレキシブルペイ ゴールドの場合でも、最大10,000円相当まで受け取ることができ、それだけで年間100万円利用すれば1.5%相当のポイント還元になります。同クラスのカードよりも高いポイント還元率でカードを利用することが可能です。

さらに、Oliveフレキシブルペイでは対象のコンビニ・飲食店での還元率が最大20%となっていることからも、いかに高いポイント還元率を実現できるカードなのかがわかると思います。

年間100万円〜程度の利用であれば、Oliveフレキシブルペイ ゴールドがおすすめ、それ以上の年間利用額の場合、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードがおすすめとなります。

Oliveフレキシブルペイ 一般のキャンペーン

Oliveフレキシブルペイ 一般のキャンペーン詳細

Oliveフレキシブルペイ 一般の入会特典は以下の通りです。

Oliveフレキシブルペイ 一般のキャンペーン内容
  1. Oliveアカウント入金プラン:1,000円分
  2. Oliveデビットモード新規入会&利用:1,000円分
  3. Oliveクレジットモード新規入会:1,000円分
  4. Oliveクレジットモード利用:最大5,000円分
  5. SBI証券利用:最大15,100円分相当
  6. 初年度年会費無料はなし(元々年会費が永年無料)

 → 合計:20,600円分の入会特典

現在、Oliveフレキシブルペイでは最大35,100円相当のキャンペーンが実施されていますが、Oliveフレキシブルペイ 一般の場合は実質的に最大20,600円相当のキャンペーンとなります。

その理由は、主に、クレジットモード利用のキャンペーン内容がOliveフレキシブルペイ プラチナプリファードに比べて、内容が劣るためです。年会費が永年無料のカードとなるので、そのあたりで差別化されているためかと思われます。

それでも、SBI証券での利用を除いても最大8,000円相当のキャンペーンを年会費無料のカードで獲得できるのはかなり嬉しいですね。年会費無料で「8,000円分の特典」「SMBCの各種手数料メリット」「高いポイント還元率」などを受けることができるので、Oliveフレキシブルペイ 一般は作っておいて損は無いかと思います。

三井住友カード(NL)と比べると?



Olive
フレキシブルペイ 一般
三井住友カード
(NL)
年会費永年無料永年無料
新規入会&利用
キャンペーン
最大20,600円相当最大18,600円相当
公式サイト公式サイト

同クラスの三井住友カード(NL)と、Oliveフレキシブルペイ 一般を比較すると、2,000円相当分だけOliveフレキシブルペイ 一般の方がお得なキャンペーン内容となっています。

Oliveアカウント入金プラン・Oliveデビットモード新規入会&利用の分だけ、お得になっていることがわかります。両項目とも、それほどハードルが高いキャンペーンではなく、アカウント作成と1,000円の利用で獲得できるキャンペーンです。

もし三井住友カード(NL)とOliveフレキシブルペイ 一般を迷われている場合、以下の記事を参考にするか、キャンペーンがお得な方がよければ、Oliveフレキシブルペイ 一般がおすすめです。

Oliveフレキシブルペイ ゴールドのキャンペーン

Oliveフレキシブルペイ ゴールドのキャンペーン詳細

Oliveフレキシブルペイ ゴールドの入会特典は以下の通りです。

Oliveフレキシブルペイ ゴールドのキャンペーン内容
  1. Oliveアカウント入金プラン:1,000円分
  2. Oliveデビットモード新規入会&利用:1,000円分
  3. Oliveクレジットモード新規入会:1,000円分
  4. Oliveクレジットモード利用:最大8,000円分
  5. SBI証券利用:最大15,100円分
  6. 初年度年会費(5,500円)が無料

 → 合計:24,100円分の入会特典+初年度年会費5,500円分無料

Oliveフレキシブルペイでは最大35,100円相当のキャンペーンが実施されていますが、Oliveフレキシブルペイ ゴールドの場合は実質的に最大24,100円相当のキャンペーンとなります。

主には、Oliveクレジットモード利用の内容がOliveフレキシブルペイ プラチナプリファードに比べて、やや劣ります。Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードはゴールドよりもさらに高いクラスのカードなのである程度仕方がありません。

それでもOliveフレキシブルペイ ゴールドは最大24,100円相当と初年度年会費無料が魅力的です。初年度年会費が無料なので、初年度に年間100万円を利用すると、年会費が永年無料でOliveフレキシブルペイ ゴールドを利用することが可能となります。

三井住友カード ゴールド(NL)の場合、初年度年会費無料の特典はないので、必ず初年度の年会費が必要となります。この差がOliveフレキシブルペイ ゴールドの嬉しいメリットになりますね。

三井住友カード ゴールド(NL)と比べると?



