仮想通貨ビットコインイーサリアムcoincheakbitFlyer

仮想通貨/ビットコインの今後の予想を著名人の予想から分析

スポンサーリンク

これからビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)の購入を考えている方、悩んでいる方向けです。

仮想通貨は価格変動が大きく否定的な意見もありますが、長期的に見ると成長を続ける可能性が高いと考えられてます。今回は仮想通貨(ビットコイン)の状況を整理して、今後の予想を解説していきます。

※2022年3月11日 記事内容更新

ここ数年、仮想通貨(暗号資産)が話題になることが増えています。

しかし、いざビットコインやイーサリアムといった仮想通貨を購入しようと思っても、「本当に将来性があるの?」「今後成長していくか不安」「仮想通貨の今後の予想は?」などの声も少なくありません。

そこで今回は、これから仮想通貨(ビットコイン)を始める方向けに、仮想通貨の今後の予想について、著名人の予想を分析しながら解説していきます。

結論から言うと、ビットコインなどの仮想通貨の価格は短期的に見ると変動が大きく損をする可能性もありますが、長期的に見ると今後も成長を続ける可能性が高いと予想する方が多いです。

著名人の予想などをまとめると、今後10年で最低9倍になる可能性があります。

それらの根拠をこの記事内で解説します。この記事を読み終わる頃には、仮想通貨の今後の予想について理解できます。

3~5分程度あれば読めると思いますので、最後まで是非ご覧ください。

これから仮想通貨(ビットコイン)を購入する方は、Coincheckを利用するのがおすすめです。

理由は「手数料が安い」「少額から購入できる」「使いやすいアプリ」「NFTアートなど様々なサービスが豊富」などで、挙げるとキリがありません。詳細は、Coincheckの公式サイトからチェックしてみましょう。これを機に、是非ビットコインを少額購入してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

【始めに結論】仮想通貨(ビットコイン)の今後の予想

まず結論ですが、仮想通貨(ビットコイン)は今後も成長を続ける可能性が高いと予想されることが多いです。

もちろん意見は様々ありますので皆が肯定的な意見ではありませんが、実際に過去のチャートを見ても、年単位で見ると仮想通貨は成長を続けています。

画像:著者撮影 Trading Viewより

仮想通貨(ビットコイン)全体の今後の予想

これまでは投機目的で(ある意味ブーム的に)価格が上昇する場面が多かったですが、今後は「資産」「決済手段」として見直されていき、着実に需要を伸ばしていく可能性が高いと予想されています。

つまり需要が伸びると言うことは仮想通貨の価格も上昇すると言うことになります。

今後需要を伸ばしていく可能性が高いと予想される理由は以下です。詳しく見ていきます。

  • 仮想通貨は資産として見直されていく
  • 発展途上国での需要拡大
  • 決済手段としての需要拡大
  • ビットコインの役割と将来性

資産を分散させるために利用され始めている

近年、仮想通貨(ビットコイン)が資産として見直され始めています。

今後ももっと見直されていくと予想されています。理由は、ビットコインなどの仮想通貨は国が管理しているわけでは無いからです。例えば、円やドルは日本や米国が管理しています。しかしビットコインを管理している国はありません。

つまり、世界のどこかの国が情勢的に不安定になった場合でも、仮想通貨は国が管理しているわけではないので直接影響を受けることはありません。よって資産の分散先として仮想通貨が利用され始めています。

実際に米中貿易摩擦が激化した際には、法定通貨の価値が弱体化し、ビットコインへの逃避資金が流入しました。特に法定通貨の価値が不安定な発展途上国などでは、仮想通貨の方が「安全な資産」として考えられる場合もあり、仮想通貨を法的通貨としての利用も検討されています。

さらにこの記事を書いている2022年3月11日現在は、ロシアがウクライナに侵攻し世界的に経済状況が不安定になっています。

実際に世界で最も安定していると言われている米国株式ですら下落が続く毎日ですが、そんな状況の中で米国株式よりもビットコインは高いパフォーマンスを見せています。(下の画像は2022年2月以降のチャート)

このようにビットコインは「資産」として認められ始めており、分散投資する際の運用先として利用され始めています。

発展途上国での需要がある

仮想通貨(ビットコインなど)は、発展途上国での利用検討が活発になっています。

発展途上国には、銀行口座を持っていない・銀行口座を作れない人々や難民が多く、そんな方でも仮想通貨であれば、銀行口座なしで給料をもらい、決済を行えるということで、ビットコインなどの仮想通貨の利用が注目されています。

