米国ETF

スポンサーリンク
米国株投資

GAFAMとは?今後も成長が期待できる米国株5社への投資方法を解説

この記事ではGAFAMについて解説します。GAFAMとは米国の巨大IT企業5社の総称で、これまでも今後も高い成長が期待されています。GAFAMへの投資方法・投資戦略を解説し、GAFAMの各銘柄の構成比率を検討します。投資信託を用いることも可能ですが、GAFAMは米国株を始めた方が持つのにおすすめの銘柄です。
米国株投資

話題のインデックス投資とは?メリット・デメリット・おすすめ銘柄を分かりやすく解説【米国株・初心者】

この記事では米国インデックス投資についてメリット・デメリット含めて解説します。インデックス投資とは株価指数に連動するように投資する方法で、下落リスクを低減できるので、投資初心者にもおすすめです。おすすめ銘柄はS&P500か全米株式のどちらかに連動する銘柄です。実際の投資にはSBI証券かLINE証券がおすすめです
米国株投資

高配当投資とは?不労所得で配当金生活を目指す方へ高配当銘柄の見つけ方と便利なETFを解説【米国株】

この記事では米国株の高配当投資について解説します。高配当投資は配当金を得る目的で投資する方法で、長期投資となります。なので銘柄分散が重要となるため、今回おすすめ銘柄を紹介します。また代表的な高配当ETFを2つ紹介します。米国株高配当投資には「SBI証券」「マネックス証券」がおすすめです
米国株投資

グロース投資とは?成長が期待できる銘柄の見つけ方と便利なETFを解説【米国株】

この記事では米国株のグロース投資について解説します。グロース投資とは企業の今後の成長に期待して投資する方法で、成長する銘柄の見極めが重要です。銘柄の見つけ方は、決算を見ることが重要です。また代表的なグロース銘柄・ETFを計5つ紹介します。少しでも安く買うためには「マネックス証券」がおすすめです
米国株投資

バリュー投資とは?割安で低リスクなバリュー銘柄の探し方と便利なETFを解説【米国株】

この記事では米国株のバリュー投資について解説します。バリュー投資とは本来の価値 (株価)よりも割安な銘柄に投資する方法で、いかに安く買うかが重要です。割安銘柄を探すには、PERやPBRを利用することができます。また代表的なバリュー銘柄・ETFを計5つ紹介します。少しでも安く買うためには「マネックス証券」がおすすめです
米国株投資

【米国株の始め方】3ステップ解説+米国株最初のおすすめ銘柄を紹介【初心者向け】

この記事では、米国株の始め方を3ステップ(証券口座開設→商品を選ぶ→実際に購入)で解説します。さらに初心者向けのおすすめの銘柄(VOO/VTI)と証券会社の比較(SBI/楽天/マネックス/ライン)も行います。解説は、SBI証券の口座開設手順から、投資信託・米国ETF・米国個別株の購入手順説明します。
投信基本知識

S&P500とは?米国市場の代表指数を解説。3つの投資信託・国内/米国ETFを紹介

この記事では、S&P500指数について解説します。S&P500指数は、米国株式市場の最も有名な指数であり、米国の選ばれた優秀な企業500社のパックです。S&P500へ投資する方法は3つあり、投資信託・国内ETF・米国ETFです。投資信託のSBI・バンガード・S&P500か、米国ETFのVOOが低コストでオススメです。
米国株投資

VOOとは?バンガード・S&P500 ETFの銘柄,株価,内容を紹介。VTI,QQQとの違いを解説

この記事では、VOO:バンガード・S&P500 ETFを分析・紹介します。VOOは最も有名で人気のなる米国ETFです。VOOの構成銘柄・過去のチャートを分析し、VTIやQQQと比較することで、VOOのメリットデメリットを紹介します。S&P500指数への投資が注目され、国内でもSBI V S&P500など人気が高いです。
米国株投資

【VT,VTI】全世界と全米 どちらに投資するべきか。銘柄・配当・チャートを比較しおすすめを紹介

この記事ではバンガード米国ETFのVTとVTIを比較します。VTは全世界へ、VTIは全米株式へ一括投資できる便利なETFです。おすすめはVTではなく、VTI+VWOの組み合わせです。その理由を構成銘柄・国別割合・シミュレーションの中でメリット・デメリットを紹介し説明します。他にもVEAについても分析します。
投資信託

【徹底解説】投資信託とETFの違いとは?メリット・デメリットを比較【どっちが得】

この記事では、投資信託とETFの違いについて解説し、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。投資信託は、アクティブとインデックスファンドがありますが、ETFはインデックスファンドのみとなっており、中長期投資に向きます。一方で、テーマを絞った投資をしたい場合は、投資信託のみの選択肢になります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました