投資信託証券会社の選び方

SBI・V・米国高配当株式(VYM)投資信託を紹介。楽天 やVOOと比較【2022年版】

スポンサーリンク

この記事では、2021年6月15日より販売開始となったSBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンドについて詳しく紹介します。

具体的には、「SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド」の内容・銘柄分析および、以下の他の投資信託と比較を2021年の実績を用いて行います。

  • 「SBI・V・米国高配当株式」vs「楽天・米国高配当株式
  • 「SBI・V・米国高配当株式」vs「SBI・V・S&P500」

同じインデックスに連動する楽天ファンドとの比較を行います。また全く異なりますがS&P500指数との比較を同じSBI・Vシリーズである「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」と比較し行います。

この記事でわかること
  • SBI・Vシリーズとは
  • SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンドについて解説
  • バンガード・米国高配当株式 ETF(VYM)とは?
  • 「SBI・V・米国高配当株」vs「楽天・米国高配当株式」の比較
  • 「SBI・V・米国高配当株」vs「SBI・V・S&P500」の比較
  • 三井住友カード決済でSBI・Vシリーズに投資すべき理由

SBI Vシリーズの投資信託で
資産運用するならSBI証券がおすすめ
  • ネット証券口座開設数No.1
  • NISA口座開設数No.1
  • 初心者でも使いやすいアプリ
  • 優秀な投資信託が豊富
  • 米国株の取扱銘柄も豊富
  • 三井住友カードで投資可能
三井住友カード(NL)
SBI証券 iDeCo
スポンサーリンク

SBI・Vシリーズとは?

画像:著者撮影

SBI証券が発表した「SBI・Vシリーズの投資信託」は、SBI証券が米バンガード社とタッグを組み販売している投資信託です

SBI・Vシリーズは業界最安値の低コストを実現していることが最大の特徴です。

またSBI・Vシリーズは低コストだけでなく、投資信託なので、為替や二重税金・分配金の再投資等の手間が省ける上に、米バンガード社の米国ETFへ間接的に投資できるため、高いパフォーマンスも期待でき使い方によっては非常に優れた商品となっています。

「Vシリーズは、皆さまの長期の資産形成を応援する低コストのインデックスファンドシリーズです。Vシリーズと通して、これまで以上に多くの個人投資家の皆さまの資産形成をサポートできるようになるものと期待している」とコメントを発表しています。

引用元:SBI証券ホームページ

三井住友カードのポイント還元を利用して SBI Vシリーズ 投資信託へ投資しよう /

4つのSBI・Vシリーズの投資信託

今回紹介する「SBI・V・米国高配当株インデックス・ファンド」以外にも、3つの投資信託があり、Vシリーズの投資信託は合計4つとなっています(2022年1月16日時点)。

SBI証券は、2021年6月15日より「SBI・バンガード」シリーズを「SBI・V」シリーズに名称を変更し、「SBI・V・米国高配当株インデックス・ファンド」を含む3つの投資信託(S&P500全米株式米国高配当株式)の販売を開始しました。→SBI証券のPR情報はこちら

また2022年1月より、SBI Vシリーズの第4弾となるSBI・V・全世界株式インデックス・ファンドの提供を開始しています。

現時点で、以下の4つの投資信託を発表しています。

  • 1. SBI・V・S&P500 インデックス・ファンド
  • 2. SBI・V・全米株式 インデックス・ファンド
  • 3. SBI・V・米国高配当株 インデックス・ファンド
  • 4. SBI・V・全世界株式 インデックス・ファンド ※2022年1月17日より募集開始

SBI・Vシリーズ 5つのメリット

SBI・Vシリーズの投資信託が人気な理由は、優秀なパフォーマンスを見せるのに加え、業界最安の運用コストだからです。

  • 多くの投資家から評価されている
    (SBI・V シリーズの実績として、純資産額が5000億円を突破)
  • 業界で最も低コスト(信託報酬率が0.15%以下)
    (SBI・V・米国高配当株式は、0.1238%)
  • 米バンガード社の運用する米国ETFへ間接的に投資が可能(VT・VTI・VOO・VYM)
  • 100円から購入が可能
  • 買付手数料・売却手数料がかからない

