米国株投資ETF•個別株

【2大ETF】VTI vs VOOどっちがおすすめか分析。リターン・下落リスク・構成銘柄を比較

米国株投資
スポンサーリンク

 この記事では、最近長期投資で人気の高い米国株に投資できる代表的な2つの銘柄について分析・比較していきます。

今回比較する2つの米国ETF
  1. VTI:バンガード・トータル・ストック・マーケット ETF
  2. VOO:バンガード・S&P500 ETF
VTIとVOOを比較する項目
  1. 運用コスト
  2. 資産総額
  3. 配当利回り
  4. 銘柄比較
  5. 騰落率(成長率)
  6. 下落リスク(シミュレーションで確認)

 VTI・VOO共に、米国株へ投資する方にとっては非常に有名で人気のある銘柄です。NISA制度や投資信託を用いて、既に全米株式(VTI)やS&P500(VOO)に投資している方も多いと思います。

 多くの方が利用している銘柄のため、VTI・VOO共に優秀な銘柄であることは間違いありませんが、より優れているのはどちらの銘柄なのでしょうか。

 今回は、VTI・VOOのどちらがより優れた銘柄なのかを比較分析していきます。

スポンサーリンク

VTI:バンガード・トータル・ストック・マーケット ETF

 VTIは、CRSP US トータル マーケット インデックス(CRSP US Total Market Index)への連動を目指しており、米国企業のほぼ全銘柄に一度に分散投資できる銘柄になります。

CRSP US Total Market Indexとは?

 CRSPのサイトには次のように記載されています。

「Nearly 4,000 constituents across mega, large, small and micro capitalizations, representing nearly 100% of the U.S. investable equity market, comprise the CRSP US Total Market Index.」

 つまり「CRSP US トータル マーケット インデックスは、米国の投資可能な株式市場にある企業のほぼ100%に相当する4,000以上の大企業および中小企業から構成される」と言うことです。

 S&P500指数や、NYダウ平均のように大企業だけでなく、中小企業も含まれていることが特徴になります。

インデックス米国ETF構成銘柄
CRSP USトータルマーケットインデックスVTI  米国約4,000社に分散投資  
S&P500VOO米国上位500社に分散投資
NYダウ平均株価米国上位30社に分散投資

VOO:バンガード・S&P500 ETF

 続いてVOOは、米国市場を示す代表的な指数「S&P500」に連動し米国市場の80%をカバーする米国ETFですS&P500指数は、世界中で投資銘柄として人気のある指数であるため、VOOは最も有名なETFの一つです。

S&P500指数とは?

 S&P500とは、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスという投資機関が算出している米国市場の株価指数であり、時価総額加重平均型の株価指数になります。

 1941年から1943年の時価総額の平均を10として、現在の時価総額がどの程度なのかを表しており、2021年6月末時点で、S&P500の値は4300前後なので、80年前後で約430倍になっているということになります。

 上位500社から構成されており、S&P500指数は、米国市場の約80%の時価総額をカバーする指数となっています。

なぜ米国株式は投資先として人気なのか?(VTI・VOO人気の理由)

 最近、日本国内でもNISA制度老後2000万円問題などがメディアを通して取り上げられ、「資産運用・投資」への意識は高まっています。その中で米国株式への投資は人気が高いのは何故でしょうか。

 その理由は、世界経済の中でも、特に米国市場は安定して高い成長を継続しているためです。

 ここで、日経平均株価とS&P500指数を比較したグラフを見てみましょう。

 1989年ごろからのS&P500指数と日経平均株価のグラフになります。

 米国株式(S&P500)は一時的に下げる場面もありますが、高い成長率を維持していることが分かります。

 一方で、日本株式(日経平均株価)は1990年ごろのバブル以降、株価が全然回復していないことが分かります。

 これより米国株式への投資は人気が高く、その中でも米国株式を高い割合でカバーしている、VTI・VOOは特に人気が高い銘柄となっています。

VTI・VOOの違い(異なる点)

 ではVTI・VOOを比較していきます。

 ETFとして異なる点は、全米株式に分散投資するか、S&P500指数に投資するかの違いです。それによって、銘柄数や成長率が異なります。重要な項目について以下にまとめました。(2020年7月2日時点の情報)

項目VTIVOO
名称バンガード・トータル・
ストック・マーケット
ETF
バンガード・S&P500
ETF
運営会社米バンガード社米バンガード社
設定年2001年5月2010年9月
インデックス指数CRSP US トータル
マーケット インデックス
S&P500指数
構成銘柄数約4000銘柄約500銘柄
構成銘柄
セクター
全米株式米国・全セクター
経費率0.03%0.03%
運用総額約2500億米ドル約2300億米ドル
配当利回り1.26%1.34%
1年騰落率43.7%40.0%
5年騰落率127.3%124.5%
基準価格
(最低購入金額)
$222.8$393.6