実際に米国企業が仮想通貨の取引所のデータを分析したところ、2018年以降、発展途上国での仮想通貨の取引量は増加傾向にあることが分かりました。

更に2021年には、エルサルバドルでは法定通貨にビットコインが採用されました。

発展途上国であるエルサルバドルでビットコインが法定通貨として採用。「エルサルバドルのビットコイン法定通貨化、興味深い実験=BIS」(2021年6月11日7:49 午後)

引用元:ロイター

以上のように、自国の法定通貨や政治・社会情勢が不安定な発展途上国においては仮想通貨の需要が伸びていく可能性が高いと予想されています。

決算手段としての普及がますます増えると予想されている

仮想通貨を決算手段として利用するサービスも普及し始めており、需要拡大が予想されてます。

例えば、米国ではビットコインATMというサービスも街角に増えており、更に有名な決済サービス企業であるビザ・マスターカード・スクエア・ペイパルが続々と、ビットコインの決済サービスの導入/開発を進めています。

また他にも、世界中に20億以上のユーザーを抱えているメタ・プラットフォーム(旧Facebook)は「銀行口座を持たない世界17億人の人々に金融サービスを提供する」というビジョンを語っており、ユーザーたちに仮想通貨の普及を計画しており、普及すれば仮想通貨市場はさらに盛り上がりを見せると考えられます。

このように、身近な存在になりつつあるビットコインは、決済手段としての需要が増加することで、さらなる価格上昇が予想されています。

ビットコインに関する出来事と特徴

仮想通貨の代表通貨であるビットコイン(BTC)について、今後の予想と特徴について解説します。

  • 知名度が高く、価格が安定している
  • 送金手数料が安い
  • 大企業と提携している
  • 上場投資信託(ETF)の承認
  • 数百円から少額投資できる

知名度が高く、価格が安定している

仮想通貨は価格変動が激しいですが、その中でもビットコインは最も知名度が高く、比較的価格が安定しているのが特徴です。

ビットコインとリップルを比較したグラフを見ると、リップルは激しく上下動しているのに対し、ビットコインは比較的落ち着いた動きとなっており、最終的にも上昇率が高いことが分かります。

ビットコインは時価総額も高く、流動性も大きいため、安定した取引も期待できます。

送金手数料が安い

ビットコインの売買取引は、非中央集権型(P2P)という方式で行われます。P2Pだと第三者機関を仲介せずに売買が可能なため、手数料を安くおさえることが出来ます。

P2P(ピアツーピア)とは

ネットワーク上で危機感が接続・通信する方法のひとつである。機能に違いのない端末同士がじかに接続し互いの持つデータや機能を利用しあう方式のこと。

このためビットコインは24時間365日いつでも世界中に送金することも可能です。

大企業と提携している

ビットコインは各国の代表的な企業との連携も進んでおり、今後も企業での採用が増えるち予想されています。

企業での採用が増えると、需要が増え価格もさらに上昇する可能性が高くなります。

連携している企業の例を以下に挙げると、

米国企業
  • ビザ/マスターカード
  • スクエア/ペイパル
  • スターバックス/コカコーラ
  • ケンタッキー/ピザ・ハット
  • テスラ →中止
日本企業
  • 楽天
  • LINE
  • スターバックス
  • リクルート
  • IMB

特に米国企業では、採用が進んでいます。今後も多くの大企業がビットコイン取引市場に参入してくることが予想され需要が拡大していくと予想されています。

上場投資信託(ETF)の承認

ビットコイン先物ETF(ティッカーシンボル:BITO)が米国で承認されました。

ETFとは「上場投資信託」のことで、証券取引所に上場している投資信託になります。つまりビットコインを株式と同様に取引することができる商品です。今回承認されたビットコイン先物ETFは、米資産運用会社プロシェアーズ(ProShares)から販売され、2021年10月19日から取引を開始となりました。

仮想通貨ETF(ビットコイン先物ETFが承認されたことが、「仮想通貨が金融商品と認められた」と理解され、信頼性が高まり、ビットコインの価格はさらに上昇しています。