米バンガード社の運用する米国ETFへ間接的に投資が可能(VT・VTI・VOO・VYM)

SBI・Vシリーズは、バンガード社が運営する米国ETF「VT(全世界株式)・VTI(全米株式)・VOO(S&P500)・VYM(高配当株」を投資対象とするため、間接的に米国ETFに投資するのと同じになります。

米国ETFは、最低購入可能金額が数万円〜となる点がデメリットの一つですが、SBI・Vシリーズの投資信託であれば、100円から購入可能なので、少額からVT・VTI・VOO・VYMに投資したい方には非常におすすめです。

業界で最も低コスト(信託報酬率が0.15%以下)

運用コストに関して、投資信託は皆さんのお金を運用機関が代わりに運用するため「手数料」が必要となります。

この投資信託の手数料は、証券会社や商品によって様々ですが、この「SBI・Vシリーズ」の運用コスト(信託報酬)は業界最低水準であり、殆ど気にならない程度の手数料となっています。

先ほど紹介した通り、SBI証券も「これまで以上に多くの個人投資家の皆さまの資産形成をサポートできるようになるものと期待している」とコメントしています。

つまり「SBI・Vシリーズの投資信託」は、出来るだけ余計なコストを省いて効率的に資産運用したい方におすすめの商品なのです。

またさらにもう一段階運用コストを下げたいという方は、三井住友カードをSBI証券に連動させることで、投資信託の購入分の0.5~1.0%のポイント還元を受けることができます。後ほど詳しく説明します。

三井住友カードのポイント還元を利用して SBI Vシリーズ 投資信託へ投資しよう /

SBI・V・米国高配当株インデックス・ファンドについて解説

SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンドは、米国市場の中でも特に高配当な銘柄を厳選した米国ETF:VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)に間接的に投資する投資信託です。

仕組みや内容については、SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンドの有価証券届出書の内容から説明していきます。

画像:著者撮影

ファンドの状況

「SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド」は、2021年6月15日に発表されました。

2022年1月8日時点でのファンドの状況は以下の通りです。

  • 純資産額:6,830百万円(68億円)
  • 基準価格:11,506円(設定来:+15.06%)※2022年1月16日時点

純資産額は、68億円となっており、他のSBI・Vシリーズの投資信託と比べると少なくなっていますが、着実に資金を集めているファンドとなっています。

またファンドの成長率は、設定来で+15.06%と7ヶ月程度で非常に大きく成長しているファンドになります。

運用コスト(信託報酬)

  • 1. SBI・V・S&P500 インデックス・ファンド
    → 0.0938%程度
  • 2. SBI・V・全米株式 インデックス・ファンド
    → 0.0938%程度
  • 3. SBI・V・米国高配当株 インデックス・ファンド
    → 0.1238%程度
  • 4. SBI・V・全世界株式 インデックス・ファンド
    → 0.1438%程度

SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンドは、米国株式に100%投資する投資信託なので新興国に比べ価格が安定しており、全世界株式のファンドに比べ信託報酬は安くなっています。

しかし資産額のもっと多い「SBI・V・S&P500」や「SBI・V・全米株式」に比べると少しだけ手数料は高くなっています。それでも0.1238%は高配当銘柄に投資する投資信託の中でも業界最安値です。

つまりSBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンドは無駄なコストを極限まで抑えた投資信託であると言えます。

実際にもう一つの同じ高配当ファンドである「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」の信託報酬を比較しても、以下のようにSBIの方がコストが低いことがわかります。

  • SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド:0.1238%
  • 楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド:0.1920%

Vシリーズの特徴の「低コスト」がしっかりと実現されていることが分かります。

三井住友カードのポイント還元を利用して SBI Vシリーズ 投資信託へ投資しよう /

SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンドの仕組み

SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンドは、米国株式の中でも特に高配当な銘柄を厳選して運用を目指しています。

バンガード社運用する米国ETFであるバンガード・米国高配当株式 ETF(VYM)へ投資している投資信託です。

SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンドの仕組み

私たちがSBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド(図内のベビーファンドに相当)を購入すると、私たちの資金はまとめてマザーファンドに集められます。

マザーファンドに集まった資金は、バンガード社が運用する米国ETFの「バンガード・米国高配当株式 ETF(VYM)」に投資されます。そして、VYMをはする米国個別株を組み合わせながら運用されるとおいう仕組みになります。

つまり私たちは、SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンドの投資信託を購入することで、間接的に米国ETFのVYMに投資しており、また高配当な米国個別株に分散投資しているのと同じ意味になります。

三井住友カードのポイント還元を利用して SBI Vシリーズ 投資信託へ投資しよう /

バンガード・米国高配当株式 ETF(VYM)とは?

