ETFファンド分析

スポンサーリンク
米国株投資

VOOとは?バンガード・S&P500 ETFの銘柄,株価,内容を紹介。VTI,QQQとの違いを解説

この記事では、VOO:バンガード・S&P500 ETFを分析・紹介します。VOOは最も有名で人気のなる米国ETFです。VOOの構成銘柄・過去のチャートを分析し、VTIやQQQと比較することで、VOOのメリットデメリットを紹介します。S&P500指数への投資が注目され、国内でもSBI V S&P500など人気が高いです。
米国株投資

【VT,VTI】全世界と全米 どちらに投資するべきか。銘柄・配当・チャートを比較しおすすめを紹介

この記事ではバンガード米国ETFのVTとVTIを比較します。VTは全世界へ、VTIは全米株式へ一括投資できる便利なETFです。おすすめはVTではなく、VTI+VWOの組み合わせです。その理由を構成銘柄・国別割合・シミュレーションの中でメリット・デメリットを紹介し説明します。他にもVEAについても分析します。
米国株投資

S&P500(VOO)・NASDAQ100(QQQ)の違い・構成銘柄を解説。どっちがおすすめなのか?

この記事ではQQQとVOOを比較します。NASDAQ100のQQQは近年著しい成長で人気ですが、S&P500のVOOとどっちがおすすめなのか、メリットデメリットを分析します。またシミュレーションでリターン、配当金、また構成銘柄も徹底比較していきます。
米国株投資

【2大ETF】VTI vs VOOどっちがおすすめか分析。リターン・下落リスク・構成銘柄を比較

バンガード社の米国ETFであるVTIとVOOを比較します。米国市場へ投資する際の2大ETFですが、どちらの方が優れているのかを銘柄・リターン・下落リスクを過去のデータを用いたシミュレーションの中で比較し分析します。VTIとVOOはどちらも優れた銘柄で長期投資に向きです。最近投資信託でも購入可能となり今回の比較は必見です
米国株投資

VHT(ヘルスケア)とVGT(情報技術)とVOO(S&P500)どれがオススメか分析【ETF比較】

VHT、VGT、VOOの比較シミュレーションを行います。3つのETFはバンガード社のヘルスケア、情報技術、S&P500セクターのETRであり各メリット・デメリットがあります。VHTは下落相場に強く、VGTは成長率が高い、VOOはVGTやVHTを牽引する企業も含みます。またVOOは投資信託利用で管理面でメリットがあります
米国株投資

XLK:テクノロジーセレクトセクターSPDR ETFの株価・銘柄を分析。VGTとどっちがオススメか

XLKの銘柄・株価・チャート分析します。VGTと比べると、XLKはS&P500採用銘柄のみから構成されるのが特徴です。XLK(テクノロジーセレクトセクターSPDRファンド)は、過去20年間を比較分析するとSPYやVOOよりもリターンは大きいですがリスクも大きいです。しかしテクノロジーセクターは更なる成長が期待できます
米国株投資

VGT:バンガード・米国情報技術 ETFの銘柄・チャート・株価を分析。VOOとどっちがオススメか

VGTの銘柄・株価・チャート分析します。バンガード・米国情報技術セクターETFは、過去15年間を比較分析するとS&P500よりもリスクはありますが、それ以上にリターンが大きく優秀な銘柄です。またヘルスケアセクターVHTとVOOと比較します。情報技術セクターは、今後も私たちの生活に欠かせず、更なる成長が期待されてます。
米国株投資

VHT:バンガード・米国ヘルスケアETFの銘柄・チャート・株価を分析。VOOとどっちが良いか?

VHTの銘柄・株価・チャート分析します。バンガード・米国ヘルスケア・セクターETFは、過去15年間を比較分析するとS&P500よりもリスクを抑えつつリターンは大きい銘柄と考えられます。またヘルスケア部門は、コロナウイルス以降注目度が高く、さらに民主党は当初より医療体制改善を公約にあげており今後更なる成長が期待できます。
ETF•個別株

VXUSとは?VTとの違い・株価・チャート・銘柄を分析。米国を除く全世界株式ETFの実力を紹介

この記事はVXUS:バンガード・トータル・インターナショナル・ストックETFの株価・チャート・銘柄紹介。VTとの比較します。米国株式を除く全世界株式へ投資するETFで、構成銘柄は約7500銘柄です。VXUS単体へ投資する場合、VTやVTIなどにパフォーマンスが劣るため、VTIやVOOとの組み合わせがオススメです。
ETF•個別株

【全世界株式】VTとは:バンガード・トータル・ワールド・ストックETFの株価・チャート・銘柄を分析

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)についてETFの内容・株価・過去のチャート・銘柄を紹介します。構成銘柄は、全世界株式市場の約8000銘柄であり、銘柄数的にも投資対象の国としても、一度にかなりに分散効果を得ることができるETFになります。VT以外に、VXUSというETFもあり簡単に比較します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました