クレジットカード投資信託証券会社の選び方

【SBI証券】高島屋カードでつみたてNISA!クレカ積立でポイントを貯めてお得に投資

この記事では、高島屋のカード積立について詳しく紹介しています。

そもそもカード積立って何?

普通に投資するのと何が違うの?

クレジットカードで投資するメリットは?

このような高島屋カード積立に関する疑問にお答えする記事となっています。

気になるポイント付与率メリット積立投資の方法などについても詳しく紹介しています。

ぜひこの記事を読んでクレジットカード積立の魅力を感じていただければと思います。

この記事はこんな人におすすめ
  • 高島屋カードを保有している
  • お得に積立投資を始めたい
  • 毎月貯蓄をしていきたい
  • 投資初心者

この記事を書いている人

  • メガバンク勤務の30代女性
  • 個人顧客への資産運用、税金対策等のコンサルタント業務を担当。FP1級、宅建保有。
  • 投資歴10年、保有資産は米国インデックス中心。

高島屋のカード積立とは

高島屋のカード積立とは、投資信託の積立をクレジットカード払いで行う投資方法のことをいいます。

投資信託の買付金額に応じて高島屋ポイントが貯まるため、資産形成をしながらポイントを貯めることができます。

投資信託の買付方法を口座引き落としからクレジットカード払いに変更するだけで、ポイント付与を受けることができるので、積立を行なっている方は必ず利用したいサービスといえます。

【高島屋カード積立】概要

高島屋カード積立の概要は以下の通りです。

カード積立はつみたてNISAでの買付も対象となっています。

対象商品SBI証券取扱の積立可能な投資信託
対象口座特定・一般/一般NISA/つみたてNISA口座
ジュニアNISA口座(特定/一般預り含む)/法人口座は対象外
対象カード・タカシマヤカード
・タカシマヤカード《ゴールド》
積立可能額100〜50,000円(1カ月あたり)
積立設定上限数10件
積立設定締切日毎月5日
積立申込日(発注日)毎月1日(非営業日の場合は翌営業日)
クレジットカードの支払日毎月4日(非営業日の場合は翌営業日)
注意事項・家族カードは利用不可
・「タカシマヤカードNetアンサー」への登録必要

【高島屋カード積立】対象の証券会社

高島屋のカード積立は、SBI証券で行う投資信託の積立のみが対象となっています。

言い換えると、SBI証券のクレカ積立の対象カードに高島屋カードが含まれているということです。

SBI証券は国内の主要ネット証券の一つであり、高い利便性や取引手数料の安さが魅力の証券会社です。

ネット証券のため、実店舗を持たず、手続きは全てネット上で行う必要があります。

SBI証券

・NISA口座開設数No.1
・投資信託購入手数料無料
・投資信託の取り扱い銘柄数が豊富

高島屋カードで積立を行いたい場合、SBI証券の口座開設SBI証券でクレカ積立の設定を行う必要があります。

手続き方法については後半に紹介しています。

【SBI証券】クレカ積立のポイント付与率

SBI証券のクレカ積立は、設定するカードの種類によってポイント付与率が異なります

高島屋カードとその他カードでは、ポイント付与率が異なりますので、一つずつ紹介していきます。

高島屋カードの場合

高島屋カードでクレカ積立を行う場合、積立開始年数に応じてポイント付与率が異なります

長期間積立投資を続けるとポイント付与率が上昇する仕組みとなっています。

つみたてNISAの制度を使い、長期投資を行う予定の方にとっては嬉しい制度内容となっています。

積立開始からポイント付与率年間最大ポイント付与額
1年目0.1%600P
3年目0.2%1,200P
5年目0.3%1,800P

ちなみに貯まった高島屋ポイントは、2,000ポイントごとに全国の高島屋、高島屋オンラインストアで使用することができます

普段から高島屋カードを利用してポイントを貯めている方であれば、2000ポイントからの使用という点は特段問題はないかと思いますが、クレカ積立のポイント付与額だけで2,000ポイントを貯めるにはかなりの期間が必要になるため注意が必要です。