バンガード・米国高配当株式 ETF(VYM)とは、米バンガード社によって運用される米国ETFで、全4000銘柄以上ある米国株式の中から、高配当な銘柄を約400銘柄選択し、分散投資しているETFです。

また米国ETF「VYM」は、「FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックス」という指数のパフォーマンスと同じパフォーマンスとなるように、高配当銘柄で構成されています。

VYM(米国高配当株式)の国別構成割合

VYM(米国高配当株式)の国別構成割合

※2022年01月18日時点でのデータ

VYM(米国高配当株式)は、文字通り100%が米国株式へ投資していることがわかります。

VYM(米国高配当株式)のセクター別構成割合

VYM(米国高配当株式)のセクター別構成割合

※2022年01月18日時点でのデータ

VYM(米国高配当株式)のセクター別構成割合を見ると、各セクターにおおむね同程度に分散されていることがわかります。

中でも最も多いセクターは「金融セクター」となっており、銀行株は比較的高配当な傾向があるため、このような構成割合になったと考えられます。

VYM(米国高配当株式)の構成銘柄トップ10

VYM(米国高配当株式)の構成銘柄トップ10

※2022年01月18日時点でのデータ

VYM(米国高配当株式)の構成銘柄トップ10は、銀行株・エネルギー株・ヘルスケア株など様々な銘柄が名を連ねています。

JPモルガン・ジョンソン&ジョンソン・P&G・ファイザー・エクソンモービルなど、日本でも有名な企業が多く見られます。

また上位10銘柄だけで約24%を占めていることが分かります。例えばS&P500指数に連動する米国ETF「VOO」の場合は、上位10銘柄で30%を占めていることから、米国高配当株式であるVYMはそれよりもさらに分散投資が行われているということになります。

VYM(米国高配当株式)VOO(S&P500)
上位10銘柄の割合約24%約30%

三井住友カードのポイント還元を利用して SBI Vシリーズ 投資信託へ投資しよう /

SBI・V・米国高配当株式(VYM) vs SBI・V・S&P500(VOO)

「SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド」は、米国株式の中の高配当である約400銘柄から構成されており、上位10銘柄で約24%が構成されていることが分かりました。

SBI・Vシリーズの投資信託で最も人気のある「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」と比べると、そのパフォーマンスはどうなのでしょうか?

過去のデータを比較してみます。※将来の変動を保証するものではありません。

過去のデータの比較条件
  • 最初に$10,000(約100万円)一括投資する
  • その後、10年間 or 1年間放置
  • 最終的な資金がいくらまで上昇したかを比較
  • VOO:SBI・V・S&P500インデックス・ファンドを想定
  • VYM:SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンドを想定

2011年〜2021年のVYM・VOOの比較

過去10年間のチャート比較(2011年1月〜2021年12月)

まずは過去10年間のパフォーマンスを比較します。

2011年〜2020年2月頃までは、VYM(米国高配当株式)もVOO(S&P500)もほとんど同じパフォーマンスとなっていました。

しかし直近2年間(2020年3月頃〜2021年12月)に関しては、

コロナショックに対する金融緩和対策の影響を受け、IT企業の株価上昇が特に著しく、アップル・マイクロソフト・グーグルなどのGAFAMが多くの構成割合を占めるVOO(S&P500)のパフォーマンスが高く、VYMよりもVOOの方が高いパフォーマンスとなってます。

2021年1月〜2022年1月のVYM・VOOの比較

過去1年間のチャート比較(2021年1月〜2022年1月)

