クレジットカード投資信託証券会社の選び方

【改悪】楽天証券のクレジットカード決済積立の変更点まとめ|2022年最新版

この記事では、楽天証券のクレジットカード積立の2022年の変更点について詳しく紹介しています。

これまで、楽天証券はクレジットカード積立で他社よりも有利な条件でしたが、今回の改定で銘柄によっては大きなポイント還元率の低下となります。

この記事を読んでいただき、楽天証券のクレジットカード決済積立の変更点をおさえておきましょう。

この記事はこんな方におすすめ
  • 楽天証券のクレジットカード決済積立を利用している方
  • クレジットカード積立を始めたい方
  • クレジットカードのポイントを賢く貯めたい方

この記事を書いている人
  • 31歳 大手金融機関総合職10年目
  • 個人顧客への資産運用、税金対策等のコンサルティング業務を担当
  • FP1級、宅建保有
  • 投資歴10年、保有資産は米国インデックス中心
楽天カード
スポンサーリンク

【楽天証券】クレジットカード決済積立の主な変更点

クレジットカード決済積立とは

そもそもクレジットカード決済積立とは、投資信託の積立をクレジットカード払いで行う取引のことをいいます。

投資信託の積立をクレジットカード払いで行うことで、投資金額に応じてクレジットカードのポイントが貯まります。

投資信託の積立を申し込む際に、クレジットカード払いを選択するだけで、ポイント還元を受けながらお得に投資をすることができます。

また、クレジットカード決済積立は、ポイント面以外にも、投資資金を証券口座へ資金移動する手間が省けるというメリットもあります。

クレジットカード決済積立を利用すれば、口座の資金不足で買付機会を逃すことがなくなりますので、つみたてNISAの買付手段としてもおすすめです。

ちなみにクレジットカード決済積立は、楽天証券以外にSBI証券マネックス証券などでも利用することが可能です。

各社、対象のクレジットカードが決まっており、楽天証券の場合は、楽天カードがクレジットカード決済積立の対象カードとなっています。

\キャンペーン実施中/

楽天カード

楽天証券のクレジットカード決済積立の変更点

今回の楽天証券のクレジットカード決済積立の主な変更点が、ポイントの還元率です。

クレジットカード決済積立の肝であるポイントの還元率が大きく変わるため、今回の変更は大きな改悪といえます。

今回の変更点をまとめると、以下の通りです。

従来
・投資信託の買付金額に対して1%のポイント還元

2022年8月〜
積立を行う投資信託の信託報酬に応じてポイントの還元率が2段階に分かれる
信託報酬のうち販売会社が受け取る手数料(代行手数料)
・年率0.4%(税込)以上のファンド・・投資信託の買付金額に対して1%のポイント還元
・年率0.4%(税込)未満のファンド・・投資信託の買付金額に対して0.2%のポイント還元

信託報酬とは

信託報酬とは、投資信託を管理・運用してもらうための経費として、投資信託を保有している間に投資家が支払い続ける費用のことです。

つまり、楽天証券に入る手数料が大きいファンドは従来通り1%のポイント還元を受けることができますが、手数料が低いファンド積立投資を行う場合、還元率が大きく下がることになります

人気のeMAXISなどのインデックスファンドやつみたてNISAの対象ファンドは、いずれも信託報酬が低く、クレジットカード決済積立で得られるポイントは0.2%となります。

楽天証券で、クレジットカード決済積立を行なっている方にとって、インパクトの大きな変更といえます。

\キャンペーン実施中/

楽天証券

【楽天証券】クレジットカード決済積立のポイント還元率を確認する方法

ここからは、積立投資を行なっている銘柄のポイント還元率を確認する方法について紹介します。

ファンド検索でポイント還元率を確認する方法

新たに積立を行うファンドのポイント還元率を確認する方法について紹介します。

ファンドのポイント還元率を確認する方法
  • 還元率を調べたいファンドを検索
  • ファンド情報を開きポイント還元率を確認

ファンド詳細ページでポイント還元率を確認することができます。

楽天証券公式サイトより

すでに積立しているファンドの還元率を確認する方法

すでに積立を行なっているファンドの還元率を確認する方法について紹介します。

すでに積立しているファンドの還元率を確認する方法
  • マイページにログインして投資信託の『積立設定』を開く
  • 積立を行なっているファンドの詳細からポイント還元率を確認