その他Vポイントの貯まるクレジットカードの場合

SBI証券のクレカ積立は、高島屋カード以外にVポイントが貯まる三井住友カードも対象となっています。

いわゆる、プラチナカードの場合はポイント付与率が2%、ゴールドカードの場合はポイント付与率が1%、シルバーカードの場合はポイント付与率が0.5%となっています。

ポイント付与率対象カード
2%三井住友カード プラチナ VISA/ Mastercard
三井住友カード プラチナ PA-TYPE VISA/ Mastercard
三井住友ビジネスプラチナカード for Owners(VISA/ Mastercard)
三井住友カード プラチナプリファード
1%三井住友カード ゴールド(NL)
三井住友カード ゴールド VISA/ Mastercard
三井住友カード ゴールド PA-TYPE VISA/ Mastercard
三井住友カード プライムゴールドVISA/ Mastercard
三井住友カードゴールドVISA(SMBC)
三井住友カードプライムゴールドVISA(SMBC)
三井住友カードビジネスオーナーズゴールドVISA/ Mastercard
三井住友ビジネスゴールドカード for Owners(VISA/ Mastercard)
三井住友銀行キャッシュカード一体型カード(ゴールド/プライムゴールド)
0.5%三井住友カード(NL)
上記以外のVポイントが貯まるカード

ポイント付与率の高いカードに目がいきますが、年会費がかかるため注意が必要です。

年会費が永年無料三井住友カード(NL)でもクレカ積立のポイント付与率が0.5%となっており、高島屋カードよりもはるかに高いポイント付与率となっています。

後ほど詳しく付与額などの比較を紹介しますが、クレカ積立を行いたい方は三井住友カード(NL)を設定するのがおすすめです。

三井住友カード
プラチナプリファード
三井住友カード(NL)
ゴールド
三井住友カード(NL)
ポイント付与率2%1%0.5%
年間最大
ポイント付与額
12,000円相当6,000円相当3,000円相当
年会費※33,000円5,500円
(キャンペーンや一定条件達成で
無料の場合あり)
0円

ちなみに三井住友カード(NL)のVポイント以外の独自ポイントが貯まるカードはクレカ積立の対象外となっています。

クレカ積立の主な対象外カードは以下の通りです。

SBI証券クレカ積立 主な対象外カード
三井住友カード公式サイトより

詳しくは、こちらを確認ください。

三井住友カード(NL)

【高島屋カード×SBI証券】クレカ積立のメリット

わざわざクレカ積立を利用するメリットってあるの?

ここからは、クレカ積立を利用するメリットについて紹介いたします。

積立金額に応じたポイント付与以外にもクレカ積立を利用するメリットはあります。

クレカ積立を利用していない方は必見です。

【クレカ積立メリット】クレジットカードのポイントが貯まりお得

先ほどもお伝えした通り、SBI証券のクレカ積立を行うと、高島屋カードの場合、投資信託積立額の0.1〜0.3%のポイント付与を受けることができます。

三井住友カードの場合は、投資信託積立額の2〜0.5%分のVポイントが付与されます。

積立投資の資金をクレジットカード払いに変更するだけで、ポイント付与を受けることができるのはクレカ積立の一番のメリットです。

【クレカ積立メリット】積立資金を証券口座へ入金する手間が省ける

通常、積立で投資信託の買付を行う場合、積立に必要な資金をSBI証券内の口座へ入金しておく必要があります。(自動振替サービスなどを利用していない場合)

例えば、給与の一部で積立を行おうと思うと、毎月、給料日以降に給料口座からSBI証券の口座への資金移動の手間が発生します。

しかし、クレカ積立であれば、クレジットカードの引き落とし口座から積立の金額が引き落としされますので、銀行口座からSBI証券の投資口座へ資金を移動する手間が省けます

通常の口座振替の場合
クレカ積立を利用した場合

毎月の資金移動の手間が省けるだけでなく、積立投資で起きがちな資金不足を回避することができるのは、大きなメリットです。

特に、つみたてNISAを利用しての投資など、残高不足で買いそびれてしまうことを避けたいようなケースでは、クレジットカードで積立を行うメリットが大きいです。

SBI証券

・NISA口座開設数No.1
・投資信託購入手数料無料
・投資信託の取り扱い銘柄数が豊富

【高島屋カード×SBI証券】クレカ積立のデメリット

メリットが多い積立ですが、利用する際の注意点についてご紹介します。

【クレカ積立デメリット】積立を行うタイミングを選択できない

SBI証券の投信積立は、買付のタイミングを自由に選べる点が魅力です。

例えば、毎日積立を行なったり、25日など指定した日に積立を行うことができます。

しかし、クレカ積立を利用する場合は、毎月月初(休業日であれば翌営業日)指定の積立になります。

毎日積立や指定日の積立ができない点は注意が必要です。

クレカ積立と口座振替の積立の比較

通常の積立の場合(口座振替)