 大きく異なるのは、銘柄数になります。VTI・VOOは、銘柄数が異なることから騰落率(成長率)や配当利回りが若干ですが数値が異なります。

 しかし、騰落率は「5年騰落率」でみるとVTI・VOOの差は小さく、かなり近い成長率を見せていることが分かります。銘柄数は異なりますが、S&P500指数も全米株式の時価総額の約80%をカバーする指数なので、長期で見るとVTIとほとんど変わりません。

 経費率(運用コスト)と資産運用総額もほとんど変わりません。

 つまりあまり細かいことを気にしない方は、VTI(全米株式)とVOO(S&P500)を好みで選んでも問題ないと思います。

 細かいことを気にする方は、次に簡単にシミュレーションを行なっているのでご確認ください。

比較する項目(銘柄・コスト・成長率・下落リスク・シミュレーション)

比較項目の確認

 VTI・VOOのどちらがおすすめかを検討するための比較項目ですが、以下の項目で進めます。

比較項目について
  1. 運用コスト:安い方が良い
  2. 資産総額:多い方が良い(多いとたくさんの人が購入している可能性が高く安心)
  3. 配当利回り:多い方が良い
  4. 銘柄比較:好みは人と場合による
  5. チャートの比較(成長率の比較):高い成長率の方が良い
  6. 購入シミュレーション:最終資産が高い方が良い+下落リスクが小さい方がいい

 皆さんが銘柄を購入する際に考える項目は、記載した6つの項目ぐらいかと思います。特に後半の2項目(成長率と下落リスク)は気になると思います。

 VTIとVOOは、10年や20年以上の長期期間で見た場合、高い成長率と低い下落率を兼ね備えていますが、より優れたのはどちらかを比較していきます。

運用コスト・資産総額・配当利回り

 運用コスト・資産総額・配当利回りに関して、重複しますがここでもう一度説明しておきます。

項目VTIVOO
経費率0.03%0.03%
運用総額約2500億米ドル約2300億米ドル
配当利回り1.26%1.34%

 経費率はVTI・VOO共に0.03%です。0.03%は投資信託やETFの中でも最安値となっています。100万円VTIやVOOを購入しても、運用コストはたった300円/年で非常に安いです。

 運用総額は、若干VTIが多く約2500億米ドル(約25兆円)となっていますが、VOOも約2300億米ドル(約23兆円)と非常に大きい額となっています。ちなみに日本国内で人気の高い投資信託である「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」の総資産額は、約5000億円とVTIとVOOがいかに多くの資金を集めている銘柄かが分かると思います。

 配当利回りは、少しだけVOOの方が高くなっていますが、その時の株価や銘柄の割合によって変動するので、VTIとVOOの配当利回りはほとんど同じと考えても問題ありません。

銘柄比較

 続いて、VTIとVOOの上位銘柄の比較を行なっていきます。全銘柄紹介していると文章量が莫大になるので、ここでは上位10銘柄に絞って紹介いたします。

上位10銘柄の比較

VTI 上位10銘柄
VOO 上位10銘柄
No.企業名ティッカー
シンボル
  VTI    VOO  
1アップルAAPL4.35%5.51%
2マイクロソフトMSFT4.35%5.27%
3アマゾンAMZN3.19%3.86%
4フェイスブックFB1.83%2.21%
5アルファベット AGOOG1.64%1.98%
6アルファベット CGOOGL1.55%1.95%
7バークシャ ハザウェイBRKb1.19%1.53%
8JPモルガン チュースJPM1.16%1.40%
9テスラTSLA1.11%1.34%
10ジョンソン & ジョンソンJNJ1.03%1.25%
上位10銘柄の占める割合約21.39%約26.32%

上位10銘柄を比較しています。VTI・VOOの銘柄自体は10銘柄全て同じとなっていますが、構成されている銘柄割合が異なっています。VOOの方が1つ1つの割合が高く、上位10銘柄が占める割合が約26%と4分の1以上を占めています。VTIは約21%と5分の1程度と低くなっています。

 VTIの方が構成銘柄数がVOOより多いので1つ1つの割合が低く、その分を他の中小型株に分散していることがわかります。

構成銘柄のセクター別割合

VTI のセクター別割合
VOO セクター別割合
   セクター     VTI    VOO  
テクノロジー30.97%33.10%
一般消費財15.24%15.52%
金融14.97%13.72%
ヘルスケア13.15%12.64%
工業10.27%9.60%
生活必需品5.46%5.87%
エネルギー2.77%2.75%
公共2.66%2.61%
材料2.51%2.53%
通信1.32%1.53%

 大きく傾向は異なりませんが、VOOの方が若干テクノロジーセクターの割合が高くなっています。VOOは全銘柄では無く時価総額が高い企業から構成されるため、近年成長が著しいテクノロジーセクターの割合がVTIよりも高いと考えられます。

 しかし数%の違いなので、VTIもVOOもセクター別割合はほとんど同じと考えて良いでしょう。

チャート(成長率)の比較

 続いて、過去10年間のチャートを比較してみます。

 赤がVTI青がVOOで、2011年から2021年のチャートになります。

2011年4月からの成長率
VTI+224.12%
VOO+225.99%

 比較したチャートを見ると、ほんの少しだけVOOの方がVTIよりも成長率が高くなっていることが分かります。

 VTIは中小型株も含むため長期で見たときに、中小型株の高い成長率を取り入れることが出来ていると考えられますが、一方で小型株は下落リスクも大きくなります。長期で見ると結局成長率と下落が相殺されて、VOOとほとんど同じになっていると考えられます。