他にも、仮想通貨をETFとして取扱できる商品がいくつもあり話題も絶えません。

  • カナダ:2021年2月から取引開始
    カナダの投資運用会社・パーパス・インベストメンツが運用するパーパス・ビットコインETF(ティッカーシンボル:BTCC)と呼ばれるビットコインETFが上場しました。
  • ブラジル:2021年4月から取引開始
    ブラジルのベンチャーキャピタルが申請した「QR CME CF Bitcoin Reference Rate Fundo de Índice – Investimento no Exterior」(ティッカーシンボル:QBTC11)が、2021年4月から南米初のビットコインETFとして上場しました。
  • ドバイ:2021年6月から取引開始
    カナダの資産運用会社・3iQが運用するThe Bitcoin Fund(ティッカーシンボル:QBTC)がナスダック・ドバイ取引所に上場されました。中東初のビットコインETFとして知られる。

ETF(上場投資信託)として仮想通貨に投資できる機会が増えれば、需要が増えるということになるので、ビットコインやイーサリアムの価格は更に上昇することが予想されます。

数百円から少額投資できる

仮想通貨の中でもビットコインは、最低100円から投資を行うことが可能です。

「仮想通貨って大丈夫なの?」「どれぐらい価格が上下動するの?」という初心者の方は、まずは100円投資してみて勉強してみるのも良い方法かと思います。

最低売買金額は取引所によって変わりますが、bitFlyerの場合100円から、Coincheakの場合は500円から売買が可能なので、初心者の方にはおすすめの取引所となります。

仮想通貨/ビットコインの著名人の今後の予想

ビットコインや仮想通貨に対する、著名人の予想を「ネガティブな予想」と「ポジティブな予想」の両方を確認しましょう。

ネガティブな予想

ウォーレン・バフェット

投資の神様として知られるウォーレン・バフェット氏は、2020年2月にCNBCのインタビューの中で、「暗号通貨は基本的な価値がない」「私は仮想通貨を所有していないし、今後も決して保有することはない」と発言しており、否定的な見解を持っています。

引用元:Warren Buffett: ‘I don’t own any cryptocurrency and I never will’

ビル・ゲイツ

米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏も、CNBCの番組内で「ビットコインは非常に愚かな投資であり、もしするなら空売りする」と発言し、否定的な意見を持っています。

ポジティブな予想

スティーブ・ウォズニアニック(米Apple 共同創業者)

スティーブ・ウォズニアニック氏(米Appleの共同創業者)は、政府がいつでも増刷可能な通貨と比べ、上限発行枚数が決められているビットコインの方が価値が安定するとの予想しており、ビットコインは金や米ドルより優れていると発言しています。

引用元:Money20/20:The Woz Reminds The Bitcoin And Cryptocurrency Community What’s Important

ウィンクルボス兄弟

仮想通貨投資で莫大な利益を挙げて世界の仮想通貨長者ランキングにも上位にランクインしているウィンクルボス兄弟は、「この10年〜20年の間に、ビットコインの価格は30〜40倍まで上昇するだろう」と予想しています。

具体的には、「今後最低でも1BTCは、50万ドルに達する」と予想しています。

現在のビットコイン価格は6万ドル前後なので、最低でも約9倍にはなると予想していると言うことになります。

引用元:仮想通貨ビットコイン、1BTCが50万ドルになるのは「不可避だ」=ウィンクルボス兄弟が主張

マイケル・ノボグラッツ氏

ギャラクシー・デジタル(仮想通貨投資会社)の創業者マイケル・ノボグラッツ氏は、ビットコインが2021年中に10万ドルまで上昇すると予想しています。

理由として、米国決済サービス企業のビットコイン決済の採用/導入でビットコインによる支払いが急増することを挙げています。

ジェネシス・マイニングによるビットコイン価格予想

仮想通貨マイニング企業であるジェネシス・マイニングは、2020年11月にビットコインの価格予想調査を実施。

アメリカのビットコイン投資家1,000人を対象として実施されたアンケート調査の結果、その回答者の約30%がビットコイン価格は今後10年間で50万ドルを超えると予想していることが分かりました。

先ほど同様、現在のビットコイン価格は6万ドル前後なので、最低でも約9倍にはなると予想している方が世間に30%もいるということになります。

ビットコインの今後の価格を予想

ではこれら著名人の予想を踏まえて、今後の価格がどうなるのか予想してみます。

あくまで検討なので、投資は自己責任でお願いいたします。

下落する可能性

ビットコインの価格が短期的に下落する可能性は十分にあります。

では、ビットコインの価格はどのような場合に下落するのでしょうか。具体的には、以下のような時に下落する可能性が高いと言えます。

  • 国家による取引規制
  • 大量売却による影響
  • 企業人の発言による影響

国家による取引規制

法定通貨とは異なり、仮想通貨は国の管理を受けていません。これにはメリット・デメリットありますが、デメリットしては犯罪や闇組織のマネーロンダリングに悪用される可能性がある点です。