さまざまなタイミングの積立の申し込みが可能

クレカ積立の場合

毎月1日(休業日であれば翌営業日)指定の積立しか選択できない

【クレカ積立デメリット】積立投資を行いたい前月の5日までに申し込みが必要

通常、SBI証券で積立投資を申し込む際は、営業日の15時までに手続きを行えば、最短で翌日から積立を開始することができます。

しかし、高島屋カードでクレカ積立を行う場合は、積立投資を行いたい月の前月の5日まで(三井住友カードの場合は10日)に申し込みを行う必要があります。

思い立ってもすぐにその月から引き落としを開始できないため注意が必要です。

10日までにクレカ積立を申し込んだ場合

【例】

10日までに申し込みが完了しているため、翌月1日からの積立開始となります。

10日以降にクレカ積立を申し込んだ場合

【例】

10日以降に申し込みが完了しているため、翌々月の1日からの積立開始となります。

【クレカ積立デメリット】クレカ積立を利用できる上限金額が決まっている

クレカ積立の利用上限金額は5万円と決まっています。

そのため、それ以上の金額で積立を行いたい場合は、別途、通常のSBIの積立投資サービス(口座振替での投信積立)を申し込む必要があります。

月5万円の利用上限であれば、つみたてNISAの非課税枠は十分使い切ることができます。

つみたてNISAを利用している方もクレカ積立への切り替えがおすすめです。

【高島屋カード×SBI証券】高島屋のカード積立はお得なのか

ここまで、高島屋カードのカード積立について紹介してきましたが、実際のところ高島屋カードで積立を行うメリットはあるのでしょうか

結論からお伝えすると、SBI証券のクレカ積立に高島屋カードを設定することはおすすめできません

おすすめできない理由について一つずつ紹介したいと思います。

クレカ積立に高島屋カードがおすすめできない理由

ポイント付与率が低い

高島屋カードは三井住友カードなどのクレジットカードに比べて、クレカ積立のポイント付与率の条件が悪いです。

高島屋カードの場合、年数に応じてクレカ積立のポイント付与率の条件が良くなる仕組みですが、最大でもポイント付与率は0.3%止まりです。

例えば、三井住友カード(NL)の場合、クレカ積立のポイント付与率は0.5%で高島屋カードの5倍の付与率です。

三井住友カード(NL)は、年会費が永年無料ですので、ポイントをしっかり貯めたい方は三井住友カード(NL)などのクレカ積立専用のカードを利用するのが良いでしょう。

三井住友カード
プラチナプリファード
三井住友カード(NL)
ゴールド
三井住友カード(NL)高島屋カード
ポイント付与率2%1%0.5%1年目~ 0.1%
3年目~ 0.2%
5年目~ 0.3%
年間最大
ポイント付与額
12,000円相当6,000円相当3,000円相当1年目~ 600円
3年目~ 1,200円
5年目~ 1,800円
三井住友カード(NL)

ポイント交換に制限がある

高島屋カードの場合、クレカ積立で貯まったポイントは、2,000ポイントごとに全国の高島屋、高島屋オンラインストアで使うことができます

高島屋カードで年間60万円分クレカ積立を行なった場合でも、1年のポイント付与額は600円ですので、クレカ積立のポイントだけで2,000ポイントを貯めようと思うと、最低でも3年かかります。

普段から高島屋の利用頻度が高く、高島屋でのお買い物でポイントが貯まっている方であれば、問題ありませんが、高島屋のお買い物頻度が少ない方がクレカ積立を始めてもなかなかポイントを利用するところまで辿り着かないでしょう。

ちなみに、三井住友カードの場合、クレカ積立で貯まったポイントは1Pから、クレジットカードの請求額や日々のお買い物に充てたりすることができます

クレカ積立で貯まったポイントを無駄なく使い切ることができますし、貯まったポイントを投資資金に充てることもできます。

ポイントの使い勝手の良さからも三井住友カード(NL)がクレカ積立にはおすすめといえます。

年会費が有料

高島屋カードのクレカ積立の対象カードは、高島屋カードと高島屋カードゴールドとなります。

高島屋カードは年会員が2,200円、高島屋ゴールドカードは年会費が11,000円のカードです。

年会費が無料の高島屋セゾンカードはクレカ積立の対象外となります。

高島屋カードは、高島屋でのお買い物時の特典などがあるため、高島屋ユーザーにとっては魅力的なカードと言えます。

しかし、クレカ積立の対象カードとしては、年会費がかかるにも関わらずポイント付与率が低いため、正直なところおすすめできません。

クレカ積立の対象カードのなかには、三井住友カード(NL)のような年会費が永年無料のカードもあるため、高島屋カードを保有する方も別でクレカ積立用のカードを発行するのがおすすめです。