 下落リスクに関しては、次の章の「シミュレーション」の部分で比較します。

※上記の見解は、あくまで今回切り取った期間に対しての結果なので、別の期間で切り取ると別の考え方もあるかと思います。その点ご了承ください。

 

VTI・VOOに投資した際のシミュレーション比較(下落リスク比較)

 ここで実際にVTIやVOOを購入した際に資産がどのように増え、また減るのかをシミュレーションしてみたいと思います。あくまで過去のデータを使用し計算するので、今後の動きを予測するものではないことをご留意ください。

シミュレーション条件
  • 期間:2011年1月〜2021年6月(約10年間)
  • 初期費用$10,000(約100万円)を一括投資し、その後放置する
  • 分配金は再投資するものとする

 以下が、シミュレーション結果になります。縦軸が資産総額、横軸が時間(年)になります。

  銘柄  2011年1月2021年6月ベスト年ワースト年最大下落率ソリティレシオ
VOO$10,000$42,06632.39%-4.50%-19.58%1.74
VTI$10,000$41,85833.45%-5.21%-20.84%1.65

 10年間資産運用した場合のシミュレーション結果が上になります。

 最終資産額や最もパフォーマンスが良かった年の上昇率(ベスト率)は、VTIとVOOでほとんど差はありません。強いていうと、VTIの方がほんの少しだけ高くなっています。これは先ほど確認したチャートと同じ結果となっています。

 下落リスクを見ていきます。最もパフォーマンスが悪かった年の上昇率(ワースト率)は、VOOが-4.50%、VTIは-5.21%と少しVTIの方が下落幅が大きくなっています。最大下落幅を見ても、VOOよりVTIの方が少し大きくなっています。

 つまり、VTIの方がVOOよりも上昇率は少し高いが、下落リスクも少し大きいということになります。

ソリティレシオについて

 ソリティレシオ(Sortino ratio)は、下落リスクに対する上昇リターンを示す数値で、分母に下落リスク、分子にリターンを入力し算出されます。

 ソリティレシオが高いほど、「下落リスクに対するリターンが大きい」or「リターンは低くても下落リスクがとにかく低い」のどちらかと考えることが出来ます。

 今回のVTIとVOOを比較すると、VOOの方がソリティレシオが高くなっています。

 VOOは、最もパフォーマンスが良かった年の上昇率(ベスト率)がVTIよりも低い結果でした。

 しかし下落に関する数値はいずれもVOOの方が優れた結果でした。

 なのでVOOは過去10年間のデータを見る限り、VTIよりも下落リスクがよりも小さいと言えます。

まとめ

 この記事では、米国株へ投資する際に最も有名な2つのETFであるVTIとVOOの2つを比較しました。結論としては、どちらもほとんど同じパフォーマンスですが、過去10年を見ると少しだけVOOの方が下落リスクが小さい結果となりました。

 VOOは時価総額が大きい大型銘柄のみから構成されるため比較的安定した成長を見せますが、VTIは小型株も含む全米株式に投資するため高い成長率を見せる小型株もあれば、下落していく小型株も含まれることが考えられます。

 VTI(全米株式)か、VOO(S&P500)は、米国ETFだけでなく、日本国内の投資信託を利用して投資を行うことも可能です。投資信託の方が手間が省け、自動で積み立て投資を行えたりメリットも多く、特に資産構築のためのつみたてNISAや長期投資での利用をおすすめいたします。気になる方は以下の記事をご覧ください。

(参考)分析や比較に利用したページ/サイト

(英語のみ)0米Vangard社 ホームページ

 バンガード社は、VTIやVOOを運用管理している会社です。ホームページにETF情報が記載されているので、直接確認したい方は以下から確認することが出来ます。ただし全て英語になります。

(日本語対応) 米モトリーフール社 ホームページ

 Motley Foolは、1993年に設立されたバージニア州アレクサンドリアを拠点とする民間の金融および投資アドバイス会社です。最近日本語版がリリースされ、日本でも人気が上昇しています。

 アメリカ生まれということもあり日本でも扱われないような銘柄や米国株のニュース、また有名な銘柄であるVOOやQQQのパフォーマンスや過去の分析データを日本語で配信してくれます。

画像:モトリーフールHP、著者撮影

(英語のみ)PORTFOLIO VISUALIZER

 最後に、PORTFOLIO VISUALIZERというサイトを紹介します。このサイトでは、自分が選んだ銘柄で過去のデータを用いて、シミュレーションを行うことができるサイトです。

 この記事でもシミュレーションを行いましたが、PORTFOLIO VISUALIZERを利用しました。とても便利ですが全て英語表記となっているため、使い方を確認したい方はこちらの記事を確認ください。

スポンサーリンク
投資オムタンケ

コメント

タイトルとURLをコピーしました