Olive
フレキシブルペイ
ゴールド
三井住友カード
ゴールド
(NL)
年会費5,500円(税込)
初年度無料
5,500円(税込)
新規入会&利用
キャンペーン
最大24,100円相当最大22,100円相当
公式サイト公式サイト
※ 年間100万円のご利用で翌年以降の年会費永年無料。年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は三井住友カードのホームページを必ずご確認ください

Oliveフレキシブルペイ ゴールド と三井住友カード ゴールド(NL)のキャンペーンを比較すると、先ほどと同じくOliveフレキシブルペイの方が2,000円相当分お得なキャンペーンになっています。

さらにOliveフレキシブルペイ ゴールドの場合は、初年度年会費無料(5,500円相当)もあるので、かなりお得感があります。初年度に年間100万円以上利用すればずっと年会費無料でOliveフレキシブルペイ ゴールドを利用することが可能となります

Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードのキャンペーン

Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードのキャンペーン詳細

Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードの入会特典は以下の通りです。

Oliveフレキシブルペイプラチナプリファードの入会特典
  1. Oliveアカウント入金プラン:1,000円分
  2. Oliveデビットモード新規入会&利用:1,000円分
  3. Oliveクレジットモード新規入会:1,000円分
  4. Oliveクレジットモード利用:最大17,000円分
  5. SBI証券利用:15,100円分
  6. 初年度年会費無料:33,000円分

→ 合計:最大35,100円相当+初年度年会費無料(33,000円相当)

Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードのキャンペーンは最大35,100円相当になります。SBI証券の利用がない、もしくはすでに利用している方でもそれ以外の項目で最大20,000円相当のキャンペーンが実施されています。

さらに初年度無料の特典は、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードも対象となっているため、33,000円(税込)の初年度年会費を無料で利用することが可能です。

最大35,100円相当+初年度年会費無料33,000円相当で合計68,100円相当のキャンペーンを受け取ることが可能となっており、年間の利用額に応じて最大40,000円相当のポイント付与もあるため、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードはかなり注目されています。

三井住友カード プラチナプリファードとの比較



Olive
フレキシブルペイ
プラチナプリファード
三井住友カード
プラチナ
プリファード
年会費33,000円(税込)
初年度無料
33,000円(税込)
新規入会&利用
キャンペーン
最大35,100円相当最大33,100円相当

40,000円相当
公式サイト公式サイト

三井住友カード プラチナプリファードとのキャンペーンを比較すると、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードは初年度年会費が無料となっていますが、三井住友カード プラチナプリファードはその分40,000円相当のポイント付与のキャンペーンが実施されています。

簡単にまとめると、キャンペーン内容だけ見ると、三井住友カード プラチナプリファードの方が5,000円相当お得な内容になっています。ただし、三井住友カード プラチナプリファードの40,000円相当のポイント付与を受けるには、40万円以上の利用が必要となっています。

以下の記事で、かなり詳しく2枚のプラチナプリファードのキャンペーン内容を比較していますのでご確認ください。

キャンペーンより対象のコンビニ・飲食店のポイント還元率が重要

現在の新規入会&利用キャンペーンでは、最大35,100円相当を獲得できます。Oliveフレキシブルペイの魅力は、新規入会&利用キャンペーンだけではありません。

対象のコンビニ・飲食店でのポイント還元率が最大20%となるのが最大の魅力になります。

Oliveフレキシブルペイがどれぐらいお得なのか、簡単に試算してみた

では、どれぐらいお得になるのか、簡単に試算してみましょう。

現実的には「10-12%」程度のポイント還元率になる?

Oliveフレキシブルペイは対象のコンビニ・飲食店でのポイント還元率が最大20%とは言え、実際のところ条件なども多く、最大値の20%を獲得するのはなかなか難しいです。

現実的には「10-12%」あたりになるかと思います。著者も実際にOliveフレキシブルペイを利用していますが、対象のコンビニ・飲食店でのポイント還元率は「11%」となっています。

それでも、月数千円はOliveフレキシブルペイはお得にポイントが貯まる

他、以下の条件として、Oliveフレキシブルペイと、それ以外の一般的なクレジットカードで試算してみましょう。

試算条件|Oliveフレキシブルペイ
  • 一般的なクレジットカード、ゴールドカードの還元率を「0.5%~1.0%」と仮定
  • Oliveの対象のコンビニ・飲食店のポイント還元率を「11%」と仮定
  • この差を見ると、Oliveフレキシブルペイを対象店舗で使うと「+10%」分お得

仮に、対象のコンビニ・飲食店を月に2万円分利用する場合、月で2000円Oliveだとお得になります。

年間だと、24,000円分となり、現在の新規入会&利用キャンペーンに匹敵するレベルのポイントを獲得することが可能です。

なので、新規入会&利用キャンペーンだけでなく、対象のコンビニ・飲食店を日常的に利用する方にとっては、Oliveフレキシブルペイは利用する価値があると言えます。

まとめ|Oliveフレキシブルペイのキャンペーン

この記事では、Oliveフレキシブルペイの新規入会&利用キャンペーンや利用特典をまとめました。

現在、最大35,100円相当のポイントなどを獲得できるチャンスとなっています。さらにOliveフレキシブルペイは対象のコンビニ・飲食店での最大20%の高い還元率が大きな魅力です。

対象店舗をよく利用する方は、Oliveフレキシブルペイであれば、キャンペーン以上にお得に利用することも可能なので、これを機に利用してみてはいかがでしょうか。

三井住友カード(NL)シリーズのカードで、対象のコンビニ・飲食店のポイント還元率「最大20%」を実現するには、Oliveフレキシブルペイの2枚持ちがおすすめです!

以下に、2枚持ちや、Oliveフレキシブルペイと三井住友カード(NL)シリーズの比較記事をまとめましたので、興味がある方は参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました