米国株投資

【小型株指数 Russell2000】3つのラッセル指数で最もラッセル2000が重要な理由を解説

米国株投資
スポンサーリンク

 この記事では、米国株式を示す「ラッセル指数(Russell指数)」について解説します。

この記事のまとめ
  • 「ラッセル指数」は、ラッセル1000・ラッセル2000・ラッセル3000の3つの異なり指数がある
  • 特に重要なのは「ラッセル2000」である
  • 理由:ラッセル2000は小型株から算出され、将来景気に敏感な指数であるため
  • ラッセル2000に投資する方法は、主に米国ETFになる
  • ラッセル2000に連動するおすすめ米国ETFは、「バンガード社のVTWO」
  • ラッセル2000は、長期で見るとNYダウとS&P500とほぼ同じパフォーマンスとなる

 この記事を書いている ふぃたろう は、2016年から現在に至るまで6年間、米国株へ投資を行っている会社員兼ブロガーです。今回は、NYダウ・S&P500に並んで、米国株投資家の中では有名な指標となっている「ラッセル2000」について、解説いたします。

スポンサーリンク

3つのラッセル指数(Russell指数)

 NYダウやS&P500といった主要指数の他に、「ラッセル指数」という指数が存在します。

ラッセル指数

 ラッセルインベストメント社が算出・公表している指数です。

 NYダウやS&P500ほどの知名度はありませんが、時価総額上位の企業を集めた指数として、活用されています。

ラッセル指数の種類

 ラッセル指数には主に3種類あります。

  • ラッセル1000:時価総額1位〜1000位の銘柄から算出
  • ラッセル2000:時価総額1001位〜3000位の銘柄から算出
  • ラッセル3000:時価総額1位〜3000位の銘柄から算出

    ※全米の銘柄数がおおよそ3800~3900社程度

 時価総額上位3000銘柄で構成されるラッセル3000指数が代表的な指数です。上位3000社で米国市場の時価総額の98%を占めると言われています。

 ラッセル1000は、上位1000銘柄だけに絞った指数であり、上位1000銘柄を除いた残りがラッセル2000指数となっています。

 基本的に年1回、銘柄の組み替えが行われています。

ラッセル2000指数の特徴

 ラッセル2000指数は、NY証券取引所やNASDAQなどに上場している銘柄のうち、時価総額が上位1001位から3000位までの銘柄の時価総額加重平均型の株価指数です。

 全米株式の時価総額の約10%程度をカバーした指数と言われています。

 またラッセル2000指数は、1986年12月31日に基準値を135として算出されており、小型株指数としての継続性を重視して年1回、銘柄入れ替えが実施されています。

ラッセル2000が重要な指数である理由

 3つあるラッセル指数のうち、「ラッセル2000」が投資家の間では重要とされています。

 ラッセル2000は、小型株が中心であるため企業の倒産などの確率が高く、NYダウやS&P500に比べても、非常に景気に敏感な指数となっています。

 つまりラッセル2000は、将来の株価の動きを反映させるような動きになることが多く、投資家の間でも注目されている指数となっています。

ラッセル2000の動き
  • 市場がリスクを取る動きとなれば、ラッセル2000は上昇傾向
  • 市場がリスクを抑える動きになれば、ラッセル2000は下落傾向

 動きが大きくボラティリティが高いのが特徴ですが、長期的に見ると更なる成長も期待できます。

ラッセル2000 vs NYダウ/S&P500

ラッセル2000 vs NYダウ・S&P500

 ラッセル2000と、NYダウ/S&P500指数を比較してみます。

米国市場の株価指数
  1. NYダウ:30銘柄から算出
  2. S&P500指数:米国企業500銘柄から算出
  3. ラッセル2000指数:時価総額1001~3000位の2000銘柄から算出
NYダウS&P500指数ラッセル2000指数
指数ティッカーDJISPXRUT
設立1928年1923年1986年
算出会社S&P ダウ・
ジョーンズ・
インデックス
S&P ダウ・
ジョーンズ・
インデックス
ラッセルインベスト
メント社
市場ニューヨーク
証券取引所、
ナスダック
ニューヨーク
証券取引所、
NYSE MKT、
ナスダック
ニューヨーク
証券取引所、
NYSE MKT、
ナスダック
企業数30銘柄500銘柄2000銘柄
算出方法株価平均時価総額
加重平均
時価総額
加重平均
内容全セクター
から厳選した
30銘柄
全セクター
からトップ
500企業
時価総額
1001~3000位
の小型株