積立設定一覧から、積立設定しているファンドのポイント還元率を確認できます。

楽天証券公式サイトより

ポイント還元率から投資商品を絞る方法

ポイント還元率から投資商品を絞る方法を紹介します。

ポイント還元率から投資商品を絞る方法
  • 投資信託スーパーサーチ』を開く
  • 検索条件のなかのポイント還元率を選択

投資信託の検索ページで、検索条件にポイント還元率を追加

することで、ポイント還元率1%または0.2%のファンドを絞ることができます。

楽天証券公式サイトより

【楽天証券】クレジットカード決済のポイント還元率が高いファンドとは

今回の改定で、運用期間中にかかる費用が低いファンドのポイント還元率が下がります

そのため、ポイント還元率の良いファンドに積立を行いたい場合は、信託報酬の高いファンドを選ぶ必要があります。

投資信託の商品を選ぶ際、費用は重要なポイントです。

信託報酬は、投資信託を管理・運営するためにかかる費用です。

信託報酬が高いファンドは敬遠されがちですが、ファンドの組み入れ銘柄の調査費用や見直し費用がかかっている分、パフォーマンスが良いファンドもあります。

費用が高くてもパフォーマンスが良く、納得できるファンドであれば、積立の投資対象としておすすめです。

クレカ決済 1%ポイント還元ファンド

クレジットカード決済のポイント還元率1%のファンドを紹介します。

クレジットカード決済積立のポイント還元率は、楽天証券公式サイトで確認できます。

ポイント還元率1%の人気ファンドは以下の通りです。

✔︎クレジットカード決済のポイント還元率1%ファンド一覧(楽天証券公式サイト)

クレカ決済 0.2%ポイント還元ファンド

クレジットカード決済のポイント還元率0.2%のファンドを紹介します。

ポイント還元率0.2%の人気ファンドは以下の通りです。

人気のインデックスファンドなどは、全てポイント還元率0.2%となっています。

インデックスファンドは、シンプルな商品設計で、運用期間中の費用を抑えて投資をしたい方におすすめです。

✔︎クレジットカード決済のポイント還元率0.2%ファンド一覧(楽天証券公式サイト)

【ネット証券】クレカ積立 ポイント還元率比較

今回の楽天証券の改悪を受けて、クレカ積立を他社で利用したいという方向けに、ネット証券各社のクレカ積立のポイント還元率をまとめました。

対象カード三井住友カード(NL)など楽天カードマネックスカード
ポイントVポイント楽天ポイントエポスポイント
ポイント還元率0.5〜2%0.2%、1%1.1%

クレカ積立を楽天証券以外で利用したい方にはSBI証券×三井住友カード(NL)がおすすめです。

SBI証券は取り扱い商品数が多く、投資信託は全商品購入手数料が無料です。

SBI証券のクレカ積立のポイント還元率は、カードの種類によって異なり、0.5%〜2%となっています。

貯まったポイントは、カードの支払いに充当したり、Vポイントとして店舗で利用することもできます。

ポイントの使い道が幅広く、貯まったポイントを効率よく使える点が魅力です。

SBI証券のクレカ積立は、三井住友カードが対象カードのため、カードを新規発行しなくともすでに保有されている方も多いと思います。

クレカ積立の対象カードである三井住友カード(NL)を新規発行する場合、キャンペーンで最大8,000円相当のポイント還元を受けることができます。

\キャンペーン実施中/

三井住友カード(NL)

楽天証券のクレジットカード決済積立の変更点/まとめ

今回の改悪は、銘柄によってポイント還元率が大きく下がることになり、インパクトの大きい改定といえます。

とはいえ、クレジットカード決済積立は、投資信託の積立をクレジットカード経由にするだけで、ポイント還元を受けることができるお得なサービスです。

楽天証券のクレジットカード決済積立の対象カードの楽天カードを新規発行すると、今なら最大8,000円相当のポイントを獲得することができます。

クレジットカードを新規発行して、クレジットカード決済積立を始めるチャンスです。

楽天証券で投資信託の積立を行なっている方は、ぜひクレジットカード積立を利用するようにしましょう。

\キャンペーン実施中/

楽天カード
タイトルとURLをコピーしました