クレカ積立のおすすめクレジットカード

SBI証券でクレカ積立を始めたい方におすすめのクレジットカードは三井住友カード(NL)です。

三井住友カード
プラチナプリファード
三井住友カード(NL)
ゴールド
三井住友カード(NL)高島屋カード
年会費33,000円5,500円
(キャンペーンや一定条件達成で
無料の場合あり)
永年無料2,200円
11,000円
ポイント付与率2%1%0.5%1年目~ 0.1%
3年目~ 0.2%
5年目~ 0.3%

先ほどから申し上げている通り、三井住友カード(NL)であれば、年会費が永年無料でクレカ積立のポイント付与率が0.5%と高島屋カードの5倍の付与率です。

特につみたてNISAなどで長期投資をお考えの場合、クレカ積立のポイント付与率や年会費の差は大きくなってきますので、クレカ積立に設定するカードは慎重に選ぶようにしましょう。

すでに高島屋カードを保有している方もクレカ積立用に三井住友カード(NL)を新規発行するのがおすすめです。

ちなみに、現在三井住友カード(NL)新規入会キャンペーンを実施しており、新規入会&カード利用で最大8,000円のポイント付与を受けることができます。

年会費永年無料のクレジットカードの新規入会で、8,000円のポイント付与を受けることができるのでかなりメリットは大きいといえます。

三井住友カード(NL)

【高島屋カード×SBI証券】クレカ積立の始め方

クレカ積立の始め方について紹介します。

クレカ積立は、設定するカードによって手順が異なりますので、対象カードごとに手順を紹介したいと思います。

高島屋カードでクレカ積立を行う場合

高島屋カードをクレカ積立のカードに指定する場合、SBI証券の口座開設後にタカシマヤの専用サイトで積立に関する手続きを行う流れになります。

SBI証券は、ネット証券のため店舗や相談窓口などを持たない金融機関ですが、高島屋カードでクレカ積立を行う場合、タカシマヤファイナンシャルカウンターにて投資信託の相談を行うことができます

手続きの流れや積立する商品に迷った場合は、高島屋店舗に併設するフィナンシャルカウンターに相談してみるのもおすすめです。

高島屋カードでクレカ積立を行う場合

SBI証券の口座開設
NISA口座未開設の場合は
NISA口座の開設も行う

SBI証券 口座開設(無料)はこちら

「タカシマヤの投資信託」
TOPページからログイン

タカシマヤカードを登録

積立する投資信託を選ぶ

「クレジットカード積立」ボタンから注文画面へ
積立金額などを設定

クレカ積立申し込み完了

三井住友カード(NL)でクレカ積立を行う場合

高島屋カードを上回る0.5%のポイント付与の三井住友カード(NL)でクレカ積立を行う場合の流れを紹介します。

三井住友カード(NL)は、現在新規入会キャンペーンで最大8,000円相当のポイント付与を受けることができますので、そちらのキャンペーンを利用してお得にクレカ積立を始めるのがおすすめです。

三井住友カード(NL)でクレカ積立を行う場合

三井住友カード(NL)の新規入会
新規入会キャンペーンで最大8000円相当のポイント付与あり

三井住友カード(NL)申し込みはこちら

SBI証券の口座開設
NISA口座未開設の場合は
NISA口座の開設も行う

SBI証券 口座開設(無料)はこちら

クレジットカードの登録
積立買付画面よりクレジットカードを登録

SBI証券公式サイトより

SBI証券 積立投資の申し込み
積立する商品、金額の設定を行い、決済方法で「クレジットカード」を選択

SBI証券公式サイトより

クレカ積立申し込み完了

【まとめ】

高島屋カードの積立について紹介いたしましたが、いかがでしたか。

クレカ積立は、投資信託の積立をクレジットカード払いにするだけで、ポイントが貯まるお得なサービスです。

高島屋カードを保有しており、他社カードを新たに発行したくないという方は、高島屋カードにてクレカ積立を利用するとよいと思います。

しかし、こだわりがなければ、ポイント付与率の高い年会費無料のカードを新規作成してお得にポイントを貯めるのがおすすめです。

ぜひ新規入会キャンペーンを利用して三井住友カード(NL)でお得にクレカ積立を始めましょう。

三井住友カード
プラチナプリファード
三井住友カード(NL)
ゴールド
三井住友カード(NL)高島屋カード
年会費33,000円5,500円
(キャンペーンや一定条件達成で
無料の場合あり)
永年無料2,200円
11,000円
ポイント付与率2%1%0.5%1年目~ 0.1%
3年目~ 0.2%
5年目~ 0.3%
三井住友カード(NL)
タイトルとURLをコピーしました