 ラッセル2000が最も銘柄数が多く、分散されていることがわかりますが、小型株のみから構成されているのが特徴です。

長期チャート比較

 ここでは「NYダウ」「S&P500指数」「ラッセル2000指数」の3つのチャートを比較します。

 過去のチャートで見ると、3指数ともほとんどパフォーマンスが同じ結果になっています。

 特に2000年頃のITバブルではほとんどダメージがないこと、また2009年のリーマンショック後の成長率は最も高く、米国株式の代表指数であるNYダウやS&P500に引けを取らないパフォーマンスとなっていることがわかります。

ラッセル2000指数に連動した金融商品

ラッセル3000・ラッセル1000に連動した米国ETF

 先に、「ラッセル3000指数」「ラッセル1000指数」に連動した商品も簡単に紹介します。

 米国ETFは、米大手運用会社バンガード社が販売しているものになります。

ラッセル3000 -米国ETF
  • バンガード・ラッセル3000 ETF(ティッカーシンボル:VTHR
ラッセル1000 -米国ETF
  • バンガード・ラッセル1000ETF(ティッカーシンボル:VONE)

 残念ながら、国内ETFや投資信託は非常に数が少なく、米国ETFの利用が良さそうです。

ラッセル2000に連動した米国ETF

 ラッセル2000も日本国内で人気のある投資信託はなかなか見つかりません。しかし米国ETFは、ラッセル1000やラッセル3000に比べ、数が多く資産総額も多いものがいくつか存在します。

ラッセル2000に連動する米国ETF

以下、米バンガード社

  • バンガード・ラッセル2000ETF(VTWO)
  • バンガード・ラッセル2000バリュー株ETF(VTWV)
  • バンガード・ラッセル2000グロース株ETF(VTWG)

以下、ブラックロック社

  • iシェアーズ ラッセル2000 ETF(IWM)
  • ラッセル2000バリュー・インデックス(IWN)
  • ラッセル2000グロース・インデックス(IWO)

 ラッセル2000指数は小型株が対象のため、小型株を対象とする多くのファンドが「ラッセル2000指数」をファンドのベンチマークとして採用されています。

 ラッセル2000指数をベースとした2つのETF「バンガード・ラッセル2000ETF(VTWO)」と「iシェアーズ ラッセル2000ETF(IWM)」を比較してみます。

銘柄名バンガード・ラッセル2000
ETF
iシェアーズ ラッセル2000
ETF
ティッカー
シンボル
VTWOIWM
経費率0.10%/年0.19%/年
配当利回り1.66%0.86%
純資産総額5,243百万米ドル69,794百万米ドル
設定日2010/09/202000/05/22
1年騰落率49.91%49.67%
5年騰落率95.29%94.35%
引用元:SBI証券ホームページ(2021年7月30日時点のデータ)
  • 経費率/配当利回り/騰落率(成長率):バンガード・ラッセル2000 ETF
  • 純資産総額:iシェアーズ ラッセル2000ETF

 設定日が古いIWMの方が純資産総額は大きいですが、その他の項目はVTWOの方が優秀な数値となっています。これからラッセル2000指数へ投資を行う方は、低コストで利回り・成長率も高いVTWOをおすすめいたします。

VTWO vs IWM (おすすめの米国ETFはどっち?)

 2つのチャートを比較しましたが、成長率はほとんど一致していることがわかります。

 つまりラッセル2000の米国ETFは、コストや利回りなどを基準に選ぶことになりそうです。

まとめ

 この記事では、「ラッセル指数」について解説しました。

 ラッセル指数は3つあり、最も有名なのは時価総額1001位〜3000位の小型株2000銘柄から構成される「ラッセル2000指数」です。

 以下に本記事のまとめを記載します。

この記事のまとめ
  • ラッセル指数は、1000/2000/3000の3つの指数がある
  • ラッセル2000は、米国市場の時価総額1001位〜3000位の2000銘柄から算出
  • 小型株の動向は今後の市場の指標となるため「ラッセル2000」は注目されている
  • ラッセル2000は、NYダウ・S&P500と長期パフォーマンスは変わらない
  • ラッセル2000に投資するには、米国ETFがメインとなる
  • ラッセル2000に連動する米国ETFは「バンガード・ラッセル2000 ETF(VTWO)」が最も低コストでリターンも高いためおすすめ

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
投資オムタンケ
タイトルとURLをコピーしました