続いて、2021年1月〜2022年1月のパフォーマンスを見ていきます。

最終的な値だけ見ると、VOOもVYMもほとんど差はありません。

しかしこの1年の中でも、バリュー株(金融やエネルギーセクター)とハイテク株(GAFAMに代表されるテクノロジーセクター)で上昇率に差があり、バリュー株が強い時期はVYMの方がVOOよりも高く、ハイテク株が強い時期はVOOの方がVYMよりも高いパフォーマンスとなっています。

直近2022年1月だけのパフォーマンスだけを見ると、以下のようにVYM(米国高配当株式)の方がVOO(S&P500)のパフォーマンスを上回っていることがわかります。

2022年1月
パフォーマンス
VYM(米国高配当株式)VOO(S&P500)
上昇率+2.27%-2.14%

2022年になってからは、過去10年間と異なり、金融セクター・エネルギーセクターのパフォーマンスが高くなっており、VOOよりもVYMのほうが若干パフォーマンスとなっており、今後金融緩和政策が縮小していく中で、バリュー株はさらに注目される可能性もあります。

三井住友カードのポイント還元を利用して SBI Vシリーズ 投資信託へ投資しよう /

※今回の結果はあくまで過去10年間の結果です。参考データとして扱っていただけると幸いです。

結局、「VYMとVOO」どっちがおすすめなの?

結論、以下のように使い分けましょう。

  • VOO(S&P500):資産の70-90%を運用する(守りの資産)
  • VYM(米国高配当株式):資産の10-30%を運用する(攻めの資産)

バリュー株が強い時期があったとしても長い目で見た場合、S&P500のパフォーマンスを越えることは難しい可能性が高いと考えられます。

つまり、絶対に失敗できない資産(生活資金や老後資金など)は、S&P500(SBI・V・S&P500インデックス・ファンド)で運用します。

その上で、攻める部分の遊びの資産などは少し流動的に投資銘柄を変更しても問題ないので、VYM(SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド)でバリュー投資してみるのも良いかと思います。

守りと攻めで資産の役割を変えて、運用する戦略を「コア・サテライト戦略」と言います。ぜひ参考にしてみてください。

いずれにせよ、SBI・Vシリーズの投資信託が利用可能なので、ぜひ利用しましょう。特に守りの資産を運用するには、「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」がおすすめです。

SBI・Vシリーズの投資信託だと、コストが安く・少額から投資でき・為替の手間もかかりません。さらに三井住友カードを利用すると、ポイント還元によって実質の購入金額をより抑えることができます。

資産運用は、「SBI・Vシリーズ×三井住友カード」は非常におすすめです。

三井住友カードのポイント還元を利用して SBI Vシリーズ 投資信託へ投資しよう /

「SBI・V・米国高配当株式」と「楽天・米国高配当株式」の比較

SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンドは、FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックスという指数と同じパフォーマンスを目指し、バンガード・米国高配当株式 ETF(VYM)へ投資していると紹介しました。

実は、ほとんど同じ投資信託がもう一つ存在します。「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」です。

  • SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド
  • 楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド

ここでは、これら2つの投資信託を比較します。これらの投資信託は、異なる点が1点あります。

異なる点
  • 運用コスト
    (SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンドの方が低コスト)
SBI証券楽天証券SBIと楽天の差
ファンド名称SBI・V・米国高配当株
インデックス・ファンド
楽天・米国高配当株式
インデックス・ファンド
投資対象FTSEハイディビデンド
・イールド・インデックス
(円換算ベース)
FTSEハイディビデンド
・イールド・インデックス
(円換算ベース)
同じ
運用の
基本方針
FTSEハイディビデンド
・イールド・インデックス
(円換算ベース)
へ連動する投資成果
を目指し運用。

バンガードが運用する
バンガード 米国高配当
株式ETF(VYM)」が
実質的な主要投資対象
FTSEハイディビデンド
・イールド・インデックス
(円換算ベース)
へ連動する投資成果
を目指し運用。

