仮想通貨イーサリアムcoincheakbitFlyerNFTOpenSea

スマホでOpenSeaとMetaMaskを始める方法を解説。2つを接続するやり方【初心者】

仮想通貨
スポンサーリンク

この記事では、NFTアートの取引を簡単にできるサイト「OpenSea(オープンシー)」をスマホで使用できるように設定する手順を解説します。

具体的には、既に作成されたMetaMaskのウォレットとOpenSeaのアカウントをスマホ上で接続することで、スマホのOpenSeaアプリでログインする手順を解説します。

この記事でわかること
  • スマホでMetaMaskとOpenSeaを接続する方法
     └全6ステップを画像付きで解説
  • (別記事)MetaMaskでウォレットを作成する方法
  • (別記事)OpenSeaでアカウントを作成する方法

MetaMaskにイーサリアムを入金するには「Coincheck」がおすすめ
  • 取り扱い通貨数 No.1
  • ビットコインアプリ No.1
  • 取引所の取引手数料無料
  • 500円でイーサリアムが買える
  • 自動つみたて購入可能
コインチェック
スポンサーリンク

スマホでOpenSeaを始める手順(全6ステップ)

  • (ステップ1)スマホでアプリをインストールする
  • (ステップ2)OpenSeaプロフィールからMetaMaskに移動する
  • (ステップ3)MetaMaskにログインする
  • (ステップ4)MetaMask内のブラウザでOpenSeaを開く
  • (ステップ5)MetaMaskとOpenSeaを接続する
  • (ステップ6)OpenSeaに戻り接続できたか確認する

以上が、スマホでOpenSeaを開始するための作業になります。

全ステップを実際にスマホで操作した際の画像を載せながら、解説していきます。

注意点としては、上記の手順の場合は「OpenSeaアカウント」「MetaMaskウォレット」を事前にPCで作成しておくことが必要です。各アカウント/ウォレットはPCで操作し作成する方が簡単なので、事前にPCで作成することをオススメします。

またOpenSeaでNFTを購入する場合は、イーサリアムが必要となります。イーサリアムはコインチェックやビットフライヤーで購入し、「MetaMaskの自分のウォレット」へ入金が必要です。入金手順に関しては別記事で解説していますので、そちらをご確認ください。

\ MetaMaskにイーサリアムを入金するならコインチェック/

※ PCでMetaMaskのウォレットを作成する

MetaMaskで仮想通貨ウォレットを作成していない方は、以下の記事を参考に事前に作成しておきましょう。数分〜10分あれば作業は完了します。こちらも全て画像付きで解説しています。

ウォレット作成途中に「リカバリーフレーズ(Secret Recovery Phrase)というものが出てきますので、必ずメモを取るようにしましょう。スマホでログインする際に必要となります。

※ PCでOpenSeaのアカウントを作成する

OpenSeaのアカウントを持っていない方は、以下の記事を参考に事前に作成しておきましょう。数分〜10分あれば作業は完了します。こちらも全て画像付きで解説しています。

※またOpenSeaでNFTを購入する場合は、イーサリアムが必要となります。イーサリアムはコインチェックやビットフライヤーで購入し、「MetaMaskの自分のウォレット」へ入金が必要です。

\ MetaMaskにイーサリアムを入金するならコインチェック/

(ステップ1)スマホでアプリをインストールする

では既に「OpenSeaアカウント」「MetaMaskウォレット」をPCで作成している前提で、具体的なスマホ上での作業を解説していきます。

まずは自分のスマホで「OpenSea」「MetaMask」をインストールしましょう。

特に問題なくインストールできると思いますので、次のステップに進みます。

(ステップ2)OpenSeaプロフィールからMetaMaskに移動する

2つをインストールできたら、OpenSeaのアプリを開きましょう。

下画像の一番右の画面まで進みます。

続いて「Profile」を選択し、「Connect with Wallet」で「MetaMask」を選択します。

MetaMask選択後、開始をタップし進みます。

(ステップ3)MetaMaskにログインする

「ウォレットのセットアップ」という画面まで進んだら、「シークレット リカバリー フレーズを使用してインポートする」を選択します。

一番右の画面まで進んだら、PCでウォレットを作成した際にメモした「自分のシークレット リカバリー フレーズ」をここに入力しましょう。各単語の間は 半角スペース で入力します。

パスワードも自分で設定したパスワードを入力し、「インポート」をタップします。

(ステップ4)MetaMask内のブラウザでOpenSeaを開く

リカバリフレーズとパスワードに問題なければ、ログインされマイウォレット画面(一番左の画面)が表示されます。

マイウォレット画面から、「三」の中の「ブラウザ」に進み、URL入力画面に進みましょう。

(ステップ5)MetaMaskとOpenSeaを接続する

URL入力部分に「OpenSea」と入力し検索すると、「このサイトに接続しますか?」と表示されるので、「接続」を選択しましょう。

接続しましたと表示されたら、右上からOpenSeaアプリに戻ります。

(ステップ6)OpenSeaに戻り接続できたか確認する

OpenSeaアプリで再度プロフィールに進みます。ログインが問題なくできていたら、自分のページが表示されます。

※マイページが表示されるまで、数秒〜数十秒時間がかかる場合があるみたいです。

以上で、スマホ上でOpenSeaにログインが完了しMetaMaskとの接続も完了となります。

※またOpenSeaでNFTを購入する場合は、イーサリアムが必要となります。イーサリアムはコインチェックやビットフライヤーで購入し、「MetaMaskの自分のウォレット」へ入金が必要です。

\ MetaMaskにイーサリアムを入金するならコインチェック/

まとめ

この記事では、OpenSeaとMetaMaskをスマホ上で接続し、OpenSeaにスマホからログインする手順を解説しました。

事前に、MetaMaskのウォレットとOpenSeaのアカウントをPCで作成していると簡単に設定ができ、数分あれば全ての作業を完了させることができます。

OpenSeaでNFTを売買するためには、「イーサリアム」が必要となります。イーサリアムを購入しMetaMaskのマイウォレットに入金しOpenSeaで決済するという流れになります。

イーサリアムは様々な取引所で購入可能ですが、「コインチェック」や「ビットフライヤー」が初心者の方には使用しやすくおすすめです。

MetaMaskへイーサリアムを送金するには「Coincheck」がおすすめ
  • 取り扱い通貨数 No.1
  • ビットコインアプリ No.1
  • 取引所の取引手数料無料
  • 500円でイーサリアムが買える
  • 自動つみたて購入可能
コインチェック
スポンサーリンク
投資オムタンケ
タイトルとURLをコピーしました