その対策として、国家が仮想通貨の取引規制を行う可能性があります。実際に直近ではインドや韓国・中国において、仮想通貨取引に対しては厳しい姿勢をみせています。

このように国家が取引規制を入れる際は、悪材料として見られビットコインや仮想通貨全体が売り圧力を受けることになります。

大量売却による影響

仮想通貨市場はまだまだこれからの成長段階なので、他の市場に比べまだ小さいです。つまり比較的まとまった売却が行われると、価格の下落圧力を受けることになります。

市場時価総額
世界株式市場約100兆ドル
金取引市場約10兆ドル
仮想通貨市場約2兆ドル

一度にまとまってビットコインが売られると価格の下落が起きます。一度売りが入ると更に売りが売りを呼び、下落幅が大きくなることがあります。

これが理由で仮想通貨市場は価格変動が大きくなってしまいますので、注意しましょう。

企業人の発言による影響

先ほど紹介したように、仮想通貨業界は否定的な意見もあります。特に著名人の発言は影響力も大きく、価格下落を招く場合もあります。例えば、2021年2月にテスラ社のイーロンマスク氏の発言によってビットコインの暴騰や暴落が起こりました。

テスラは一度テスラ社の電気自動車をビットコインの決済で購入可能にすると発言したものの、その後撤回しました。この影響でビットコインの価格は大きく上昇した後に、大きく下落しました。

ビットコインのこれまでの価格推移は?

ビットコインの今後の予想の前に、ここまでのビットコインの価格の推移を見てみましょう。

2015年〜現在までの価格を以下の表に整理します。

ビットコイン価格
2015年末$430.0
2016年末$963.4
2017年末$13,850.4
2018年末$3,709.4
2019年末$7,196.4
2020年末$28,949.4
2021年末$46211.2
引用元:Investing.com

2017年から2018年はブームが去ったこともあり大きく下落していますが、その後は順調に上昇していることが分かります。

また2015年末〜2021年末までの過去6年間の成長率を見ると、ビットコインの2015年末価格は430.0ドル。6年後の2021年末では46211.2ドルです。

つまりビットコインの価格は、過去6年間で約107.5倍になっています。

これは1年あたりに換算すれば、毎年2.18倍に価格が上昇する計算になります。過去6年間は、毎年2.18倍に価格が上昇したのと同じということです。

今後の仮想通貨/ビットコインの価格予想

これまでのビットコインの今後の価格予想や実績をまとめると、

  • 今後10年でビットコインは最低でも50万ドル/1BTC(現在の9倍程度)に上昇
    └著名人の予想・米国の仮想通貨投資家アンケート結果より
     
  • 過去5年間は平均2.3倍の上昇を続けてきた
    └過去のチャート実績より

つまり今後もこの傾向が続けば、2.18倍×2.18倍×2.18倍=10.36倍となるため、著名人の肯定的な予想である「10年で最低9倍」も、現実味を帯びてきます

この先少し成長がなだらかになったとしても、10年あれば9倍に成長する可能性は十分ありそうです。

まだ世間に普及していない仮想通貨に今から投資を行うことは今後の成長の恩恵を受けやすくなるため、是非いまから投資を始めてみてはいかがでしょうか。

これからビットコインを購入する方へ

以上が仮想通貨(ビットコイン)の今後の予想です。

以下は、これからビットコインを少額だけ購入してみようという方のために、解説していきます。

仮想通貨へ投資を行う際は、「少額・長期・つみたて」がおすすめです。

特に「長期投資を行うこと」は、非常に重要です。

仮想通貨は短期的に激しく上下動しますが、長期的に見ると着実に成長しているためです。

なのでこれから口座開設される方は、少額投資が可能・つみたて設定が可能な企業を選ぶことをオススメします。

ビットコインを今後買う時のおすすめ取引所「2選」

これからビットコインを購入する人のために、初心者おすすめの取引口座を紹介します。

おすすめの基準は、以下を基準に選んでいます。

  • 手数料が安く
  • 少額から始められるか?
  • セキュリティ面は大丈夫か?