バンガードが運用する
バンガード 米国高配当
株式ETF(VYM)」が
実質的な主要投資対象
同じ
信託報酬率
(税込)
年0.1238%程度年0.192%程度SBIが
0.0682%
安い
新規募集期間2021年6月15日(火)から
6月28日(月)まで
設定日2021年6月29日(火)2017年9月29日
設定・運用SBIアセットマネジメント株式会社楽天投信投資顧問株式会社
クレジット
カードによる
ポイント
サービス
三井住友カード利用で
0.5%~1.0%還元
(最大5万円/月)
楽天カード利用で
1.0%還元

(最大5万円/月)
取り扱い
証券会社
SBI証券SBI証券・楽天証券

異なる点:運用コスト

楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドも低コストですが、SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンドは更に低いコストとなっています。

SBI・V楽天
信託報酬0.1238%0.192%SBIが
0.0682%
安い

もしVYM(米国高配当株式)で長期投資を検討されている方は、少しでも運用コストが低い方がリターンは大きくなるので、SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンドがおすすめです。

三井住友カードのポイント還元を利用して SBI Vシリーズ 投資信託へ投資しよう /

チャート比較(SBI・V・米国高配当株式 vs 楽天・米国高配当株式)

SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンドと、楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドのチャートを比較してみましょう。

2021年6月29日〜2022年1月17日までの比較になります。

上昇率の比較 ’21/6/29  ’22/1/17  上昇率 
SBI・V・米国高配当株式
インデックス・ファンド
10,00011,506+15.1%
楽天・米国高配当株式
インデックス・ファンド
12,94114,866+14.8%

チャートを比較すると、SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンドの方が若干だけですが、高いパフォーマンスとなっています。

つまりSBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンドの方が、低コストで高いパフォーマンスとなっています。

これから米国高配当株式へ投資する方は、楽天ファンドよりも「SBI・Vシリーズの投資信託」をおすすめいたします。

三井住友カードのポイント還元を利用して SBI Vシリーズ 投資信託へ投資しよう /

三井住友カード決済でSBI・Vシリーズに投資すべき理由

先ほども述べた通り、全米株式に投資したい場合は、信託報酬が小さい「SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド」を三井住友カードを用いて積み立て投資することが最も運用コストを下げて資産運用する方法なのでおすすめです。

三井住友カードをSBI証券に連動させることで、投資信託をカード決済にて購入することで、カード決済した金額の0.5%~1.0%がポイント還元されるメリットがあります。

スタンダードカードとゴールドカード

スタンダードカードゴールドカード
年会費0円5,500円
SBI証券での還元率0.5%1.0%

三井住友カードは、「スタンダードカード(年会費無料)」と「ゴールドカード(年会費5,500円)の主に2つがあります。

2つでSBI証券での還元率は異なりますが、無料のカードでも0.5%が還元されるため十分お得なシステムとなっています。

SBI・Vシリーズの運用コストが0.1%前後なのに対し、0.5%のポイント還元は約5倍の値となるため、SBI・Vシリーズの投資信託を購入する際は、必ず三井住友カードを利用し投資することをおすすめいたします。

SBI Vシリーズの投資信託で
資産運用するならSBI証券がおすすめ
  • ネット証券口座開設数No.1
  • NISA口座開設数No.1
  • 初心者でも使いやすいアプリ
  • 優秀な投資信託が豊富
  • 米国株の取扱銘柄も豊富
  • 三井住友カードで投資可能
三井住友カード(NL)

まとめ

この記事では、SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンドについて内容を紹介し、楽天ファンドやS&P500と比較を行いました。

SBI・Vシリーズの投資信託は、業界最安レベルの信託報酬(運用コスト)の安さが特徴で、長期投資や初心者の方が資産運用を始めるのに適した商品です。

SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンドは、楽天ファンドより低コストでかつ、全米株式インデックスファンドよりも下落リスクが小さい結果が得られました。

さらにSBI証券は、三井住友カードとタッグを組み、ポイント還元を通して実質的な運用コストをさらに下げる取り組みも行っています。

これからSBI・Vシリーズを通して、資産運用を考えている方は、必ずSBI証券×三井住友カードを組み合わせて、さらに運用コストを下げた資産運用を行うようにしましょう。

三井住友カードのポイント還元を利用して SBI Vシリーズ 投資信託へ投資しよう /

タイトルとURLをコピーしました