また以下の記事にも、おすすめ口座「2選」をまとめていますので気になる方はご覧ください。

>>「1年以上2つの仮想通貨を買い続ける私がおすすめする取引所2社

Coincheck(コインチェック)

Coincheckは17種類もの仮想通貨に対応しており、国内だとCoincheckでしか購入できない仮想通貨もいくつかあります。またビットコインアプリの中ではダウンロード数No.1の大手企業です。

手数料は取引手数料は無料、口座へ資金を入金する際も銀行からの入金であれば無料と、手数料も抑えることができる取引所になります。

また初心者の方に優しい少額からの投資が可能で、通常の購入の場合500円から購入可能。自動積み立て購入の場合は、最低323円から購入可能です。

セキュリティ面でも、東証一部上場のマネックスグループ傘下に入り、複数の企業と連携して安全性の確保に取り組んでおり、取引所の中でも最も安心感があり、Coincheckは初心者の方でも安心して利用できる取引所になっています。

ビットコインやイーサリアム購入する人が
Coincheck(コインチェック)を選ぶ理由

  • アプリ ダウンロード数 No.1
    国内3年連続
  • 累計ダウンロード数 470万 を突破
  • スマホアプリが使いやすく初心者に人気
  • 国内最大級の取り扱い通貨数
  • 東証一部上場企業マネックスグループが運営
  • 安全性が高い
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料
  • 500円からビットコインやイーサリアムが購入可能
  • 金融庁から仮想通貨交換業者として正式に登録済み

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerは13種類もの仮想通貨に対応しており、ビットコインに関しては国内での取引量が5年連続No.1と実績も豊富な大手企業です。

また住信SBIネット銀行や三井住友銀行との相性が良く、入金手数料が無料です。既にSBI証券で株式投資を行なっている方にオススメです。

bitFlyerの最も大きな特徴は、少額投資です。通常であれば100円から購入可能です。さらにつみたて購入の場合は、毎日1円から購入することが可能です。

勉強のために1円から仮想通貨への投資を開始したいと思った方は、迷わずbitFlyerをおすすめいたします。

セキュリティ面でも、三井住友海上との保険提携しており、ハッキングなどの不正ログインで受けた損害を補償するサービスを提供しており、安心感が高くなっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴

  • 国内最大級の仮想通貨取引所
  • ビットコイン取引量 5年連続No.1
  • 住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料
  • 「取引手数料」「入金手数料」などの手数料が無料
  • 100円 から仮想通貨を購入できる
  • 「暗号通貨交換業者」として正式に登録済み


\ ビットコイン 国内取引量 6年連続NO.1 /


Coincheck vs bitFlyer 簡単比較表

名称bitFlyerCoincheck
取引可能
通貨数
13種類17種類
入金手数料0~330円0~1018円
出金手数料220~770円407円
取引手数料販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
無料
最低購入
金額(円)
100円〜500円〜
レバレッジ
取引
2倍まで可能
スマホアプリ
の特徴
投資初心者でも
簡単に利用可能
投資初心者でも
簡単に利用可能
セキュリティ
について
三井住友海上と
の保険提携。不
正ログインでの
損害を補償する
サービスを提供
世界中のセキュ
リティ企業と連
携。信頼性・安
全性を常にモニ
タリング
その他入金は住信SBI
ネット銀行から
は無料。
つみたて投資可能
つみたて購入可能

まとめ

この記事では、仮想通貨(ビットコイン)の今後の予想について、著名人の予想も確認しながら解説しました。

仮想通貨(ビットコイン)は、株式や債権など他の金融商品に比べで価格変動が大きいため避けられていますが、長期的に見ると着実に成長してきています。

実際にビットコインの価格は、過去6年間で平均2.18倍で価格が上昇してきました。

この記事のまとめ
  • 結論:仮想通貨(ビットコイン)は、過去6年間平均2.18倍で成長
  • 今後10年で最低9倍になるといった著名人や投資家の予想がある
     
  • 少額を長期で投資することがオススメ
  • 仮想通貨の売買におすすめの取引所を2つ紹介
    ・Coincheck(コインチェック)
    ・bitFlyer(ビットフライヤー)
    ※判断基準:手数料の安さ、少額投資、セキュリティ面

これから仮想通貨を始める方は、失敗しないように以下の記事でリスク面も確認しておきましょう。

>>「仮想通貨(ビットコイン)で初心者が失敗する2つの理由と対策を解説

タイトルとURLをコピーしました